デジタルタトゥーという言葉を聞いたことはありますか?

 

デジタルタトゥーとは、ネット上で公開された個人情報や画像が、後から消すことが困難であることを、入れ墨(タトゥー)を後から消すことが難しいことに例えた比喩表現です。

 

ツイッターやフェイスブック、インスタグラムやブログなどのSNSを全く使用していないという人は現代では少数派でしょう。

 

友達との交流に利用するだけなら何の問題もないのですが、彼氏とのラブラブぶりをアピールするなど個人的すぎる情報を公開してしまうと、後から後悔することにもなりかねません。

 

今回は、デジタルタトゥーを残さないために気を付けておくべきことをご紹介します。

 

黒歴史「デジタルタトゥー」を残さないために①カップルアカウントは作らない

 

カップルで共同で運営するカップルアカウントは作らない方がいいでしょう。

 

なぜなら、いくらラブラブなカップルでも別れてしまう可能性は多分にあるからです。ふたりのラブラブ写真や、ラブラブなメッセージのやりとりなどが残っていることで、次の彼氏に嫌な思いをされてしまう可能性があります。

 

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 「ダメな恋」と「いい恋」の5つの違い
  • おうちデートで男性がチェックしているポイント7つ
  • 男性が「女子にやって欲しい」と妄想していること
  • 彼女のことが大好き♡になりやすい男性の特徴とは?
  • 好きになりすぎてついつい…。恋にハマりすぎて母性が暴走したエピソード
  • 夫や彼氏がいても「許される遊びのボーダーライン」とは?
  • 顔相で開運!幸せを引き寄せる顔のポイント
  • 【12星座別】2019年上半期前半(1月〜3月)の恋愛運