モデルや女優さんも鑑定にやってくるという、人気占い師のイヴルルド遙華さんは、「占いは健康診断と同じ」といいます。

それは、トラブルが起きてから対応するのでは遅いという意味だそうですが、とっても気になりますよね。詳しくお聞きしました!

 

占いは幸せで居続けるためにするもの

 

イヴルルド遙華さん)最近、鑑定をしていて本当に思うんですよ。占いは何か起きてからでは遅い、と。トラブルやケンカ、破局といった出来事はつらいので、なんとかしてあげたいと思うんですが、何か起きてからでは占い師にできることってあまりなくて、ひたすら「もっと早くに来てほしかった!」と感じます。

 

2018年は、木星が蠍座を運行する年で、蠍座は隠れていたものを表に出すという意味合いがあるんですね。また今年は、7年ぶりに革命の星である天王星が牡羊座から牡牛座に移動したのもあって、春以降は特に、みんな激動の時期を過ごしていると思います。

人生がガラッと変わってしまった人も少なくないでしょうし、運気をうまく活用できる人は、仕事も恋もすべて好転しています。

 

自分の少し先の運勢を知っているか、いないかで、だいぶ日常や人生が変わってしまうんです。

それって健康診断と一緒で、定期的に診断していれば、たとえば「あ、血圧がちょっと高いな。気を付けよう」という意識を持てるし、食事や運動に気を遣うようになりますよね。絶対にムチャはしないはずです。

でも、健康診断をしていないと血圧が高いということに気づかないから、暴飲暴食をしたりして、体に良くないことも平気でしてしまいます。深刻な病気にかかるリスクは、かなりちがってくるでしょう。

 

関連キーワード
人生】の最新記事
  • 1/20は大寒。昔ながらの暦で強運を育てる方法
  • 【12星座別】どこに幸せを感じる?幸せのつかみ方
  • 忙しい毎日にぐったり……心も身体も疲れたときに試したいストレス解消法
  • 【12星座別】2019年上半期前半(1月〜3月)の総合運
  • 【12星座別】2019年1月の総合運
  • 12星座別!2019年のテーマカラー
  • 最高の年にするために!新年にやっておきたい5つのこと
  • 【12星座別】2019年の開運行動