人間には喜怒哀楽の感情があります。「楽しい」や「嬉しい」という感情を味わうのはいいですが、怒りや悲しみだけで感じるのは辛いですよね。

 

特に怒りっぽい女性は、感情コントロールが難しく、カッとなった時に今まで積み上げてきた信頼関係が崩れたり、恋愛がうまくいかなくなったりする経験がある女性も多いようです。

 

怒りや悲しみなどの感情は、どんな風に感情コントロールすれば良いのでしょうか? 具体的に感情コントロールする方法をまとめてみました。

 

「感情が高ぶるのは仕方ない」と諦める

 

まずは、「感情の起伏があるのは仕方ない」と、自分自身の性質について認めましょう。「感情的になってはいけない」と思えば思うほど、自分の感情を抑えられなくなってしまうからです。

 

感情を高ぶるのを抑えることよりも、感情が高ぶってしまった後にその後どんな風にコントロールすれば良いかと言うことを考えていきましょう。

 

感情的になっても、八つ当たりはしない

 

感情コントロールするのが苦手な人の特徴の1つが、感情的になって、相手に八つ当たりしてしまうこと。

 

あなたがどんな風に思うのかは自由ですが、感情的になって相手にぶつけるのは、NGです。感情コントロールができないと、精神的に未熟で幼い印象を与えてしまうからです。

 

相手に自分の感情ぶつけて、その瞬間はスッキリするかもしれませんが、相手は嫌な気持ちになるだけです。いつも八つ当たりしてくるような友達や恋人とは、離れたくなりますよね。感情的になっても相手に八つ当たりしないようにしていきましょう。

 

関連キーワード
自分】の最新記事
  • どんなコスメよりも効果的!自分に自信がある人は美しい
  • どうしても自信がもてないときの解決法~あなたはもっとできる!
  • ストレスをうまく対処! 怒りにくい性格になる方法
  • 自己会話「セルフトーク」を変えるだけで、恋愛や仕事がうまくいく?
  • 心理カウンセラーが教える過労に陥りやすい性格って?
  • 繊細すぎる。共感力が高い。もしかしてあなたはエンパスかも
  • もう自分を変えたい! 自信をもつにはどうすればいい?
  • 恋活、婚活……いいえ朝活! 朝を制する者は恋も仕事もすべて制する!?