こんにちは、沙木貴咲です。クリスマスというと、恋人と甘い夜を過ごすイメージが浮かびますが、最近では「別に恋人がいなくてもいい」と言う人が増えているんだとか。しかもそれは、恋人がいないことをひがむ訳でもなく、素の意見だというんです。

 

『恋人がサンタクロース』による刷り込み

 

たとえば、松任谷由実さんの名曲、『恋人がサンタクロース』。この曲は、1980年に発売され、トレンディー映画「私をスキーに連れてって」(1987年)の挿入歌に使用されて爆発的に売れました。

また、この曲は今でも12月になると街のあちこちで流れ、クリスマスの超定番曲になっています。

 

コラムニストの小田嶋隆氏によると、この曲が大ヒットしたことで、クリスマスが子どものイベントから恋人たちの恋愛イベントに変わったとも分析されているそうで。

 

……ヒット曲はこれでもか! というくらいにさまざまなメディアを通して流れまくりますから、『恋人がサンタクロース』の「恋人」と「サンタクロース」というワードの刷り込みが、まあハンパなかったのだと思います。

しかもそれが、30年近く12月になると繰り返されているので、人々の価値観にも強い影響をもたらすのかもしれませんね。 

 

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 失恋の傷の癒やすスピリチュアルメソッド
  • もう、あり得ない!初デートで気持ちが冷める男性のNG行動
  • 【星座別】花言葉と恋愛傾向
  • スナックカワウソの最高な夜#2「強い乙女なユキさんの話」
  • 彼氏に幻滅されないために…家にあるぬいぐるみをどのタイミングで隠すのか
  • 「別れても友達でいたい」と言っちゃう男性心理とは?
  • 携帯越しに胸キュン♡イケメンだと感じるLINE
  • 過去に経験した恋愛の心の傷を癒やすには