はじめに

 

ライターの大久保 舞です。

1989年1月8日から、昭和から平成の元号になりました。

そして、2019年5月1日に皇太子さまが即位、新元号が適用されることとなりました。

平成最後の夏、どのようにすごしたいという方が多いのでしょうか。

今回は「平成最後の夏にやりたいことといえば?」と、筆者が男女にリサーチした結果を紹介します。

 

夏ならではのやりたいこと!

 

「彼氏と一緒に夏にしか出来ない海やプールは行きたいです! 花火も見たいです!」(20代・女性・アパレル)

 

「花火。最近していないので」(20代・女性・事務)

 

「仕事したいというのが本音ですが、花火やライブに行きたいです!」(40代・女性・自由業)

 

「浴衣着て花火したい」(20代・女性・自営業)
「おいしいかき氷を食べにいきたい」(20代・女性・製造業)

 

「もう10年以上行っていないので、今年こそは海で遊びたいです」(40代・男性・営業)

 

「友人とバーベキューがしたいですね」(20代・男性・大学生)

 

このように、夏ならではのやりたいことがある方は多かったです。

海や花火といえば、まさに夏!という感じがしますもんね。

 

「大学で合宿のようなものが今予定として上がっているので、夏での合宿をキッカケに他人と積極的に交流し、話せる友達を作る」(20代・男性・大学生)

 

こんな“青春”を感じさせる回答も。

合宿も、夏にやることが定番ですよね。

 

平成最後の夏だからこそ⋯⋯旅行で思い出作り

 

「沖縄旅行」(20代・女性・自営業)

 

「のんびりと旅行したい」(30代・女性・事務)

 

「記念に旅行でも行きたいですね。時の流れは本当に早い。子ども達に時間の大切さを教えたいです」(30代・女性・接客業)

 

「全員そろっての家族旅行。子どもが大きくなったので、全員そろって行くのは最後になりそうだから」(40代・男性・事務)

 

旅行、という回答は、既婚者でお子さんがいらっしゃる方にとくにみられました。

平成最後の夏だからこそ、ということもあると思いますが、お子さんのことを思って、というのは、親の立場の方ならではの回答ですね。

 

さまざまな回答を一挙紹介!

 

「将来的なことを考えて、資格試験対策の勉強を進めたいと思っています。ただ、それだけとも考えていなくて、日々暮らしていく中で、随時何かしらの楽しいイベントもあるだろうとは期待しています」(30代・男性・事務)

 

「夏ならではといったものでないかもしれないですが、平成最後の夏にやりたいことは『未知への挑戦』です。具体的には、アニメーション書道家としての活動を開始するといったことです」(20代・男性・大学生)

 

「全力で遊ぶ」(30代・男性・接客業)

 

当たり前のことではありますが、遊びたい方もいれば、何か具体的な目標に向かって行動をしたいという方もいらっしゃって、面白いなと思いました。

 

「子どもが生まれてからは二人きりで出かけることがほとんどなくなったので、十数年ぶりに夫婦二人きりでデートがしたい」(40代・男性・事務)

 

こんなステキな回答もありました。

ぜひ、デートを実現してもらいたいものですね。

 

まとめ

 

平成は30年4ヶ月ものあいだ続いたとのことで、ちょうど平成元年に生まれた筆者としては、感慨深いものがあります。

平成最後の夏を、人それぞれの形で、おもいっきり楽しみたいですね!!

 

(大久保 舞/ライター)

 

■恋する夏!西洋占星術&タロットで導く、ドキドキする恋への道
■仕事占い|今のあなたにとって、お金より大切なこととは?
■男性に聞いた!女性のきゅんとくる夏服って何?

 

関連キーワード
人生】の最新記事
  • 出張マジレスホロスコープ#6「仕事以外のことがうまくいきません」
  • パワースポットは「呼ばれる」もの。幸せになるにはタイミングがある
  • 「相手のための思って言わない」のって優しさじゃなくて、嫌われたくないだけじゃないの?
  • タロット|この先の人生でつかむチャンス
  • 12星座別|前世から見るあなたのカルマ
  • 恋も仕事も大忙し!30代女性が気を付けたいこと
  • 【12星座別】3月の総合運
  • スナックカワウソの最高な夜#4「ずっと独身で生きたエイコさんの話」