付き合うなら年上がいい――。そんな女性は多いのでは?

でも、あまりに自分よりも歳が離れているのもイヤ。そんな女性も多いでしょう。

 

年上男性からのアプローチは、果たしてどこまでなら恋愛対象になるのでしょうか。

 

今回は、自分のタイプを知るための、許容範囲の年上男性について考察してみたいと思います。

 

見た目が若い

 

人によって、恋愛対象になる年齢は違うと思います。

一回り上な男性はイヤな人もいれば、一回り年上のほうが好き。

そんな女性もいるでしょう。

 

そこでまずは、自分の「恋愛対象になる年齢」を考えられるといいかもしれません。

一般的にジェネレーションギャップを感じるのは、三歳以上からといわれます。

 

自分が甘えん坊で、男性には頼りたい。

そんな女性なら、ある程度、歳は離れていても気になりづらいでしょう。

 

さらに問題になりやすいのは、「見た目の若さ」でしょうか。

見た目が若ければ、たとえ実年齢が一回り離れていても、気になりづらい女性も多いのでは。

 

イケメン好きな女性なら、なるべく見た目はカッコいい人がいい――。

それが本音な女性もいるでしょう。

 

でも、どんなに見た目が若くても、年齢が離れ過ぎていると、自分と考え方や価値観が一致しづらい可能性もあります。

 

「見た目と人となり――」自分がどこまでなら許容範囲なのか。

そのバランスをちょっと考えられるといいのかもしれませんね。

 

自然体でいられる

 

年齢が上がっていくほど、付き合う相手には「生涯を共にするパートナー」の役割を求めたくなるのでは。

 

となると、性格やタイプが合っている人のほうが、関係は長続きしやすく、居心地のいい付き合いができそうです。

 

しかし、そうした相手は、いそうでなかなかいないのが現実です。

年齢を重ねるほど、ひとりで過ごしていたほうが楽。そんな女性も多いのでは?

 

逆にいえば、一緒にて気を遣うことが少なく、気軽な付き合いができる相手の存在は、貴重といえるのでは?

 

もし、そんな相手と出会ったのなら、たとえ見た目がおじさんでも、許容範囲に思えるのではないでしょうか。

 

自分がどんな付き合いを臨んでいるのか――。

自分の気持ちを客観視したうえで、相手にのぞむことを考えられるといいのかもしれません。

 

社会的地位が高い

 

ほかにも、仕事柄や役職、年収や貯蓄など。

社会的な目で頼りがいを感じる男性は、恋愛対象になりやすい女性も多いのでは。

 

相手との結婚を考えているのであれば、お金の問題は避けられないことです。

社会的地位が気になる女性なら、相手の年齢をかき消すほど、大きな魅力になりそうですね。

 

おわりに

 

人それぞれ重視するポイントは違うと思います。

自分が男性に何を臨んでいるのかによって、許容範囲も変わってくるでしょう。

 

いい人が見つかりづらい女性は、ぜひ自分のタイプを客観視するきっかけにしてみてください。

 

(柚木深つばさ/ライター)

 

■超年上男性と恋愛はできる?
■年の差別彼氏との付き合い方(2歳差、5歳差、10歳差)年上編
■年の差別恋愛感情表現

 

恋愛】の最新記事
  • 「コレって運命?」男性が運命を感じる瞬間
  • 男性が女性の「性格に惚れる」瞬間3選
  • LINEから見極める!やばい男の特徴
  • もう悩まないで「恋愛が辛い」と感じた時にやった方が良い事5選
  • 付き合う前に見抜いて!「心変わりが激しい」男性の特徴
  • 早く気付いて!男性が「君が好き」と訴える本命LINE
  • なかなか好きって言えない!「こじらせ男子」の愛情表現3選!
  • 「察して女子」は注意!男性に愛想をつかされやすい女性の特長