仕事も恋も全力で楽しみたい、と思っているけれど……。

仕事で嫌な思いをするときもあれば、彼と喧嘩してよく分からなくなる日も。

 

落ち込んだとき救ってくれるのは映画のヒロインたち。

キラキラと輝く彼女たちの姿を見ると、悲しさなんて一瞬で吹き飛んでしまう。

 

今回は、働き女子が憧れる人気映画のヒロインたちをご紹介します。

 

サウンド・オブ・ミュージックのマリア

 

洋画の中でも定番作品となっているのがサウンド・オブ・ミュージック。物語だけではなく、音楽にも切なさを感じる作品。

 

舞台は、1938年のオーストリア。修道女だったマリアは、院長の命により、トラップ大佐の家庭に「家庭教師」として派遣されます。

 

そこで待っていたのは、可愛らしい七人の子どもたち。トラップ大佐自身も厳格で温かみのある性格の持ち主でした。

 

子どもたちとマリアの相性は抜群でしたが、マリアとトラップ大佐の衝突だけが激しかったのです。しかしマリアは強い芯のある女性。時間をかけながら、トラップ大佐の家庭にとって大切な存在となります。

 

1938年のオーストリアは時代的にも不穏な空気が流れています。いつ当たり前の日常が崩れるか分からない中で、トラップ大佐が不在の間も子どもたちを守るマリアの姿は懸命で、涙なしには見られません。

 

マリアは何事にも真面目で、強い女性です。七人の子どもたちとも打ち解けられたのも分かるほど、芯のある女性。マリアの勇敢な姿を見ていたら、じっとしていられません。

 

マイ・インターンのジュールズ

 

ハリウッド人気女優・アン・ハサウェイが演じるジュールズは、バリバリのキャリアウーマン。時間効率を常に意識していて、オフィス内では自転車で移動するほどの働き女子。彼女はファッションサイト運営会社のCEO。仕事と家庭を両立する、まさにパーフェクトウーマン。

 

ある日、インターン生としてロバート・デ・ニーロ演じるベンを採用することに。40歳以上も年上で、ファッションサイトの速いスピードにはついていけないと思っていたのでしょう。しかし彼はジュールズの想像以上に、社内では欠かせない存在へと変わっていくのです。

 

ジュールズは、まさに現代の女性たちが理想とする姿。バリバリと働くだけではなく、家庭と仕事を両立している完璧な女性。ところが映画を観て分かるように、完璧に見せているだけで、本当は必死で仕方がないことに気がつかされます。

 

ジュールズもマリアと同じく、意志の強い女性です。強いからこそ、後ろをついてきてくれる人たちがたくさんいるということを学べる作品です。

 

おわりに

 

映画のヒロインは、あくまでもフィクション。

とはいえ、現代人の女性と同じ悩みをもち、奮闘している姿は観ているだけで励まされます。

 

何度も観ることで、つらいときも彼女たちを想像するだけで乗り越えられるのです。キラキラ輝く彼女たちに負けないように、今日も恋に仕事にとがんばりましょう♡

 

(ライター/山口 恵理香)

 

■あなたを成長させる8つのこと。
■出会い占い|今が自分磨きのとき!素敵な恋につながる自分磨きとは
■タロットで分かるこの先あなたを待つ「大恋愛」はどんなもの?

関連キーワード
人生】の最新記事
  • 不安に負けない・乗り越えるための3つの方法
  • 女性は見られる性?女性が「ルックス至上主義」に惑わされない生き方
  • 夏にみたいドラマ|反町隆史主演「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」の魅力
  • 30歳を過ぎたら要注意!2人に1人が当てはまる恐ろしい事実
  • 苦手な人にどう対応する? 人間関係の悩み、根本的な解決法はコレ!
  • 【風水】鏡を使って運気アップ! 鏡を使った風水テクニック
  • 海外旅行の後は注意!【勘違い外国かぶれ女子】と思われてるかも!?
  • 【12星座別】健康法