付き合うなら年上のほうがいい――
そう望む女性は多いのではないでしょうか。

年上のほうが、頼りがいがあり、落ち着いた付き合いができる。かわいがってもらえる。ちょっといやらしい言い方をすれば、結婚するなら経済力も期待できる。

 

そうした意味で、年下よりも年上を恋愛対象としている女性は多いと思います。

でも、年上と一口にいっても、相手とどれくらい年が離れているかによって、ふたりの関係も変わってきますよね。
そこで今回は、年の差別彼氏との付き合い方をご紹介します。

 

2歳差の年上彼氏との付き合い方

 
2~3歳年上くらいの男性と付き合いたい――
希望としては、そう思っている女性が多いでしょう。
大体2歳くらいまでの年の差が、年齢のギャップを感じづらい境界線と言われています。

そのため、逆をいえば2歳差までは、同い年のような感覚で付き合えるかもしれません。

 

相手も「歳の差は気にしないで」と、同い年のようになんでも言い合える関係を望んでいるのであれば、2歳差程度なら可能でしょう。

ただ、正確には2歳離れているので、学校でいうところの1年生と3年生のような関係で、先輩後輩といった瞬間になることも多いように思います。

 

ですので、普段は同い年のような感覚で、年齢差を感じさせないような付き合いをしつつも、心のどこかで相手を先輩として敬う気持ちをもつことも大切です。

あまり意識するレベルではないと思いますが。
頭のどこかに意識としてもっておけるだけでも、付き合いは確実にうまくいくことでしょう。

 

5歳差の年上彼氏との付き合い方

 
5~6歳くらいの年齢差から、いわゆる年の差を意識し始めると思います。

お互いに付き合っていても、「相手とは5歳離れているから」と感じることが、身近のシーンや考え方の違いで出てくることが、まま見られそうです。

 

そうしたときに意識したいのは、年齢差を楽しむことかもしれません。相手が年上であることで、仕事や生活面で勉強させられることも多いでしょう。

5歳離れていることで、5年後の自分というのは普通であればちょっと想像がしづらいかもしれませんが――それができるのは、相手が年上であり、歳の差があるからこそ。

 

ぜひ5歳差の男性と知り合えたことに感謝できるといいですね。
人生の先輩として吸収すべきことは吸収し、いい付き合いができるよう、前向きに関係を築きたいものです。

 

10歳差の年上彼氏との付き合い方

 
10歳差というと、一回り近く歳が離れていることになりますよね。
そうなってくると、相手もあなたのことを完全に年下であることを踏まえて、付き合うことになると思います。

人生の先輩としてはもちろん、時には親目線として、あなたに助言することもあるでしょう。

 

歳が一回り離れていると、気軽になんでも言いたいことを言える関係になるまでに、ちょっと時間がかかるかもしれませんが――
ただ、年齢差よりも意識したいのは、相手を尊重することです。

 

同い年のように気軽に言いたいことが言えなかったり、我慢してしまったりすることもあるでしょう。
でも、基本的に相手を尊重して付き合うということに、年上、歳の差は関係ないですよね。

その意識がもてれば、10歳差という年齢差でも楽しく、付き合いができるのではないでしょうか。

 

まとめ

 

相手が年上であることで、一般的には相手が引っ張ったり、気遣ってくれたりすることが多いと思います。
そうしたなかで、彼との関係ができあがっていくことも多いでしょう。

 

年上との関係で、なおかつ歳の差の彼氏との関係で悩んでしまったら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

(柚木深つばさ/ライター)

公開日: 2018年2月23日
更新日:2019年3月27日

 

■超年上男性と恋愛はできる?
■年の差別彼氏との付き合い方(2歳差、5歳差、10歳差)年下編
■【年の差診断】アナタと相性がいいのは年上?年下?同い年?

 

恋愛】の最新記事
  • 中途半端な未練をスッキリさせて次の恋愛に進む方法
  • 浮気するダメ男の見抜き方|ラブホスタッフの上野さん
  • クリスマスまでに恋を叶えるおまじない5選
  • 恋はしたい!恋愛が向いてない人はどうすればいいのか?
  • 上質な恋愛と質の悪い恋愛の違いとは
  • 興味0から好きになってしまう瞬間
  • ライバルのスペックがめちゃくちゃ高い時どうすればいいの?
  • 自分が好きな男性、自分の事が好きな男性、幸せになれるのはどちら