仕事も恋も全力で楽しみたい、と思っているけれど……。

仕事で嫌な思いをするときもあれば、彼と喧嘩してよく分からなくなる日も。

 

落ち込んだとき救ってくれるのは映画のヒロインたち。

キラキラと輝く彼女たちの姿を見ると、悲しさなんて一瞬で吹き飛んでしまう。

 

今回は、働き女子が憧れる人気映画のヒロインたちをご紹介します。

 

サウンド・オブ・ミュージックのマリア

 

洋画の中でも定番作品となっているのがサウンド・オブ・ミュージック。物語だけではなく、音楽にも切なさを感じる作品。

 

舞台は、1938年のオーストリア。修道女だったマリアは、院長の命により、トラップ大佐の家庭に「家庭教師」として派遣されます。

 

そこで待っていたのは、可愛らしい七人の子どもたち。トラップ大佐自身も厳格で温かみのある性格の持ち主でした。

 

子どもたちとマリアの相性は抜群でしたが、マリアとトラップ大佐の衝突だけが激しかったのです。しかしマリアは強い芯のある女性。時間をかけながら、トラップ大佐の家庭にとって大切な存在となります。

 

1938年のオーストリアは時代的にも不穏な空気が流れています。いつ当たり前の日常が崩れるか分からない中で、トラップ大佐が不在の間も子どもたちを守るマリアの姿は懸命で、涙なしには見られません。

 

マリアは何事にも真面目で、強い女性です。七人の子どもたちとも打ち解けられたのも分かるほど、芯のある女性。マリアの勇敢な姿を見ていたら、じっとしていられません。

 

関連キーワード
人生】の最新記事
  • 【12星座別】どこに幸せを感じる?幸せのつかみ方
  • 忙しい毎日にぐったり……心も身体も疲れたときに試したいストレス解消法
  • 【12星座別】2019年上半期前半(1月〜3月)の総合運
  • 【12星座別】2019年1月の総合運
  • 12星座別!2019年のテーマカラー
  • 最高の年にするために!新年にやっておきたい5つのこと
  • 【12星座別】2019年の開運行動
  • 12星座別 2019年のテーマは?