「若い」「美人」は、女性のモテる必須条件だと勘違いされやすいのですが、実は違います。
若くて美人であれば、確かに多少はチヤホヤされますが、モテるとは別。
 
なので、誰しも歳を重ねてもモテ続けられる女性になるのは可能なんです。
 
いくつになってもモテる女性になる秘訣をご紹介します。
 

 

笑顔が多い

 

多くの男性は、冷たい美人より、愛嬌のある普通顔にひかれるもの。
 
笑顔は最高の化粧と言うように、いつもニコニコしている女性は周囲の人に安らぎを与え、容姿、年齢関係なくモテます。
 

老若男女分け隔てなく接せる

 

人によって態度を変える人よりも、どんな人にも分け隔てなく接せる女性がモテます。
 
男性にだけ媚びを売り、しかも自分の好みの男性には更に特別というような態度は、たとえ、好まれた男性でもいい気分ではなかったりもします。
また、そんな使い分け態度は、言われないだけで意外にも周囲に気が付かれています。
 

気遣い上手

 

さりげない気遣い上手は、世代を超えてモテポイントが高いです。
 
大人数の呑み会などで、会話になかなか入れない人を上手に会話の輪に入れたり。
メールやLineの連絡であっても、相手の都合を考えて送ったり。
ちょっと風邪気味の咳をしていたら、「大丈夫?」と飴を渡してくれたり。
 
これもまた、老若男女問わず、どんな人にも分け隔てなく気遣いができる女性がモテます。
 

明るくポジティブ

 

愚痴や文句が多くガミガミと怒っている女性よりも、明るく朗らかな雰囲気の女性の方が好まれます。
 
ネガティブな話題も笑いに変えて話したり出来ると、なお良いでしょう。
 

包容力

 

年齢を重ねたからこそ醸し(かもし)出される魅力は、人生経験が豊富だからこその余裕。
その余裕から生まれる包容力も、そのひとつでしょう。
 
年下男性社員の仕事のミスも、ただ怒鳴りつけて怒るのではなく、さりげなくミスをカバーしサポートする余裕。
恋人から連絡が遅くなっても、「なんで連絡してくれないの!?」と彼を責め立てるのではなく、「何かあった? 大丈夫?  」と気遣える包容力。
 
大人女性の余裕と包容力は、かなり年下男性すら魅了します。
 

目と声

 

加齢に伴う肌の老化は仕方ありません。
しかし、見た目で、歳を重ねてもモテる要素は、顔の若作りではないんです。
 
相手の目をしっかりと見て話す。
声のトーンが落ち着いていて安らぐ。
 
など、モテるポイントとしては、目力や声力の方が意外にも重要だったりします。
 

好かれるより好きになる努力

 

もちろん、歳を重ねてもモテ続けられるポイントはありますが、モテている女性がそれらのポイントを全て網羅しているわけでもありません。
 
実は、多くの人から好かれよう、モテようと自分を磨くよりも、まずは自分から多くの人を好きになることで、相手からも好かれるようになるのです。
 

さいごに

 

「愛されるよりも、愛したい真剣(マジ)で」
と90年代、KinKi Kidsのヒットソングのワンフレーズです。
 
「僕らの勇気 未満都市」というドラマの主題歌でした。
このドラマは、隕石落下のウイルスによって大人たちは全滅してしまいます。
残された無秩序な世界で、子供達だけでサバイブし、世界を再建してゆくという物語です。
 
ドラマの内容を踏まえ考えると「愛されるより、愛したい」というのは、恋愛に限らず生きる上で大切な人類愛的なメッセージなのだとも思います。
 
人に愛されたいならば、自分から人を愛し、自分自身も愛すること。
愛することを知らない人は、真に愛されることも分からない。その逆もまた然り。
 
歳を重ねてもモテ続ける女性になるのに大切なのは、生きとし生けるもの全てに対して、真に「愛し、愛される」ことが出来る女性なのかもしれません。
 
そんな女神のような心を持っていれば、年齢に関係なくモテ続けられるのではないでしょうか?
女神領域に達するにはかなりハードルも高いように思えますが。
 
(ライター/キタミカ)
 
■ギャップで魅せる!大人女性が可愛く見える5つの方法 
■子供の頃はモテなかったけど、大人になってからモテる女性の魅力の正体
■急にモテなくなるアラサー女子と、モテ続けるアラサー女子の違いとは?

モテ】の最新記事
  • 男性の庇護欲を掻き立てる!「守ってあげたくなる女性」あるある
  • 男性が思う「年齢に伴わない」行動とは
  • 話し上手と聞き上手、本当に男性から好かれる女性はコッチ!
  • 【究極のモテテク】自分大好き人間になろう 自己肯定感を高める方法
  • 年齢を重ねて逆にモテる!? アラサーになってモテる様になる女性とは
  • 即恋愛対象外になってしまう!「おば見えする女性」の言動
  • 男性を夢中にさせる女性の「冬のモテ服」をご紹介!
  • 年を重ねてもモテ続けられる女性になるには