付き合うなら年上のほうがいい――。そんな女性は多いのではないでしょうか。

年上のほうが頼りがいがある、落ち着いた付き合いができる。かわいがってもらえる。ちょっといやらしい言い方をすれば、結婚するなら経済力も期待できる。

 

そうした意味で年下よりも、年上を恋愛対象としている女性は多いと思います。

でも、年上と一口にいっても、相手とどれくらい年が離れているかによって、ふたりの関係も変わってきますよね。そこで今回は、年の差別彼氏との付き合い方をご紹介します。

 

2歳差

2~3歳年上くらいの男性と付き合いたい――。希望としては、そう思っている女性が多いのでは。大体2歳くらいまでの年の差が、年齢のギャップを感じづらい境界線と言われています。

そのため、逆をいえば2歳差までは、同い年のような感覚で付き合えるかもしれません。

 

相手も「歳の差は気にしないで」と、同い年のように何でも言い合える関係を望んでいるのであれば、2歳差であればそれが可能でしょう。

ただ、正確には2歳離れているので、学校でいうところの1年生と3年生のような関係で、先輩後輩といった瞬間になることも多いように思います。

 

ですので、普段は同い年のような感覚で、年齢さを感じさせないような付き合いをしつつも、心のどこかで相手を先輩として敬う気持ちを持つことも大事です。

それほど意識するレベルではないと思いますが。頭のどこかに意識として持って置けるだけでも、付き合いは確実にうまくいきやすくなるでしょう。

 

5歳差

5~6歳くらいの年齢差から、いわゆる年の差を意識し出してくると思います。

お互いに付き合っていても、「相手とは5歳離れているから」と感じることが、身近のシーンや考え方の違いで出てくることが、ただ見られそうです。

 

そうしたときに意識したいのは、年齢差を楽しむことかもしれません。相手が年上であることで、仕事やライフワーク面で勉強させられることも多いでしょう。

5歳離れていることで、5年後の自分というのは、まだちょっと想像がしづらいかもしれませんが――。それができるのは、相手が年上であり、歳の差があるからこそ。

 

ぜひ5歳差の男性と知り合えたことに感謝できるといいですね。人生の先輩として吸収すべきことは吸収し、いい付き合いができるよう、前向きに関係を築きたいものです。

 

10歳差

10歳差というと、一回り歳が離れていることになりますよね。そうなってくると、相手もあなたのことを完全に年下であることを踏まえて、付き合うことになると思います。

人生の先輩としてはもちろん、時には親目線として、あなたに助言することもあるでしょう。

 

歳が一回り離れていると、気軽になんでも言いたいことを言える関係になるまでに、ちょっと時間がかかるかもしれませんが――。

ただ年齢差よりも意識したいのは、相手を尊重することです。

 

同じ年のように気軽に言いたいことがいえなかったり、我慢してしまうこともあるでしょう。でも、基本的に相手を尊重して付き合うということに、年上、歳の差は関係ないですよね。

その意識が持てれば、一回りの年齢差でも楽しく、付き合いができるのではないでしょうか。

 

まとめ

 

相手が年上であることで、一般的には相手が引っ張ったり、気遣ってくれることが多いと思います。そうしたなかで、関係が出来上がっていくことも多いでしょう。

 

年上との関係で、なおかつ歳の差の彼氏との関係で悩んでしまったら、ぜひ参考にしてみてくださいね。(柚木深つばさ/ライター)

 

■年の差別彼氏との付き合い方(2歳差、5歳差、10歳差)年下編
■【年の差診断】アナタと相性がいいのは年上?年下?同い年?
■年上の男性と付き合うメリット。包容力、経済力……ほかには?

 

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 12星座別|恋愛が長続きする星座ランキング
  • 「人に好かれると辛くなってしまう」原因と対処法を解説するぞ
  • 失恋から立ち直るためにすべきこと&してはいけないこと
  • 心理テスト|どのドレスが好き?選んだドレスで「好かれやすい異性」が分かる!
  • 12星座別!異性に好かれる隠れモテ要素
  • ダブルバインド彼氏から逃げるには?
  • 周りは気づいていますよ♡「彼氏ほしい!」と思っている女の子がとる行動
  • どんなつらい経験も一瞬で楽しい経験になる魔法の方法