20代前半は仕事を覚えるのに忙しかったけど、アラサーになってから目標やキャリアなどの生き方に迷い始めている――。そんな女性はいないでしょうか。
 
アラサーにもなれば、真剣に結婚を考え出す女性も多いでしょう。
でも、その一方で結婚後も仕事を続けていきたい。そんな女性の場合、アラサーの自分の生き方をどうしたらいいのか、悩んでしまうこともあるのでは。
 
今回は、アラサー女性がキャリアの選択を見直したいとき、考えたいことをまとめてみました。
 

自分の適性を考えてみる

 
まずは、自分がいまの仕事をどう思っているのか、考えてみましょう。
仕事には向き不向きがある――。そんな言い方がされることがあります。
当然のことながら、人それぞれ性格、人となりは違うため、それに対する自分に合った仕事はあるように思います。
 
自分の強み、適性を活かした仕事に就けているのか。長い人生ですので、転職が可能な年齢のうちに、そのことを考える必要はあるかもしれません。
上司や同僚、友達に相談しながら、自分にいまの仕事に適性があるか、客観視してもらってみては――。少なくとも「向いている」と言われているのであれば、適性がある仕事に就いている可能性が高いと思います。
 
反対に、頑張って仕事を続けてきたけど、どうにも自分に合っていないと思う。
キャリア形成が見えない。仕事をするのもままならない。そんな状態では、自分の適性の合った仕事を探し就いたほうが、長い目で見ていい場合もあるかもしれません。
 

働く条件は希望に合っているか

 
自分の就いている仕事を考えるにあたって、働く条件もキャリア選択をするうえで大事だと思います。それこそ、収入に満足しているか。仕事の安定性はあるか。出世の見込みはあるのか。労働環境に満足しているか――。
 
いわゆる雇用条件とも言っていいでしょうか。
人それぞれ仕事に求める条件というのは、違うと思います。収入は人並みでいいけど、人間関係が良好なところがいい。出世は望まないけど、〇〇の仕事がしたい――。
 
自分の希望条件に、いまの働いている場所が合っているのか。考えてみる必要はありそうですね。
一般的に仕事をするうえで、その仕事が続くかどうかの条件は三つあるといわれています。ひとつは収入に満足している、ふたつめは人間関係が良好である。みっつめは仕事にやり甲斐を感じている、あるいは楽しいと感じられているかどうか、です。
 
もしこれらの条件が二つ以上満たせていないのであれば、同じ業種で転職を考えてみる可能性は出てくるかもしれません。
 

人生の先輩に相談する

 
身の回りで目標となる、人生の先輩はいるでしょうか。たとえば、「〇〇のようになりたい!」という人です。そうした人が身近にいると、キャリア形成が立ちやすいでしょう。
もし職場で尊敬すべき人がいるのであれば、キャリア選択の相談を持ち掛けてみては?
 
あなたの悩みが、その人の過去の悩みなら、リスクを取るのは賢明ではない、と考えが落ち着くかもしれません。
自分ひとりで悩むのではなく、ぜひ信頼の置ける人に相談してみてください。
客観視してくれる人に話を聞いてもらうことで、正しいキャリア選択ができるでしょう。
 

おわりに

 
いかがでしたか。キャリア選択の仕方って悩みますよね。でも、悲観的にならず、ぜひいまの自分をもっと成長させるためにも、前向きに考えてみてください。
 
(柚木深つばさ/ライター)
 
■キャリアウーマンはモテない!? 仕事ができる女性に対する男性の本音
■結婚?仕事?アラサー女性が人生の方向性を定めるために考えたいこと
■アラサー女子必見!「エリート男子に会える」出会いの場3選

関連キーワード
人生】の最新記事
  • 出張マジレスホロスコープ#6「仕事以外のことがうまくいきません」
  • パワースポットは「呼ばれる」もの。幸せになるにはタイミングがある
  • 「相手のための思って言わない」のって優しさじゃなくて、嫌われたくないだけじゃないの?
  • タロット|この先の人生でつかむチャンス
  • 12星座別|前世から見るあなたのカルマ
  • 恋も仕事も大忙し!30代女性が気を付けたいこと
  • 【12星座別】3月の総合運
  • スナックカワウソの最高な夜#4「ずっと独身で生きたエイコさんの話」