30代でずっと片思いを続けていたり、彼氏と腐れ縁のような関係でなかなか結婚できずにいたり……。

 

悩むけれど「この恋が終わればもう次はない」と思うと、手放す勇気が持てません。

 

ですが、どれだけ考えようと時間をかけようと、その結果幸せになる保証はどこにもないのが事実です。

 

「次はない」のではなく、未来に希望を持つにはどうすればいいか、お話しします。

 

 

焦りは年齢からくる

 

「この人と終わったら次はない」と思ってしまう原因のひとつに、自分の年齢があります。
 
30代になると周りは次々と結婚していき、残っているのは寂しそうな独身の人ばかり、「自分はこうなりたくない」と無意識に思っているかもしれません。
 
確かに、年齢が上がるにつれ出会う確率そのものは下がるしいわゆる「いい人」はパートナーがいて当たり前、が現実かもしれませんが、それでも、「自分はこの先いい人とは出会えない」と決まっているわけではありません。
 
逆にいえば、今の恋にしがみついていることで「いい人」との出会いを見逃している可能性もあります。
 
どうして今の恋愛に必死になるのか、自分の年齢をネガティブにとらえるばかりでは、それがかえって幸せを遠ざけることになります。
 

「報われない恋愛」に時間をかけることの不毛さ

 

振り向いてくれない相手に尽くしてばかり、また不誠実で自分をぞんざいに扱う彼氏に合わせるだけ、それでも「この恋を終わらせたら次はない」と思うから別れられない。
 
実際は報われない恋愛なのに手放せずにいると、それだけ時間を無駄にします。
今の相手と一緒にいたとして、本当に幸せになれる約束はどこにもありません。
幸せな恋愛とは、何より「その人を愛する自分を慈しめる」こと。
 
苦しかったり悲しかったりの関係を続けるのは、自分を大切にしていないことと同じです。
 
「これ以上努力しても無理」と思う相手なら、潔く別れることで新しい出会いをつかむチャンスになる、と考えたいですね。
 

「諦める」のではなく「自分のための選択をする」ために

 

「諦める」と言うと、何も報われずに終わるように感じて悲しくなりますが、実際は「新しい出会いを求めること」です。
 
過去を見ると悔しかったり相手が憎かったり、ネガティブな感情ばかり湧いてきます。
 
そうではなく、過去は過去として置いておき、「これからの可能性」を考えるのが健全。
 
人を好きになれた自分、一生懸命だった自分、それをしっかりと見て、次に出会う人と幸せになるために大切にしたいもの。
 
相手を責めるのではなく、「がんばった自分」を認めてあげることを考えましょう。
 
そんな前向きな姿勢が魅力になり、人の関心を呼びます。
 
諦めるのは、「自分のための選択」です。
 
今の恋愛でもし報われないと思うなら、手放す勇気が自分を愛する一歩になります。
 

さいごに

 

「この恋が終われば次はない」という焦りは、そのまま自分を苦しめます。
 
そもそも誰のための恋愛なのか、今の相手で本当に自分は幸せになれるのか、悩むときは立ち止まって考える冷静さが重要です。
 
自分の幸せは自分で決められるものだからこそ、相手任せにするのではなくあなたの心で考えて行動することを心がけてくださいね。
 
(ひろた かおり/ライター)
 
■恋愛が面倒くさい…そんなアラサー女性の悩み克服法4選
■アラサー女子に衝撃が走る!みんなが振られた驚きの理由
■それでは嫌われちゃう!将来「愚行おばさん」にならないために大事なこと

恋愛】の最新記事
  • 九星気学|一白水星男性の恋愛傾向
  • 現実に戻れなくなる…「ドラマみたいな恋」に憧れすぎる危険性
  • 男性の「すっぴんが好き」は嘘?すっぴん好きに隠された本音5つ
  • 年の差別!2歳・5歳・10歳差を乗り越える年下彼氏との付き合い方
  • 別れたくない!彼に手放せない女性と思わせるための方法6選
  • 外見、色気……関係ない!本当にモテるのは「人たらし女子」
  • もう終わった恋なのに…男性にとって忘れられない元カノの特徴5選
  • 長く一緒にいるコツ!本音で話せる関係を築くためのポイント4選|エマちゃん