ライターの大久保 舞です。
大きめの服で萌え袖、ぴったりめの服、それぞれどちらも違った魅力があります。
 
この二系統の服装はいわゆる“モテ服”にカテゴリーされるものだと思いますが、男性にとっては、どちらのほうが好みなのでしょうか。
 
今回は、筆者が男性に「女性の格好で、大きめの服で萌え袖VSぴったりめの服、どちらの格好が好みですか?」とリサーチした結果を元にお伝えします。
 

その1.大きめの服で萌え袖派

 
「大きめの服で萌え袖ですね。かわいく思える不思議マジックです」(30代・接客業)
 
「大きめの服。萌え袖が好みなわけではないんですけど、胸元が強調された服とかはその人の顔を見て喋ることが難しくなるのと、体型をアピールすることに、恥じらいがあるタイプの女性が好きなので」(20代・製造業)
 
「大きめ萌え袖です。ぴったりだとリクルートスーツみたいで隙がないので、少しゆるめの服装でこぶし一つ余ってるぐらいの袖がラフでいいかなと」(30代・事務)
 
大きめの服で萌え袖のほうがいい、という意見。
大きめの服で萌え袖だと、単純にかわいく見えるという意見もあれば、ぴったりだと目のやり場に困る、隙がないという意見もあって、興味深いですね。
 
筆者個人は、大きめの服で萌え袖派が圧倒的かと思っていたのですが、そんなことはなかったので、意外でした。

その2.ぴったりめの服派

 
「ぴったりめ。理由は、きちんと着こなしているほうがカッコいいから(20代・接客業)
 
「ぴったりめの服です。萌え袖は慣れなさそうです」(30代・自由業)
 
「ぴったりめのほうが、体のラインが見えていいと思います」(40代・営業)
 
「ぴったりめの服のほうが好きですね。女性の体のラインは、男性と違ってしなやかなので、それを眺めていたいという理由です。20代になってから、大人の女性に魅力を感じるようになったからかもしれません」(20代・大学生)
 
今回は、ぴったりめの服のほうが人気という調査結果になりました。
 
ぴったりめの服のほうが、確かに体のラインはよくわかりますよね。
男性にそういった目線で見られていると思うと、変に意識してしまいそうですが、女性特有の体のラインは、男性にとって魅力的に感じられるものなのかもしれません。
 

まとめ

 
「どちらも好きです!」(40代・介護士)
 
どちらも好き、というのは、服装に迷うときにはありがたい意見ですね。
 
「『ぴったりめ』のほうが好きですけど、基本的に似合っているかどうかのほうが重要です」(40代・事務)
 
似合っているかどうかのほうが重要、という意見も。
筆者は今回、こちらの意見が一番ごもっともだと感じました。
 
男性ウケを気にして、もっと言うのであれば、好きな人がどういった服装が好きかによって服装を変えるというのは、女性には珍しくないことでしょう。
しかしながら、似合っていない服装を無理にしても、かえってその女性の魅力が失われてしまうかもしれません。
 
「こういった服装は男性にウケやすい」という服装はあっても、それが自分に似合うか、また、自分が好きな服装かどうかは全く別の話になってきますよね。
 
いわゆる“モテ服”ではないとしても、自分自身が一番輝ける服装をすることが、結果的には真のモテにつながるのかも?
 
(大久保 舞/ライター)
 
■女性が見た目の平均点を引き上げるポイントって?
■男性に聞いた! 女性からどんなLINEがきたらうれしい?
■顔のキレイさは関係ない!「モテない女性」に共通する特徴とは?
 

関連キーワード
モテ】の最新記事
  • 性格でモテる人の特徴|胎盤JD
  • 実はよく見ている!男性が好む女性の部屋とは?
  • やらなきゃ損!?花火デートで可愛く見える3つのモテ行動
  • 男性から見た若作りが痛い女性の特徴
  • 男女に聞いた! 異性のどんな声が好き?
  • モテる為には…より多くの男性の“ストライクゾーン”に入ること!
  • 男性に聞いた! 女性の「かわいい」ギャップと「ないわ」というギャップ
  • モテる女性が自然としている5つの行動