恋愛がうまくいかず、頭を抱えている女性は少なくないです。
そんな女性にオススメしたいのが、心理学の知識。
心理学の知識を身につければ、恋愛をいい方向に導くことが可能です。

そこで今回は、恋愛をいい方向に導く心理学の知識を、心理カウンセラーの資格を持つ筆者がご紹介します。

鏡を見よう


ヒドイ振られ方をしてしまい、恋愛をする気がなくなった時は鏡を見るようにしましょう。
心理学では「鏡を見ないと無気力になり何事にも無関心になる」と言われています。

鏡を見れば「他者に見られている自分」を確認することができるので、失恋後で無気力になっている自分を見れば、「私はなんて覇気のない顔をしてるんだ。こんな顔、他の人には見せられない」と、ポジティブな気持ちが自然と芽生えてくるはずです。

「人に見られている」ということを、普段はあまり意識しなくてもいいですが、気分が落ちた時は、鏡を見て意識するようにしましょう。

関連キーワード
恋愛テクニック】の最新記事
  • モテる女性がしない5つのこと
  • 「ね……寝ないで!」男性がドライブデートで彼女に望むこと
  • 彼の心をがっちり離さない!カフェで使えるデート術
  • アラフォー男性を狙いうち! 効果が高いアプローチ法とは?
  • 手に入れたい!ハイスペック男性の落とし方とは?
  • 水瓶座男性って何考えてるの!?謎に満ちた真の姿と恋愛傾向を解明
  • 女性からデートにどう誘う? 【受け身の恋を脱出する方法】
  • カラオケデートでモテる? 男性ウケがいいカラオケでの選曲