5日はやぎ座満月、それも月食です。やぎ座には木星・土星・冥王星といった影響力の強い星たちが滞在して、天王星や火星のエネルギーも流れ込むため、ただの満月では終わらないでしょう。
 
ハッとさせられるような気づきや深い納得があったり、次のステージを目指す意欲が湧いたりして、恋愛や仕事に動きが出てくるはず。
そんな7/5~7/11の運勢を12星座別に詳しく見ていきます。
 

 

おひつじ座(牡羊座)3月21日~4月19日生まれ

 

牡羊座
 

5日の満月は、仕事の「これまでとこれから」を確認するタイミング。
まずは、2020年上半期にできなかったことや中途半端に保留されていること、できる範囲内で進められてきたことを整理しましょう。
そして、スケジュールを組み直して再挑戦するとか、サービス内容や商品企画そのものを変えて提案するなど今後の目標を立ててみてください。
 
また、働き方改革を進める人も少なくないはず。テレワークやフレックスタイム制が定着するなら、仕事だけでなく、ライフスタイルもあわせて変えることになりそうです。
何にしても、2020年下半期を決める大事なタイミングになるでしょう。
 
ただ、そんな時期なのでプライベートと仕事のバランスが取りづらくなるはず。
恋愛は後回しになりやすく、好きな人との関係がギクシャクしたり、アプリでマッチングできてもデートまでこぎつけなかったりするかもしれません。
あるいは、家の中を丁寧に片付ける余裕がなく、いつも散らかっているとか。
 
恋人がいるなら、会えなくてもLINEで甘い言葉を送るなど、デキる範囲で工夫するといいでしょう。
丁寧に掃除できず家の居心地が悪くなる場合は、余計なものを処分してシンプルライフを目指すと良さそうです。
 

おうし座(牡牛座)4月20日~5月20日生まれ

 

雄牛座
 

満月が起こる5日前後は自信がつく良い時期です。
新型コロナウイルスの影響で断念したこと、先送りしたものについては3密リスクを避ける形なら、もう一度チャレンジしてみるといいでしょう。「今だからこそうまくいく」とか、「春に無理をしないで良かった」などと思えるかもしれません。
 
また、何かあれば一人で考えるのではなく、友人や同僚に相談してみると良さそう。
自己投資や資格取得、仕事に生かせる勉強はのちに大きな武器になるはずです。
 
仕事は通常運転が淡々と続くようです。
コロナ禍で思うように仕事ができなかった人は、普通に働けることが幸せに思うかもしれません。何でもない毎日を繰り返すことで新しい発見もありそうです。
春からずっと厳しい状況に置かれていた場合、やっと苦しさから抜け出せるはず。これまでの試行錯誤や孤軍奮闘が、気づけばしっかりと結果に結びついていると感じるでしょう。
 
恋愛運はダウン。自分からアクションを起こさないと何もない一週間になるかも。
好きな人がいるなら、マメにLINEして会う約束を取り付けるとか、フリーの人はマッチングアプリで「いいね」を送るなどきっかけ作りを積極的に。
 
ただ、言葉遣いには気を付けて。言いたいことが歪んで伝わったり、相手を困惑させたりするかもしれません。
交際中の人は彼氏との間にマンネリムードが漂いそう。いつもとは違うデートを提案してみては?
 

ふたご座(双子座)5月21日~6月21日生まれ

 

双子座
 

満月が起こる5日前後は、潜在意識を書き換えるような気づきがありそう。
きっかけは同僚や友人の何気ない一言、あるいは家族から譲り受ける品物や新しい仕事の依頼など。一見するとありふれたものに感じても、実は深い意味のある“ギフト”を受け取ることになるはずです。
 
「変わらなくちゃ」「新しいやり方を考えよう」「これからの私の人生とは?」そんなことを考え始めるタイミングになるでしょう。
 
恋愛は人気運がアップ中。男性からの注目度が上がるので、意外な人からアプローチされるかもしれません。フリーの人はマッチングアプリで『いいね』をたくさんもらい、デートのスケジューリングに困ってしまいそう。
 
ただ、中には興味のない人からのお誘いもあるはず。変に期待を持たせるとお互いにつらくなるので、「ナシ」と思ったらハッキリお断りしましょう。
友だちからの紹介も、自分がナシと思ったらお断りするべき。上司や先輩など、いざという時にノーが言いづらい人からはそもそも紹介を受けない方がいいのかも。
 
仕事運は順調。
今週は自分から求めるより、与えられる業務にチャンスがあります。選り好みしないで、まずは取り組んでみるといいでしょう。
 

かに座(蟹座)6月22日~7月22日生まれ

 

蟹座
 

満月が起こる5日以降、パートナーシップについて考えましょう。好きな人がいるなら関係を進展させるのに良いタイミングですし、フリーの人は周囲との関わり方を変えることで恋が始まるかもしれません。
 
