恋人との意見のズレ、失敗ばかり繰り返す友人への助言、難しい仕事のアポ取り……なんと言っていいかわからず、ため息が出てしまうような瞬間はいつでもおとずれます。

 

“「こんなとき、どう言ったらいいんだろう……」というピンチに出合ったなら、チャンスだと思ってください”

 

そう述べているのは、『かわいがられる力 一流と二流の決定的な違い』の著者、安田正氏です。できれば避けたいような難しい局面もうまく乗り越えて、なおかつ相手にかわいがってもらえるための方法やセリフがあるというのです。

 

安田氏が提唱する『かわいがられ力』を日常的に使ったなら、恋愛や仕事はもっとうまく展開していくかもしれません。

 

「感謝・ねぎらい」+「ちょっとだけアドバイスしていい?」

失敗ばかり繰り返す友人へ意見を口にするとき、「こうしなきゃダメでしょ」といきなり正論から述べてしまうと、相手が傷つけてしまうことがあります。

特に、「失敗しちゃったんだけど、あのときどうすべきだったのかな……?」と尋ねられたなら、相手は回答よりも先に、ねぎらいの言葉を求めているものなのです。

 

「そうなんだ、大変だったね……」

「あまり無理しないようにね」

 

まずは相手に親身になり、それから解決策を提示すること。その方が相手にとっては受け入れやすいようです。

 

相手に求められているわけではなく、自己発信で助言する場合も同じです。「いつも頑張ってるね、ありがとう」という感謝から始めてみましょう。

 

そして助言に入る際も、「こうしなきゃいけない」と直接的なことを言えば、相手も批判されるように感じ、ショックを受けるはず。そこで「ちょっとだけアドバイスしていい?」というワンクッションが役に立つと安田氏は述べます。

否定するのではなく、一度認めた上でさらによりよい方法を紹介する。そうした言い方をすれば、相手も信頼を持って助言に耳を傾けてくれるようになるそうです。

関連キーワード
恋愛テクニック】の最新記事
  • 会話が少なくても成り立つ! 恋愛経験が浅い女性がすべきデート3選!
  • 恋チャンスは作れる! 男性が飲み会でドキッとする女性のしぐさ5選
  • 片思い中の女性が好きな人を初デートに誘う方法
  • それじゃダメ!男性が気付かない女性のアピール
  • 【12星座別】うお座男性の恋愛傾向と攻略テクニック
  • 男性が引くLINE |ラブホスタッフの上野さん
  • ハイスペック男子を好きになってしまった…彼を振り向かせる方法とは
  • モテる女性がしない5つのこと