人は変わります。変わらないでおこうとしても、時とともに、少しずつ変わっていくものですし、自分の意思で変わることもできます。

 

カナノさん(仮名)が、暗くて地味だと思われていた外見を磨き上げた結果、周囲の反応は面白いほど変わったと言います。

 

今回はカナノさんが、自分を変え、昔バカにしていた人たちを出し抜いた話をご紹介します。

 

 

暗くて地味。ついたあだなは「子豚」

 

子どもは天使、なんて言いますが嘘ですよね。子どもほど残酷な存在はいない、と幼いころにいじめられた人なら誰でも知っています。
 
私がいじめられたのは小学生の頃。背が低くて、ぽっちゃりしていた私は、子豚ちゃん、なんて呼ばれてからかわれていました。
 
当時のリーダー格の女子だった、冴子(仮名)は、私を子分のように扱っていました。
 
「中学に入ったら、変わるんだ」という一心で中学受験をし、制服がかわいいと評判の私立中学に入学することができました。
 

先輩は私の魔術師。服、メイク、すべて教えてくれた

 

そこは中高一貫の女子校で、私は読書が好きだったので、文学部に入りました。
 
文学部は私とおなじような地味女子が多いと思っていたので、部室に入ったときはほんとうにびっくりしました。
 
先輩たちはおしゃれで、とびきりセンスのいい人たちばかりだったんです。
 
先輩は私を可愛がってくれて、ファッションやメイクを教えてくれました。
 
ダイエット方法も教えてくれて、おしゃれがどんどん楽しくなっていったんです。
 
先輩たちは、文学の知識も豊富で、書くものも素敵でした。
 
これまで、「派手な子は頭があまりよくない」なんてちょっと偏見を持っていたことを恥じました。
 
だって先輩たちは、華やかで、おしゃれもメイクもとびきり上級者なのに、どう考えても私なんかは足元に及ばないほど知的だったんです。
 
私は先輩たちに、文学の面でも、ファッションやおしゃれの面でも、追いつこう、と努力をしました。
 

同窓会のお知らせ。私をいじめたあの子たちに、会いに行く

 

中学3年間はとても楽しく過ごしていた。女子校だったので恋愛沙汰はまったくありませんでしたが、充実した3年間でした。
 
学業に部活にと忙しかったため、黒歴史だった小学校時代のことは全く思い出しませんでした。
 
思い出したのは、高校1年になったある日、同窓会の連絡がきたからです。
 
昔の私だったら、同窓会に行こうなんて思わなかったと思います。
 
でも私は思ったんです。「私はこの三年間で変わった。私をいじめていたあの子たちは、今、どんな人になっているんだろう」と。純粋な興味が湧きました。
 
もちろん、またいじめられるんじゃないか、という恐怖は少しありました。
 
つらい思いをするだけなんじゃないか、とも思ったんです。
 
でも、それ以上に、変わった私を見せつけたい、という思いが勝りました。
 
このエピソードは、後編へ続きます!
後編は7月11日(日)21:30に公開予定!お楽しみに!
 
(今来 今/ライター)
 
■昔は冴えなかった私、久しぶりに会ったら綺麗になっていたらしくアプローチされた話「後編」
■ゆるふわ系女子の闇・前編〜癒しキャラの裏の顔を暴いた結果
■「不倫×因縁」過去と決別する復讐劇|夫の不倫相手は昔のいじめっ子でした【前編】

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

魅力】の最新記事
  • オンラインパパ活が急増?コロナ渦のパパ活女子の生態に迫る!
  • その服装大丈夫ですか?逆におば見えしてしまうかもしれない夏のファッション
  • 昔は冴えなかった私、久しぶりに会ったら綺麗になっていたらしくアプローチされた話「後編」
  • 汗をかいても問題なし。男性が女性の汗にドキッとする瞬間3選
  • 昔は冴えなかった私、久しぶりに会ったら綺麗になっていたらしくアプローチされた話「前編」
  • 心理テスト|異性からみたあなた溢れ出す『素敵な魅力』診断
  • 生涯の伴侶に……男性の「最後の女性」に選ばれるために大切にすべきこと4選!
  • まだギリ間に合う!露出の増える夏に向けたボディメイク