こんにちは、沙木貴咲です。筆者は10代の終わりから20代のほとんどを、いわゆる『メンへラ』として生きていました。
人間関係や仕事がうまくいかず、恋愛も破綻したものが多かったのですが、映画『生きてるだけで、愛。』は、そんな過去を思い起こさせるものでした。

何もかもが不安定で、すべては結局壊れてしまう……というメンへラのリアルが、そこには生々しく描かれていたのです。

 

うつ、過眠、ニート。一番苦しいのはいつも自分

 

映画『生きてるだけで、愛。』は、うつで過眠症、ニートの寧子と、その彼氏である津奈木を中心にした人間関係が描かれます。
寧子は、人との距離感をはかるのが苦手で、感情表現がうまくできず、言動は自己中心的。

映画の主人公でありながら、観る人の共感を得にくいタイプです。

 

でも、メンへラのリアルとはそういうもの。つねに感情と人格は暴走して、周囲だけでなく自分自身も振り回され、苦しむのです。

10年患っていた筆者の主観で述べさせてもらうと、一番苦しいのはいつも自分。

周りに迷惑をかけて、心配させているとわかっているけど、やっぱり一番苦しんでいるのは、メンタルを病んでいる本人だと思うのです。

 

 

他人に理解してもらえない、認められないという恐れと諦めがあるのに、うまくやろうとする自分もいて、それが滑稽に思えたり、バカバカしく感じたり。

自分は世間の常識から外れているという思い込みなのか、セルフコントロールがきかない心に対する苛立ちか、ささくれ立った不快な雰囲気がつねにまとわりつく。

……そんなわけで、メンへラは当然ながら敬遠されがち。他人から好かれる、親しみやすいメンへラなんか、いません。

 

唯一の存在である自分自身が理解できず、コントロールできないがために、メンへラはつねに自分と戦って、疲労困憊(こんぱい)しているのです。

 

 

そんな壊れた寧子を受け入れるのは、すべてを静かにやり過ごす津奈木。

メンへラとくっつく男性は、少なからず普通じゃないところがありますが、津奈木もそうなのでしょう。普通の人の顔をして仕事をして、同僚と世間話をして、合コンにも参加するのに、決して健常とはいえず、やっぱりどこか壊れたところがあるんです。

 

関連キーワード
芸能人】の最新記事
  • 「生きてるだけで、愛。」より、メンへラ女子の恋が壊れやすい理由
  • 35歳すぎると恋愛が怖い?映画「ラブ×ドック」に見るアラフォー恋愛
  • 森田剛・宮沢りえ【結婚】2018年は“運命総決算の年”だった!
  • メンズ占い師グループ【Code】の魅力~男性ならではの視点と本音
  • 金メダル!羽生結弦が持つ「選ばれし者だけが受け取れる“ギフト”」とは
  • 話題のメンズ占いチーム【Code】ついに登場!
  • 【占い分析】小室哲哉が不倫で引退!? 天才を翻弄する強烈な運命
  • 【安室奈美恵 引退!】超人気占い師が解説する、引退の理由!!