お気に入り

 

「恋」と「愛」にはみなさんはどんなイメージがありますか?

 

「何となく恋より愛のほうが深い気がする」と思う人もいるかもしれませんね。

 

実際に好き以上の強い気持ちを感じたときに、「愛」を自覚する女性が多いようです。

 

そこで今回は「『恋』が『愛』に変わったと感じた瞬間」をご紹介します。

 

 

見返りを求めなくなった

 
・「いままではプレゼントをくれたり、車で迎えに来てくれたりするなど、『男性から何かしてもらうこと』が愛だと思っていました。それでSNSに写真を載せて、みんなから羨ましがられることに快感を覚えていましたね。
 
だけど多忙な彼には『私が何かしてあげたい』って気持ちが強いんです。もちろん見返りを求めることもありません。彼と出会ってからは誰かに見せびらかしたりせず、ふたりの中で幸せを育めるようになりました」(28歳/接客)
 
特に若いうちは彼の行動に重点を置きがちです。ですが自ら率先して動くことが、本当の意味で愛情につながるのかもしれません。
 

彼の周囲の人を大切に思えるようになった

 

・「もともとかなりのやきもち焼きで、彼が男友達と遊ぶのさえ嫌なタイプでした。それで彼から振られたこともありましたね。
 
今の彼も最初は私以外を優先するのが嫌で、度々怒っていたんですよね。だけど彼との信頼が築けてからは、周囲の人を大切に思えるようになりました。彼の友達はもちろん、同僚や両親などに思いやりが持てるようになりましたね」(27歳/一般事務)
 
交際に余裕が生まれると、周囲を客観視できるようになるもの。彼の周りの人を大切に思えるのが愛なのかもしれませんね。
 

ダメなところを見せ合えてから

 

・「彼と交際してしばらくは、お互い繕っている感じがありました。実際彼にはカッコよくいてほしいし、私も引かれそうな部分は隠していたんですよね。
 
だけど私が人間関係で弱ったあたりから、徐々にダメな部分を見せ合えるようになりました。いいところもダメなところもひっくるめて受け入れられるのが、本当の愛なのかなと思いますね」(32歳/住宅)
 
交際はもちろん、結婚となると綺麗事ばかりは難しいもの。とはいえ今までいい面しか見せてこなかったからこそ、本当の自分をさらけ出すのは怖いですよね。
 
ダメな部分を見せ合えるようになって、はじめてふたりの絆が強くなったといえるのかもしれません。
 

穏やかで落ち着いた関係になったとき

 

・「付き合いたてが楽しいのは当たり前ですよね。大事なのはふたりの仲がひと段落したときに、どういう関係性になっているかだと思います。
 
私はすれ違いやマンネリを乗り越えたときに、今までとは違う愛情を感じました。刺激はないけれど落ち着くというか。『隣にいて当たり前ってこういうことを言うのかな』って思いました」(33歳/IT)
 
ただ楽しいだけの関係はまだ恋なのかもしれません。愛はピンチを乗り越えた先に待っているのかもしれませんね。
 

さいごに

 

「恋に恋する」なんていうように、恋の段階では彼しか見えておらず、視野が狭くなっているケースが多いもの。
 
一方で恋が愛に変わると周囲を客観視できるよう。またいいことだけじゃなく、悪い面も受け入れられるようです。
 
現段階で彼氏との関係性はどうなのか、ぜひ上記と照らし合わせてチェックしてみてくださいね。
 
(和/ライター)
 
■【2022年下半期の総合運】この先何が起こる?!これから半年間のあなたの運勢
■7月15日リリース!人気電話占い館で指名率1位!玉木佑和の公式占いサイトが登場
■占いプライム「結婚占い」特集|当たると話題の占い師による特別鑑定!
■よく見るとバレバレ!男性が好きな女性にとる行動4選
■元カレとヨリを戻すのはアリ?年上元彼と復縁するときの注意点6つ
■実は復縁できる9割の女性がやっていること
 

友だち追加

お気に入り
恋愛】の最新記事
  • 「恋愛に疲れた…」また新しい恋に進むためにはどうしたらいい?
  • 恋愛が続かない…そんな「蛙化現象」を克服する方法4選
  • 女性の「恋」が「愛」に変わったと感じた瞬間とは?
  • 婚活女性必見!マッチングアプリでの相手の本気度を見抜くコツ
  • あなたは大丈夫?恋愛にハマり過ぎて失敗したエピソード3選
  • 恋人関係を長続きさせる「大人の恋愛」のコツとは?
  • 意外と簡単!「ひと夏の恋(女)」で終わらせないためにはこう立ち回れ!
  • 喧嘩をしないカップルが決めているルール