はじめに

 

ライターの大久保 舞です。

好きな男性がいる女性にとっては、男性は好きな人にはどんな態度をとるのか、というのは、とても気になることですよね。

 

世の中の男性は、好きな人にはどんな態度をとることが多いのでしょうか。

今回は「好きな人にはどんな態度をとってしまいますか?」と筆者が男性にリサーチした結果を元に紹介します。

 

「好き避け」的な態度をとってしまう派

 

「『興味ない』って態度をついとってしまいます。付き合って二人きりになるまではちょっとそっけないかも⋯⋯」(40代・男性・事務)

 

「本気で好きな人に対しては、フリーズしてまともに話せなくなります」(40代・男性・営業)

 

筆者からすると人生の先輩世代である、40代の男性お二人からの意見。

これはいわゆる「好き避け」的な態度ではないでしょうか。

 

好き避けとは、簡単にいえば、照れ隠しや恥ずかしいからといったことが理由で、好きな相手だからこそ、かえって避けてしまう、といった態度のことです。

 

好き避けされてしまうと、されたほうとしては嫌われているのではないか?と感じてしまいますが、そのような態度を好きな人にとってしまう、という男性もいらっしゃるようです。

 

「厳格になる」(20代・男性・接客業)

 

好き避けとはまた違った、こんな意見も。

こうなってくると、男性の気持ちを態度で見極めることは難しいように感じますね。

 

態度で分かりやすく「好き」アピールする派

 

「自分のことを好きになってもらいたいので、相手が望む男になれるように色々と変えています。これといった態度というのはないのですが、しいていえば、甘やかしてしまうかも知れませんね」(20代・男性・大学生)

 

「普通に振る舞いつつ、少しだけ甘える感じの態度をとる」(30代・男性・接客業)

 

「個人差があると思いますが、私はついつい話が長く、多くなってしまいます。関心をひきたくて、精一杯になっちゃうんでしょうかね。ひとしきり話したあと、一人になったときに、話しすぎたって落ち込んだりしていました」(30代・男性・IT)

 

態度で分かりやすく「好き」アピールを好きな人にはする、という男性の意見も、もちろんありました。

 

片思いの男性にこういった態度をとってもらえている場合は、両思いなのかと期待してしまいますよね。

 

実際に、両思いであることも多いと思いますが、ただ単に誰にでも気さくな態度をとる男性だった、ということもあるので、こちらもまた判断が難しいところです。

 

まとめ

 

好きな人に分かりやすくアピールをする男性もいれば、好きな人の前では緊張してしまう男性もいる。

 

当たり前のことではあるのですが「こういう態度を男性にとられたら、絶対に脈アリ」という、明確な基準は存在しないようです。

 

好きな男性に冷たい態度をとられるからと諦めてしまったり、また反対に、積極的に話しかけてくれるからと両思いだと過信してしまったり、と、相手の態度だけで決めつけてしまうことは危険。

 

「付き合うかどうか」という話になるまで、男性の気持ちは分からないものだと思っていたほうがいいのかもしれないですね。

 

(大久保 舞/ライター)

 

■男性ウケするのはキレイ系よりかわいい系?「かわいい」の基準はこれ!
■血液型別!脈アリ傾向
■成功率ほぼ100%!気になる男性の彼女の有無を知るテクニック

 

恋愛】の最新記事
  • 「もう恋愛したくない…」恋のやる気スイッチを入れるための3つの方法
  • いつも「ダメ男」にハマってしまう女性の特徴と対処法
  • 「残念な子」だと思っていたのに⁉︎ 意外にかわいく見えてしまう瞬間
  • 「あ、この人、人間が出来ていないな」と思う女性の特徴
  • 恋人いない歴27年から脱却!運命を変える方法とは?
  • 「媚びる」と「愛嬌がある」は違う!愛され女子が可愛がられる理由
  • 恋愛で妥協すべき点&絶対折れてはいけない理想リスト
  • デートでお酒を飲むなら外飲み派?家飲み派?