先日、Twitterでフォロワーさんからこんな質問をもらいました。

“元カレのことで相談に乗っていただけると嬉しいです。半年前自分で決意して別れたにも関わらず(理由は向こうの浮気です)、今でもこれでよかったのかと考えてしまいつぎの恋愛に進めずにいます。どう気持ちを切り替えていったらいいのでしょうか?”

もしあなたがご相談者さんの立場だったら、どのように気持ちを切り替えますか?

 

過去が原因で足踏みをしてしまう本当の理由

 

この相談に関して、僕は以下のように答えました。

“発想を逆転させて、過去の判断に迷いがあって次に進めないのではなく、次に進まないから過去の判断に迷いが出てくると考えてみてください。過去を理由に未来を選択しないときは、大抵の場合「今に真剣じゃない」ときなんです。恋はほっといてもやってこないですよ。”

 

人が過去の判断について悩むときは、「いまが進んでいない」ときなのです。

変化している実感が持てないから、その理由を「あの時の判断が間違っていたからではないか?」と思ってしまう、というわけです。

 

しかし「いまが進んでいない」本当の理由は、自分が「過去を理由にいまを動かそうとしていない」ことなんです。

この相談者さんの場合は、自ら積極的に次の恋を生み出そうとしておらず、恋が向こうからやってくるのを待ってしまっているんです。

 

未来、過去を正当化できるように、いまを生きる

 

人の選択には客観的な正解もなければ不正解もありません。

本人が主観的に「あれで良かった」と思えば正解になりますし、「あれはまずかった」と思えば不正解になってしまいます。

 

しかし「あれはまずかった」と思っても、「じゃあ次からは気をつけよう」と反省し、未来につなげていければ結局は「あれで良かった」にすることができるのです。

つまり、過去に起こした事実は変えようがないけれど、未来の自分から見た時の過去の印象は、今の自分の生きかた次第で変えられるよ、ということなのです。

 

だとしたら、変えられない過去にいちいち迷わされるよりも、その過去をどう活かしていこうか?と考え、今の行動につなげていくかを考える方がよっぽど生産的であり、よっぽど幸せに近づく考え方ではないでしょうか?

 

恋愛していなきゃいけない、わけじゃない

 

かといって、もし過去の別れによって、男性不信気味になっている、自分に自信をなくしているといった状態なら、無理して次の恋を見つけようとする必要はありません。

別に恋愛をしていようといまいと、いまが充実していればそれでOKです。

趣味に走ってもいいし仕事を頑張るのもいいでしょう。

とにかく「過去を振り返っている暇がないほどに忙しくすること」が大事です。

芥川龍之介も『侏儒の言葉』の中で、「我々を恋愛から救うものは理性よりもむしろ多忙である。(中略)ウエルテル、ロミオ、トリスタン――古来の恋人を考えて見ても、彼らはみな閑人(ひまじん)ばかりである。」と書いています。

要するに「恋愛にウジウジ悩んでしまうときは暇なときだ」ってことですね。(耳が痛いですね)

 

まとめ

 

まとめます。

過去の判断に迷ったら、「ヤバイヤバイ、わたしいま暇だ!」という警報を鳴らしましょう。

過去の事実は絶対に変えられませんから、未来からの過去の印象を変えるために、その過去の判断が正解だったと思えるようにいまに生きましょう。

周囲からなんと言われようと、最終的にあなたが「あれでよかったんだ」と思えればそれでいいのです。

 

過去を成仏させてあげるためにも、過去の自分の判断を正解してあげる生き方をしてあげてくださいね。

 

(川口美樹/ライター)

 

■元彼が忘れられない。でも復縁はムリ…という時の「自分整理法」
■どうしても彼がいい! 忘れられない元彼と結婚する方法
■「復縁したいなら…」絶対彼に言ってはいけないフレーズ4つ

 

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 本当に誠実な彼と誠実を装っている彼の見分け方
  • 結婚を考えるあなたに。時間のムダにならない恋をする方法
  • 「都合がいい女」の5つの特徴。「都合がいい女」になってしまう理由は?
  • ずっとそのままでいて!結婚後も変わらない男性の見分け方
  • 見分けは大事!人間的に「大人な男性」と「子どもっぽい男性」の特徴
  • 男性から「めんどくさい」と思われる女性の特徴10選 
  • ルーン占い|彼が今あなたに送る「メッセージ」
  • 高収入上等!? ハイスぺ男性を狙うのは幸せへの近道か、後悔の元か?