2016年に放映されたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』では、主人公のみくりは、平匡さんとは籍を入れていない、いわゆる事実婚でした。

 

「籍を入れない結婚」ってアリなのでしょうか?

 

今回は事実婚の実際について簡単に解説していきます。

 

事実婚とは?

 

事実婚とは、ひとつ屋根の下に住んで、お互いに夫婦であるという認識はありながらも、籍はいれていない結婚の形のことです。

 

「じゃあ、同棲も事実婚ってこと?」と勘違いされがちですが、それは違います。

事実婚で大切なのは、「お互いが夫婦であると認識している」こと。

一緒に住んでいても、「同棲しているか」「結婚しているか」という認識の差によって、同棲か事実婚かは違ってくるのです。

 

事実婚を選ぶワケって?

 

フランスでは、事実婚が当たり前に行われている、というのは知っている人も多いでしょう。

 

日本でも、あえて籍を入れず、事実婚を選択する人もいます。なぜなら、事実婚は入籍しないことによる利点があるからです。

 

事実婚であれば、入籍に伴う面倒な手続きをふむ必要がありません。特に女性の場合「姓を変える」ことにともなう手続きは膨大になりがちです。

 

また、面倒な親戚づきあいをする必要もありません。

入籍したら、年に数回の親戚づきあいが義務化することも多いでしょう。ですが、事実婚であれば、親戚に結婚していることを伝える必要もなく、したがって親戚との付き合いを免れるのです。

 

事実婚は、一緒に住み始めるだけで簡単に始められます。

書類の手続きは必要ありません。そのため、別れるときにも、籍が入っている場合と比べてもめることが少ないという利点もあります。

 

一度事実婚をしていて、別れた場合、戸籍にその事実は記載されませんので、結婚していたという事実を知られることもなく、戸籍も綺麗なままで保つことができます。

 

事実婚には欠点も

 

ただし、事実婚には、「周囲からの理解されにくさ」「税金が配偶者控除にならない」「子供が非嫡出子(法的な婚姻関係のない男女の元に生まれた子供のこと)になる」といった欠点もあります。

 

「相続権がない」といった欠点もありますが、この部分については遺言などでカバーすることは可能です。

ですが、まだまだ事実婚に関しては、世間的に受け入れられにくい風潮があることも確かです。

 

おわりに

 

事実婚は、入籍に伴う面倒を避けたいというカップルにとって、検討すべき選択肢のひとつです。ただし、事実婚には利点もありますが、欠点もありますので、利点と欠点をはかりにかけて、自分にとって適切な形を選ぶ必要があります。

 

フランスで事実婚が一般的に受け入れられるようになったのは、事実婚でも相続税の優遇が認められるなど、法的な整備が整えられていることが大きな後押しとなっています。

日本でも、事実婚が増えるにしたがって、法律の整備が進んでいくことは多いに考えられます。

 

今は入籍することがスタンダードな結婚の形ですが、今後、日本の法律の後押しが進めば、事実婚を選択するカップルが増えることもあり得るでしょう。

 

今来 今/ライター

 



 

カップル】の最新記事
  • いつまでもラブラブ。恋愛を長続きさせるための5つの心得
  • 男が彼女にしてほしい「愛情表現」4選
  • 事実婚ってアリ? 結婚の選択肢のひとつかも
  • シチュエーション別キスの意味合い
  • 長続きするカップルはここが違う! すぐ別れるカップルとの違いとは?
  • なんか違うかも…彼氏に「違和感」を覚えたときの対処法
  • 別れたくない! 彼から別れ話をされた時のベストな行動