「幸せだけど、いつか彼氏にふられるような気がする」

「ちょっとメールの返事がそっけなかっただけで、嫌われたか不安になる」

こんな風に、「いつか見捨てられるのでは」と考えていませんか?

 

今回は、こういった見捨てられ不安に苦しめられている方向けに、不安を解消する方法について解説していきます。

 

見捨てられ不安とは?

 

見捨てられ不安とは、特定の人に抱く、「いつか見捨てられてしまうのでは」という不安感のことです。

 

見捨てられ不安を抱いてしまう原因はいくつかあります。ひとつは、幼少期の思い出です。親から愛情を充分に感じられずに育った場合、愛情を与えてくれる人に執着してしまい、過度にその愛情を失うことを恐れがちです。

 

また、ストレスが引き金になっている場合もあります。仕事がうまくいかなかったり、経済的に苦しい状況に陥ったりした場合、「この人は自分から離れていってしまうのでは」という恐怖に苛まれる場合があります。

 

このほかにも、様々な理由が考えられます。まずは、なぜ見捨てられ不安を自分が抱いてしまうのかを考えてみましょう。原因が分かれば「彼に執着していたのではなく、自分の心の問題だった」と気がつくことができるでしょう。

 

見捨てられ不安から自由になる方法

 

次に、具体的に見捨てられ不安を解消する方法をご紹介します。

 

見捨てられ不安から自由になる方法1 試し行動をしない

 

見捨てられ不安を抱く人は、相手を責めたり、電話やメールを頻繁にしたり、「もう愛していないのか」と問い詰めたりしがちです。最悪なのは、愛されているかを試すような行動をとることです。

 

愛情を試された相手が、あなたのことをより愛するようになることはありません。ますます愛情が冷めるだけです。彼(彼女)の愛情を試す行動は自分を苦しめるだけなのでやめましょう。

 

見捨てられ不安から自由になる方法2 ひとりで没頭する時間を持つ

 

見捨てられ不安を抱く人は、相手と自分を一心同体だと考えがちです。一人ひとり違う人間であり、独立している、と認識する必要があります。

 

そのために必要なのは、相手に固執するのではなく、ひとりの時間を持つことです。ひとりで没頭できる何かをみつけ、ひとりの時間を大切にすることで、「相手は大切な人だが他人」だとしっかり認識できるようになるでしょう。

 

見捨てられ不安から自由になる方法3 自分で自分を愛する

 

見捨てられ不安を感じやすい人は、愛を失うことを恐れています。愛されない私には価値がない、と感じるならば、不確実な他人の愛ではなく、自分で自分を愛してあげましょう。

 

自分が、「愛する人」だと考えてみてください。あなたは愛する人にどういった言葉をかけてあげたいですか? 「誰かに見捨てられたとしても、私だけはずっと無条件で愛しているよ」と言ってあげましょう。そして、愛する人を扱うように、自分を慈しみましょう。

 

さいごに

 

今回は、見捨てられ不安とは何か、と不安を解消する方法をご紹介しました。

 

本当に自分のことを愛せたら、見捨てられるかもしれないという不安は消えます。ただ、自分を愛すためには日々の訓練が必要です。愛するということは努力して得られる技術なのです。

 

今来 今/ライター

 

■「彼はあなたに夢中です!」本命女性にしかしない7つのこと
■実は大好きのアピール!彼氏のわかりづらい愛情表現3つ
■彼に会えないときの不安解消法! 恋を自滅させないためにするべきこと

 

恋愛】の最新記事
  • LINEから見極める!やばい男の特徴
  • もう悩まないで「恋愛が辛い」と感じた時にやった方が良い事5選
  • 付き合う前に見抜いて!「心変わりが激しい」男性の特徴
  • 早く気付いて!男性が「君が好き」と訴える本命LINE
  • なかなか好きって言えない!「こじらせ男子」の愛情表現3選!
  • 「察して女子」は注意!男性に愛想をつかされやすい女性の特長
  • 男性から嫌われる女性の言動
  • 恋は一瞬にして訪れる!男性が恋に落ちた瞬間エピソード