社会に出たばかりの20代のころは、「後先考えずに恋愛に突っ走っていた」という男性は多いもの。

 

30代になると仕事での責任がどんどん増し、プライベートも落ち着いてくるので、恋愛への姿勢が以前とは変わってきます。

 

そこで今回は、20代からアラサーへと歳をとるにつれて、男性の恋愛傾向はどのような変化を迎えるのかをお伝えしていきたいと思います。

 

 

「人生の伴侶」を真剣に考える

 

20代後半から30代は、周りの友人や会社の同僚たちが結婚していくのを目の当たりにします。
 
「結婚なんて、自分はまだまだ……」と思っていたのに、身近な人が家庭を持つことで関心が向いたり、兄弟が結婚するのを見て自分のそのときを想像したりすると、「きっといつか自分も素敵なひとと!」と伴侶を持つ可能性を考えるのですね。
 
また、今まで気軽に遊べていた仲間たちが家庭を持つことで付き合い方が変わり、取り残されるような寂しさを覚えるのもこの頃です。
 
お付き合いしている女性がいない場合、改めて自分の恋愛観や結婚観と向き合う男性も増えてきます。
 
「人生の伴侶」を持つことや理想の家庭像などを真剣に考え、人生設計を意識しはじめるのがアラサー男性です。
 

「恋愛での失敗」によるダメージは最低限に

 

若手と呼ばれた20代と違い、30代は昇進したり後輩を持ったり、仕事での責任とプレッシャーが増すとき。
 
仕事に真剣に取り組む人ほど、プライベートに振り回されるのを嫌って落ち着いた恋愛を求めるようになります。
 
好きな人に振られたり彼女と喧嘩したり、恋愛での失敗がもたらすダメージが仕事に影響するのを恐れるのですね。
 
好きになる女性が自分と同じように安定を求める人だったり、心を支えてくれるような安心感のある人だったり、刺激が優先だった20代とはがらりと変わった、という男性も多いでしょう。
 
20代の頃は遊び相手ばかり探していた男性も、アラサーになるとトラブルを避けられる女性を真剣に探し出すといえます。
 

「恋愛より没頭できるもの」に走る男性も

 

入社したときよりお給料が上がるアラサー男性のなかには、自分の趣味や好きなことに使えるお金が増え、恋愛よりそちらに没頭していく人もいます。
 
お金と時間に余裕が生まれる30代は、恋愛を優先しなくてもほかに関心の向くものを楽しみたくなるともいえます。
 
恋愛を諦めたというよりも、無理に彼女を探すより好きな趣味を楽しんでいたい気持ちが強くなるのですね。
 
ジム通いなどフィットネスに熱中したり、クルマやバイクなどひとりで楽しめるものにのめり込んだり、恋愛は二の次になっても特に不満はありません。
 
でも女性に興味がないわけではなく、「いい出会いがあれば」と思っている男性も多いものです。
 
こんな男性は、自分の趣味や好きなことを共有できる彼女を求めます。
 

さいごに

 

20代は、まだまだ社会を知らずに恋愛でも仕事でも未熟さを思い知らされる場面が多いですが、30代になるとそれが許されなくなるときもあります。
 
「今までと同じ自分ではダメだ」と考える男性は多く、それが恋愛面にも影響して、勢いだけの交際やダメージが大きい相手などはあえて避けるようになります。
 
お付き合いや結婚について、「自分はどうありたいか」を真剣に考えはじめるのがアラサー男性の恋愛傾向です。
 
(ひろた かおり/ライター)
 
■男性から「相性がいい」と思われる女性の特徴とは?
■【お悩み相談】「教えて!自己防衛おじさん!このまま彼氏と結婚してもいいか迷っています。」
■見た目すら実は関係ない!? 結局男性は「機嫌のいいオンナ」が好き?

恋愛】の最新記事
  • 九星気学|一白水星男性の恋愛傾向
  • 現実に戻れなくなる…「ドラマみたいな恋」に憧れすぎる危険性
  • 男性の「すっぴんが好き」は嘘?すっぴん好きに隠された本音5つ
  • 年の差別!2歳・5歳・10歳差を乗り越える年下彼氏との付き合い方
  • 別れたくない!彼に手放せない女性と思わせるための方法6選
  • 外見、色気……関係ない!本当にモテるのは「人たらし女子」
  • もう終わった恋なのに…男性にとって忘れられない元カノの特徴5選
  • 長く一緒にいるコツ!本音で話せる関係を築くためのポイント4選|エマちゃん