食というのは本当に大事なもので、これをおざなりにするとどんどんやせ衰えてしまい、肌の質も髪質も悪くなってしまいます。
 
また実は種類によっては、恋愛をする上で大きくメリットになる食材も多いのです。
その食材の共通項が、恋愛ホルモンの増加を促す効果を持つ、というもの。
 
今回は恋愛ホルモンについての簡単な説明と、
その恋愛ホルモンの分泌に深い関わりのある食材について紹介していきましょう。
 


 

恋愛ホルモンって何?増えるとどうなる?

 
ところで恋愛ホルモンって、そもそも何なんでしょう。
あんまり目にしない単語のようにも思えますよね。
 
これをざっくり簡単に説明すれば、恋愛をする上で女性にとってはメリットの大きな変化をもたらす物質ということです。
 
一般的に恋愛ホルモンとして知られている物質はいくつかあるのですが、とりあえず2種類ほど挙げてみます。
 
まずはフェニルエチルアミン。
 
フェニルエチルアミンは恋愛がスタートしたばかりのドキドキが止まらない時期に分泌量が増えるもの。
 
恋愛関係が継続することで徐々に分泌量は減っていくのですが、このフェニルエチルアミンには性欲を強める効果もあるので、できれば継続的に分泌してもらいたいところではあります。
 
次に、エストロゲン。
 
これはわりとご存じの方も多いかもしれません。
 
女性的な体のラインの形成や、肌質の改善に関係しているとされるエストロゲンは、恋愛ホルモンというより、もはや女性ホルモンの代表格といってもいいでしょう。
このエストロゲンの分泌量が、女性のルックスの決め手というわけです。
 
これら2つの恋愛ホルモンの分泌が、恋愛を楽しむ上では欠かせないカギとなるのです。
 


 

恋愛ホルモンを増加させるために役立つ食材とは!

 
では、今度は恋愛ホルモンのフェニルエチルアミンやエストロゲンを体内で多く生成するために役に立つ食べ物についても紹介してみましょう。
 
まずは恋愛を長続きさせるためのドキドキの継続と、性欲のアップにも効果があるとされるフェニルエチルアミン。この分泌量を増やすためには、何が必要なのでしょう。
 
実はそこら中にありふれた食材が、意外とその分泌に強いかかわりを持っているのです。
 
たとえばチョコレートやチーズ。
 
そして赤ワインは、手軽に入手できるものですが、これらはフェニルエチルアミンの体内分泌量を増やしてくれる、良いパートナーとされています。
 
どれもそれなりに低価格帯のものが流通しているのがうれしいところですよね。
 
そしてエストロゲンの分泌を手助けするために役立つ食材ですが、こちらの場合は大豆、キャベツ、ヘーゼルナッツが妥当なようです。
 
こちらの場合も入手が簡単な食材ばかりで、助かりますよね。
 
どちらかといえば、主食のおかずになり得るものは少なく、おやつ感覚でつまめる物の中に、恋愛ホルモン増強のために役立つ食材が多いようです。
 

おわりに

 
体作りには昔も今も、最適な食材を意識的に多く摂取すること。
これが一番です。
 
スポーツマンが日々の食事メニューにもこだわりぬいて結果を出していることからもわかるように、食事ってまさに「継続は力なり」という言葉の屋台骨なのです。
 
しっかりと目的の達成のために摂取する。このことを強く意識して、今回ご紹介した食材にも注目してみることは大切です。
 
特にエストロゲンは恋愛そのものの間口を広げる、ルックス面での変化にも影響するホルモンです。
 
「あんまり出会いがない」と嘆く前に、エストロゲンの体内生成で自分を中から変えるというチャレンジをしてみるのもいいでしょう!
 
(松本ミゾレ/ライター)

公開日:2018年5月5日
更新日:2019年11月25日


 
■ストンと落ちる!彼と一緒にダイエットするためのダイエットごはん
■ダイエットを無理なく続けられるのは、「スリム維持センサー」のおかげ!
■すてきな女性になるための「あかぬける努力」の方法
 

恋愛】の最新記事
  • 優柔不断
    優柔不断な男性ってどういう心理なの?
  • この人はないな…好きだった男性に「冷めた瞬間あるある」
  • 男性に聞いた!クリスマスに彼女にされたら嫌なこと
  • 男性が手放したくない女性の特徴
  • 男性
    【誠実なフリに騙されないで!】誠実な男性と不誠実な男性の決定的な違い
  • 曖昧な関係
    友達以上恋人未満の関係、気まずくならずにハッキリさせるコツ
  • 私ってドS?それともドM?あなたの恋愛傾向を確かめるには
  • ショック
    脈アリから脈ナシに降格する瞬間