こんにちは、TETUYAです。出会ってから何回かデートを重ね、いよいよ「付き合うかどうか?」という段階になったとき、頭の中で一瞬、「本当にこの人でいいの?」「もっと、いい人がほかにいるんじゃないの?」なんて、余計なバイアスがかかることが誰しもあると思います。

 

こんなとき、とりあえず付き合ってみて、ダメなら、「ハイ、次へ!」と、場数をこなして運命の人を探すという、ポジティブ作戦をオススメしたいのですが、そこまでポジティブじゃない女性は、交際する決め手が欲しいですよね。

 

そんな女性の皆さんへ、付き合うべきかどうか迷った時に指針となる「決め手」を、いくつかご紹介したいと思います。難しいことは考えずに、シンプル自分の感情に従って動くことが一番だと思いますよ。

 

1、楽しい!

 

「楽しい」って、とてもシンプルな感情です。彼と一緒にいて「楽しい」と思えるかどうか? 無理して「楽しい」じゃありませんよ。彼と一緒にいるときに楽しく感じられることもあれば、デートが終わって、お風呂に入っているときや、寝るまえに彼のことを思いだしたときに、こういう感情が湧いてくることもあるでしょう。また、彼とお別れした後に、「楽しい」という余韻が残るかどうかも大事です。

 

一番わかりやすいのが、「一緒にいた時間が、短いなあ」と感じることです。まずは、彼がこれをクリアできるかどうかを条件にしましょう。

 

2、無言

 

「無言」。なんだか、ネガティブなワードのように感じますが、これは無言になっても、その空間が耐えられる人なら交際してもうまくいくということです。

 

この無言の空間というのが、なかなか難しいんです。相性の合わない人なら、この無言の沈黙の時間が耐えられなくなり、ついつい「それで……」なんて、あなたから会話をスタートさせてしまうはず。

 

この無言の空間が居心地いい人であれば、相性バッチリですね。つき合ったら、恋人との間に沈黙の時間なんてたくさんありますから。それを気まずく感じるようなら、交際もうまくはいかないのです。

 

関連キーワード
好きな人】の最新記事
  • 好きな人の言う「距離を置こう」の本当の意味とは?
  • どんなに好きな女性でも男性が「冷める発言」とは?
  • 脈アリだった気がするのに時間がたってしまった時の対処法
  • 好きな人と付き合いたい!相手から告白させる方法って?
  • 好きな人から恋愛相談された。これって完全に脈なし?
  • 男が遊びだった彼女を本気で好きになる瞬間
  • 「好きな人とうまく話せない」は克服できます
  • 女性に聞いた! 好きな人の前で失敗してしまったエピソード・5選