恋愛がうまくいかず、頭を抱えている女性は少なくないです。
そんな女性にオススメしたいのが、心理学の知識。
心理学の知識を身につければ、恋愛をいい方向に導くことが可能です。

そこで今回は、恋愛をいい方向に導く心理学の知識を、心理カウンセラーの資格を持つ筆者がご紹介します。

鏡を見よう


ヒドイ振られ方をしてしまい、恋愛をする気がなくなった時は鏡を見るようにしましょう。
心理学では「鏡を見ないと無気力になり何事にも無関心になる」と言われています。

鏡を見れば「他者に見られている自分」を確認することができるので、失恋後で無気力になっている自分を見れば、「私はなんて覇気のない顔をしてるんだ。こんな顔、他の人には見せられない」と、ポジティブな気持ちが自然と芽生えてくるはずです。

「人に見られている」ということを、普段はあまり意識しなくてもいいですが、気分が落ちた時は、鏡を見て意識するようにしましょう。

関連キーワード
恋愛テクニック】の最新記事
  • 男性は見てる! 恋がうまくいかないのは「女友達がいないこと」が理由かも!
  • 「実はまったく効果ナシ!」女性が誤解している定番の恋テク3つ
  • 肉食系女子は必見! シャイな男性をオトすテクニック3つ!
  • 男性が好きな女性の匂いとは?3つのポイント
  • イイ男と付き合える女性の特徴
  • 男性が年上女性を恋愛対象に見る条件! 年下彼氏に愛される魅力とは?
  • かわいいメッセージとおブスなメッセージの違い
  • 彼の気持ちを読む!恋愛で使える読心術とは?