お気に入り

 

やっぱり告白は男性のほうからしてもらいたいと考える女性が多いでしょう。

 

ただ、場合によっては、女性のほうから告白をしてしまったほうが、すんなりお付き合いがスタートすることもあるもの。

 

そこで今回は、女性から「告白」をしちゃったほうがいいときについて紹介します。

 

 

1.相手が「慎重すぎる」とき

 

「なかなか関係性が進んでいかないときには、もうこっちから告白しちゃいます。ふたりともジッとしてたら、どうにもならないですからね」(30代・女性・歯科衛生士)
 
好きな女性に思いを告げるときには、もちろんフラれたくないので、男性はどうしたって慎重になるもの。
 
とはいえ、あまりにも慎重すぎるときには、もう女性のほうから動いてしまったほうがいいかもしれません。
 
時間ばかりが経ってしまうと、変にタイミングを逃すことにもなりかねないので、待ちすぎるのだけは避けてくださいね。
 

2.「ライバル」が現れたとき

 

「気になっている男性にやたらと近づく女性が出てきたら、先に手を打とうという気持ちにはなります。じゃないと、こっちが先手を取られてしまう場合もあるので……」(20代・女性・販売)
 
ライバルとなるような女性が現れた際には、ちょっと意識を変えた方がいいでしょう。
 
もしかしたらその女性に好きな男性を奪われてしまう危険性もあるので、常に状況はきちんと見極めておくべき。
 
場合によっては、早めに告白をしないと後悔することにもなりかねないので、楽観視はしてはいけませんよ。
 

3.「ふたりでいる」ことが増えたとき

 

「2人きりでいるのがしっくりくるようになったら、思いを告げてしまってもいいかなって。もう恋人みたいな感じだしなって思ったりもします」(20代・女性・出版)
 
ふたりで過ごす時間が増えるのは、お互いに居心地の良さを感じているからでしょう。
 
ふたりでいることが楽しくて、ふたりでいることが当たり前のようにも思えてきたら、告白してもいいタイミングかも。
 
男性からも2人きりになる時間を作ろうとしてくれていると感じたのなら、そのまま恋人になれる可能性もかなり高いですよ。
 

4.「両想い」が確信できたとき

 

「絶対にお互いに好きなのに、曖昧な状態でいるのは我慢できないですね。だったら、こっちから告白をして、ちゃんと恋人になりたいです」(20代・女性・アパレル)
 
相手の強い好意が感じられたら、「もうこれは両想いだろうな」と思えるかもしれません。
 
その両想いっぽい状態は、ドキドキ感と満たされた感じなどが相まって、すごく楽しい瞬間でもあるでしょう。
 
ただ、そこで無駄に時間を経過させすぎるのはあまり得策ではないので、両想いの確信度が高いのなら思いきって告白をしてしまうのもアリですよ。
 

さいごに

 

ずっと待っているだけでは、なかなか関係性は変わらないかもしれません。
 
それどころか、うまくいかなくなってしまうケースもあるので、状況を見て女性から告白をするのもひとつの方法ですよ。
 
(山田周平/ライター)
 
■【2022年下半期の総合運】この先何が起こる?!これから半年間のあなたの運勢
■【2022年下半期の金運】収入はアップする?これから半年間のあなたのお財布事情
■【2022年下半期の恋愛運】両思いの二人に待ち受ける恋の運命
■告白してほしいとき彼の背中をさり気なく押す4つの方法
■意中の相手をゲット!告白を成功させる最高のタイミング&セリフ5選
■12星座別|6月の告白をするのにベストな日

お気に入り
片思い】の最新記事
  • 待っていても無理!女性から「告白」をしちゃったほうがいいとき4選
  • 気になる男性に対して迷惑にならない「LINE頻度」とは?
  • 気になる彼からデートに誘ってもらうためのLINEテクニック
  • なんか怖くなってきた……男性がどんどん引いていく「重いLINE」
  • 心を鷲づかみ!「年下男性」から好かれる女性の共通点
  • 【年下男子を落とすコツ!】年上女性が安全に恋をする秘訣4つ
  • 片思い中の彼の好きな女性のタイプを知る方法
  • 【決定版】100%的中!? 男性が好きな人だけに示す脈アリサイン