昔からワイドショーやゴシップ雑誌がさかんに取り上げている話題の一つに、不倫問題があります。
不倫ってゲスい話の王道で、誰もが当事者にはなりたくないと思っているものなんですが、どうしてメディアが不倫の話をしつこく報じるかといえば、それだけ反響が大きいからでしょう。
他人の噂で盛り上がるのって、正直みんな好きじゃないですか(笑)。

 

人前では「もう不倫とか浮気ばっかりで、テレビも雑誌も下らない」なんて言っていても、内心ではそういう話題に食いつきたい人って、決して少なくありませんよね。

 

ただし、不倫なんてのはやらないのが賢いわけであって、伴侶がいるのに別の相手になびいちゃうなんてのは、はっきり言ってしまうとおバカです。
第一、自分が不倫をしてしまったら、相手はどう思うんだろうかということまで考えが及んでいない時点で、だいぶイタいと断じてもいいでしょう。

 

当事者は何にも考えてない!これがW不倫の現実……

 

さて、世間ではただの不倫ではなく、自分にも相手にも家庭があるにも関わらずやらかしてしまう不倫もありますよね。
いわゆるW不倫と呼ばれる状態です。

 

最近でも某最大野党の女性議員が、幹事長内定からたった1日でW不倫疑惑の当事者となり、その席を追われるという顛末が報道されました。
お相手はこの野党の顧問弁護士とも呼べる重要人物で、お互いに家庭がありながら何度も何度も逢瀬を重ねていたわけです。

 

W不倫は決してドラマの中だけの話ではなく、このように現実に起きていることなのです。
不倫がパートナーへの裏切りなら、W不倫は当事者2人がそれぞれのパートナーを裏切る最悪の行為です。

 

そりゃあ夫婦関係は常に順風満帆ではありません。
時には相手にイライラして、別の異性に目移りすることもあるでしょう。筆者はそれ自体は普通のことと思っています。
しかし、目移りしたのであれば火遊びをする前に、自分の立場をよく考えるべきです。

 

関連キーワード
不倫】の最新記事
  • 【不倫が辛くなったら】あなたに贈る、癒やしのメッセージ
  • 不倫はやめた方がいいってわかってる……でも別れられない。どうしたらいい?
  • 踏み込んだら抜け出せない【ドロ沼不倫】
  • 既に相手がいるのに・・・こんなにお互いを求め合うのはなぜ?
  • 彼は既婚者…だけど、気持ちを抑えられない!思い切ってみてもいい?
  • 【知らぬ間不倫⇒泥沼不倫】誰に相談すればいいの…?
  • あなたが、不倫の恋で気をつけてほしいこと
  • 最終的に…彼は私を選んでくれる?

カナウ公式ツイッター