マッチングアプリでの出会いは、今や男女が出会うためのツールとして当たり前の選択肢の一つとなりつつあります。とても便利なマッチングアプリですが、活用方法をしっかり確かめておかないと、危険な目にあったり、いつまでも結婚にたどり着けなかったりという事態に陥ってしまうかも。

 

今回は、マッチングアプリで彼氏をゲットするための3つの心得についてご紹介していきます。

 

 

1.自分に合ったアプリを選ぶべし

 

まず大切なことは、自分のニーズに合ったアプリを選ぶことが大切です。
 
以前ニュースになった、新潟県の買春していた知事が利用していたマッチングアプリは、援助交際したい女性や、女性を買いたいおじさんが多く登録しているアプリ。そのため彼氏を作りたい、真剣に交際をしたい人には向きません。「彼氏が欲しい」と考えてマッチングアプリを利用しているのに、間違ってそういったセックスだけが目的のアプリに登録してしまえば、素敵な彼氏ができることはないでしょう。
 
真面目な出会いを求めているなら、真面目な出会いや、婚活専用のマッチングアプリを選ぶことが一番です。
 

2.期限を決めて挑むべし

 

次に大切なことは、期限を決めて利用するこということです。
 
マッチングアプリの恐ろしいところは、依存性があるところ。次から次へと新しい男性と簡単に出会えるシステムになっているため、一人ひとりとの出会いを大切にできなくなってしまう可能性があります。重症になると、マッチングアプリでせっかく素敵な彼氏ができたにも関わらず「もっと他にいい人はいないだろうか」という思いから退会できず、ずっと欠乏感を抱き続けてしまうでしょう。
 
また素敵な男性が現れても、もっと良い人がいるかも?と、誰かを特定することができないケースも。ずっと「もっと良い人」「もっと素敵な人」を探しつづけ、結局彼氏ができないという悪循環に陥ってしまいます。
 
そうならないためにも、一か月限定など期間を区切って活動するのが望ましいでしょう。女性の場合、マッチングアプリに顔写真を載せることで、個人情報が流出してしまい、思わぬ事件に巻き込まれる可能性もあるので注意してください。マッチングアプリは長期で利用するものではないと心得ておきましょう。
 

3.危険があると心得るべし

 

マッチングアプリで、素敵な写真・素敵な肩書き・年収の男性と出会ったとします。ですが、自己申告している写真・職業・年収・身長・性格・婚姻歴などは、事実と異なる可能性も大です。酷いケースでは既婚者が独身と偽って登録しているケースや、年齢や職業を偽っているケースもあります。
 
そのため書いていることを全て鵜呑みにするのは危険です。コミュニケーションを取るなかで、しっかり見極めるのが大切だと心得ておきましょう。
 

さいごに

 

今回は、マッチングアプリを利用して恋活する場合の3つの心得についてご紹介してきました。
 
マッチングアプリを利用することで、これまで関わりのなかった人との出会いが可能になります。合コンなどではなかなか知り合えないタイプの、一生大切にしたいと思えるような、素敵な彼氏と出会えることもあるでしょう。
 
ですが、マッチングアプリには危険も多く潜んでいます。体目的やネットワークビジネスなどのビジネス目的、またはお金目的など、恋活・婚活以外の目的でマッチングアプリを利用している男性もいることを覚えておく必要があるでしょう。
上手に活用して、安全に、素敵な恋愛を手に入れてくださいね。
 
今来 今/ライター
 
■男性の注目を集めるポイント! マッチングアプリでのプロフィール作り
■運命の人占い|私の運命の人との出会いはこの1ヶ月で訪れる?
■5人に1人は使ってる!恋活アプリで賢く出会うには?

 

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

出会い】の最新記事
  • 出会いを求めて出かけたら、ネットワークビジネスに勧誘された話
  • 「教えて!自己防衛おじさん!全然いい出会いがありません……これって私のせい?」
  • 男性が身につけていたら警戒すべきアイテム4選
  • 他言無用!夏が終わる前に彼氏をゲットする禁断の方法
  • 沢山のマッチングアプリを掛け持ちするメリット・デメリット3つ
  • モンスター誕生?マッチングアプリでモテると勘違いした人の末路4選
  • 恋をする自信を取り戻そう!タロットが教える「好きな人ができる可能性」
  • 「年下」「外国人」は圏外?彼氏候補から外さない方が良い理由