「ギャップ萌え」という言葉は、すっかり一般的に定着していますが、「外見と中身が違う」「第一印象と親しくなってからのイメージが違う」というのは、もはや褒め言葉なのでしょう。ここまでギャップ萌えが異性受けするのですから、私も効果的に使いたい! と考える女性が少なからずいるはずです。

片思いをしている場合は特に、彼の気を引くきっかけになるかもしれません。

 

でも、ギャップ萌えって、狙ってできるものなのでしょうか? 実際のところを探ってみます。

 

まず、自分のタイプを知る

 

ギャップ萌えを演出しようと思うなら、自分がそもそもどんなタイプなのかを知る必要があります。まじめそうに思われているとか、派手と思われているなど、第三者にはどのように見えているのかを把握しましょう。

 

とはいえ、自分ではなかなか知り得ないと思うので、友達や家族に聞いてみると捉えやすいはず。自分のイメージを知って、そこからあえて外れた言動を示せばギャップになるのです。

 

ただ、単なるギャップを作るだけでは、恋のドキドキ感は生まれません。「ギャップ」+「萌え」を作り出すには、複数の要素が必要になっていきます。

 

関連キーワード
恋愛テクニック】の最新記事
  • 恋のライバル出現!そんなとき、どう対処するのが正解?
  • 曖昧な関係を終わらせる! 彼から「好きの決定打」を引き出す一言!
  • 恋愛を叶えるお正月の過ごし方
  • 好感度が知らないうちにどん底?男性との会話で気をつけておくべき4つのポイント
  • 言葉ではなく行動を見よ!彼の気持ちを知るテクニック2選
  • 男性も納得! 思わずデートに誘いたくなる女性の誘惑テクニック3つ
  • ドキッ! 男が初デートで彼女をもっと好きになるポイント
  • 喪女が陥る恋の勘違い3つ モテる必要はありません!