恋愛とは本来、楽しく心おどるものです。ですがなかには、恋愛をしていても幸せを感じるのは一瞬で、辛い思いをする期間の方がはるかに長い、と言う人もいます。今回は、楽しいはずの恋愛を辛いものだと感じてしまう5つの理由について解説していきます。

 

楽しいはずの恋愛を「辛い」と感じてしまう理由1 彼を自分と同一視している

 

恋愛が辛いと感じてしまう理由のひとつに、好きな人を自分と同一視してしまっている、という理由が挙げられます。

 

本来、好きな人は他人ですから、自分の思い通りに動いてくれないのは当たり前のことです。ですが、まるで好きな人を自分のものであるかのように感じてしまっている場合、「彼は私のことをもっと大切にすべきなのに」などという理不尽な怒りや悲しみに支配されるようになるのです。

 

楽しいはずの恋愛を「辛い」と感じてしまう理由2 彼に愛情を搾取されている

 

彼のことを愛していて、尽くしているのに、彼からは何も見返りがない、と言う場合、辛さを感じてしまいがちです。

 

人間には様々なタイプの人がいます。他人からの愛情を搾取しても何も良心の呵責を感じないサイコパスも少なくありません。サイコパスは総じて魅力的な人ですから、夢中になってしまい、利用されてしまう場合もあります。

 

このように、好きになる相手の選択ミスをしたために辛い恋愛に身を投じてしまうというケースもあります。

 

楽しいはずの恋愛を「辛い」と感じてしまう理由3 二番手に甘んじる

 

彼女持ちの男性の二番手になったり、既婚者の不倫相手になったりした場合、辛さを感じてしまうことがよくあります。

 

「好きだから二番目でも一緒にいたい」「奥さんに愛情はないと言っているし、本当に愛されているのは私」と自分を鼓舞したところで、彼に対する独占欲を完全に捨てられない限り、辛い気持ちは残ります。

 

楽しいはずの恋愛を「辛い」と感じてしまう理由4 愛しているのではなく執着している

 

彼のことをただ愛しているだけであれば辛い気持ちにはなりません。

 

愛しているのではなく、執着している場合は、辛さを感じるでしょう。「好きすぎて辛い」という場合は、「好きな彼から見返りがなくて辛い」だけであり、「無償の愛」というレベルには達していないということです。

 

楽しいはずの恋愛を「辛い」と感じてしまう理由5 実は辛い恋愛が好き

辛い恋愛ばかり繰り返す人に多いのは、辛い辛いといいながらも、実は辛い恋愛が好き、というパターンです。

 

辛い恋愛パターンに慣れ親しんでいるため、平穏な恋愛がつまらなく感じてしまい、刺激的だったり、障害があったりする辛い恋を自ら選んでいるのです。

 

さいごに

 

今回は、恋愛を辛いと感じてしまう5つの理由について解説してきました。

 

恋愛が辛いと感じている方は、「なぜ辛い恋愛をしてしまうのか」をまずは考える必要があるでしょう。辛いとはいえ、それはあなた自身が選んだ道なのです。

 

なぜその道を選ぶ必要があったのか、自分に問いかければ、自ずと答えは出ます。理由を知ることが辛い恋愛を終わらせるための第一歩なのです。

 

今来 今/ライター

■なぜかダメ男を好きになってしまう……不幸な恋をしがちな女性の特徴3つ
■片思い占い|苦しい恋……この恋があなたに与えるものとは?
■恋煩いで苦しい…どうやって解消する?

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 男性が考える安心感の定義
  • ラブラブっぷりがあだに…半永久的に残る黒歴史「デジタルタトゥー」
  • 【12星座別】あなたは異性からどんな風に見られている?
  • 控えめだけどとても優しい!二黒土星男性の恋愛傾向と攻略テクニック
  • 男と女のプライドがぶつかった時、折り合いをつける方法
  • 純粋な男性の特徴
  • 【12星座別】彼氏にするなら、○歳差の異性が相性ピッタリ!
  • 「幸せそうだな……」男性が彼女をほしがる瞬間ベスト5