神社巡りは、自宅の土地を守っている氏神神社に定期的にお参りし、欲しい運気を手に入れるためにパワースポットに出向くのが主流と言われています。

 

今回の記事では、筆者が実際に行っている神社やお寺のお参り方法を紹介します。

 

行きつけの場所があるなら、その近くの神社やお寺に定期的に通う

 

もし、行きつけの場所があるのであれば、その流れで近場の神社やお寺に出向き、手を合わせるとよいでしょう。筆者の場合は、定期的に通っている婦人科の近くの愛知県名古屋市内で有名な大須観音に定期的にお参りにいっています。婦人科に行った後に、大須観音へお参りするのを恒例行事にしています。

 

お参り時には、巨大ロウソクを1000円で購入し、油性のフェルトペンで願い事を書くようにしています。神様の手前でロウソクに火を灯してもらえるので、神聖な気持ちになれます。

 

大須観音にて、ロウソクに願い事を書くと不思議と次の大きな仕事が決まるなど不思議な変化が起こっています。最初にロウソクに願い事を書いた日は、その日にすぐ合計6万円もの仕事が舞い込んできたり、また臨時収入で10万円が入って驚いたほどです。

 

もともとは通いつけの婦人科の近くにあったので、何気なくお参りしただけだったのですが本当に願い事が次々とかなうので、その後もずっと継続してお参りしています。

 

大須観音は、決して雑誌やネットで有名なパワースポットという訳ではないですがお参りする人は多く、地元の方々に愛されている場所です。私の他にも、巨大ロウソクを購入して願い事を書いている若い男性もいました。もしかすると、知る人ぞ知るパワースポットなのかもしれませんね。

 

また、神社で願った願い事がかなったら神様に「ありがとうございました」と手を合わせて報告しに行きましょう。

 

月に2回の氏神神社巡り

 

現在、1日、15日と月に2回の氏神神社巡りをしています。氏神神社にお参りする時には、カップ酒かひとつまみのお米をティッシュに包んだものを持って行き、おさい銭と共におそなえしています。カップ酒は、スーパーで購入しています。値段は高いものじゃなくても問題ありません。

 

氏神神社には、願い事をせずに「いつもお守りくださり、ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします」と報告のために出向いています。願い事をしたい時は、その時にお願いするといった感じです。神様は、都合のいい時だけ顔を出してお願い事をするよりも、常に感謝してくれる人のために尽くしてくれるのではないかと思うのです。

 

筆者が行っている神社やお寺のお参り方法まとめ

 

今回は、筆者自身のお参り方法を紹介しました。パワースポットは、有名な場所だからこそ必ずしもその人にとっていいとは限らないと思います。神社はどんな願い事もかなえてくれる場所という訳ではなく、その土地を守っている場所です。だからこそ、感謝を伝える場所ではないかと思います。

 

ただ、神社やお寺を大切にすると不思議を運気が上がっていきます。筆者の氏神神社には、神社の隣に小さな稲荷神社もあり、油揚げのお供え物や、キツネ像をきれいに掃除する一般の方を見かけることもあります。神社内の全ての神様に、ひとつずつお参りする人もいます。

 

このように、神様はお参りするだけではなく大切にしようという気持ちが、運気アップにつながるコツなのかもしれませんね。そして、それは神社に限らず人との関係も同じような気がします。

 

運気が落ちている時だけでなく、神社には定期的にお参りする習慣を作りましょう。みなさんも、お気に入りの神社を見つけたり、氏神神社に定期的に通うなどして運気アップしてみてくださいね。

 

(みくまゆたん/ライター)

 

■恋愛・結婚・出産に効果! 冬に行きたい修善寺の恋に効く橋とは?
■【風水】即効性あり!実際に効果のあった恋愛風水をご紹介
■【風水】効果万能! 塩を使って掃除して運気アップしよう

関連キーワード
人生】の最新記事
  • 「配られたカードで戦え」見た目に惑わされない生き方を僕は芸能界で学んだ
  • 不安に負けない・乗り越えるための3つの方法
  • 女性は見られる性?女性が「ルックス至上主義」に惑わされない生き方
  • 夏にみたいドラマ|反町隆史主演「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」の魅力
  • 30歳を過ぎたら要注意!2人に1人が当てはまる恐ろしい事実
  • 苦手な人にどう対応する? 人間関係の悩み、根本的な解決法はコレ!
  • 【風水】鏡を使って運気アップ! 鏡を使った風水テクニック
  • 海外旅行の後は注意!【勘違い外国かぶれ女子】と思われてるかも!?