今回の満月は恋のお相手だけでなく、仕事のパートナーも引き寄せてくれます。
普段は気軽に話すこともない先輩と組んだり、少し遠い存在に思える人が協力者となったりする可能性が。SNSのフォロワーが仕事でサポートしてくれるという展開もありそう。
 
仕事運はテンション高めを維持しています。これは今週に限らず、2020年下半期ずっと続く傾向なので息切れしないように気をつけて。
複数の案件を任されて身動きが取れなくなるとか、納期が短すぎる依頼が続いてしまう場合は、一人きりで抱え込まず周囲に相談しましょう。
 
恋愛は安定した関係を築くのに良い時期を迎えます。
好きな人がいるなら誠実なアプローチが一番。フリーの人は見た目や肩書ではなく、人間性を重視して相手選びをしましょう。
 
交際中の人は、何となくでも結婚を意識し始めるかもしれません。「ゆくゆくは彼と……」とすでに考えている人は、うまく話を持っていって結婚までの足がかりをつけて。
ただし焦りは禁物。強引に迫ると、かえって彼が引いてしまうので気をつけましょう。

しし座(獅子座)7月23日~8月22日生まれ

 

獅子座
 

5日の満月は日常を見直す良いタイミングです。
新型コロナウイルスの影響で働き方が変わった場合、ライフスタイルも変える必要があるでしょう。慣れた生活を変えるのは簡単じゃないかもしれませんが、ここで整える習慣は少なくとも年末まで続くはず。しっかりと根付いていきそうです。
 
また、職場の環境を変えるにも良い時期なので、古いルールの廃止やマニュアルの作り直しが必要ならどんどん進めて。
やりづらいと感じる部分は、自分なりの改善案と一緒に上司へ進言すると採用されやすいでしょう。
 
仕事運は、細部を整えることで大枠が固まってくる感じ。
仕事の全体像が見えにくい時は特に、目の前の業務をひとつひとつ丁寧にこなしていくと良さそうです。「自分はどこに向かっているんだろう?」と思ったら熟考が大切ですし、「何をもっとも重視するべき?」と感じたら小さなことからコツコツと積み上げていきましょう。
 
そんな感じで色々と気になってしまい、恋愛は後回しになるかも。
好きな人が気になるのに集中しづらい日々が続きそうです。
 
ただ、好きな人との間に壁を感じていたならそれがなくなるように感じたり、ずっと努力を続けていた人はやっと報われたりするはず。
春からコツコツ頑張り続けていた人は、視界が一気にひらけるような瞬間があるでしょう。忙しいからと恋を後回しにすると後悔する可能性もあるので、バランスを大切に。
 

おとめ座(乙女座)8月23日~9月22日生まれ

 

乙女座
 

5日の満月の頃、恋の努力が報われるようです。一気に先の見通しが立ってくるはず。
一方で、今まであまり頑張れなかった人はこれからの課題が見えてくるので、これからの対策を立てて。「この夏をどうしよう?」ではなく、「クリスマスまでに絶対決める」と長いスパンで計画すると良さそうです。

恋愛運は好調で、おとめ座らしい堅実な進展が期待できるでしょう。
月曜日は「おっ!」と思える展開を作れるかもしれないので、仕事が忙しくても気を抜かないように。
お節介な友人のアドバイスにモヤモヤしたり、恋愛以外の人間関係に振り回されたりしているなら、じきに気がラクになるのでもう少しの我慢。12日をすぎるとスッキリできるはずです。

仕事は面倒なことが取り除かれていきそう。
動きづらかったルールが改善されるとか、口うるさいお局様がいなくなるなど気分が軽くなるでしょう。また、心労が減れば発想力が豊かになり、面白いアイデアが浮かんでくる可能性も。

「良いこと思いついた」とひらめいたら自分の頭の中だけにしまっておかず、上司や同僚に話してみてください。同調してくれる味方ができると新案件として成立するかもしれません。
 

てんびん座(天秤座)9月23日~10月23日生まれ

 

天秤座
 

満月が起こる5日以降、家の中を整理して居心地の良い場所に整えましょう。
働き方改革が進んで家にいる時間が長くなっているなら特に、小さな違和感も取り除くことが大事。
 
また、未だに外出デートがままならない状況ですから、家の中を整えておくとおうちデートがしやすくなります。交際中の人はおうちデートを重ねることで、恋人が結婚を意識し始めるかもしれません。
すでに今の恋人との結婚を考えている場合、年末までを見越して足並みを揃えていきましょう。お互いの家を行き来することは、より確かな絆をはぐくむきっかけになるはずです。
 
とはいえ、今週は恋と仕事のバランスが取りづらい一週間。
デートの約束をしていたのに急な残業が入ったり、仕事のイライラを好きな人にぶつけてしまったりするかも。どうにもならないことにこだわっても仕方ないので、大らかな対応を心がけて。
 
仕事については、この一週間「見直し」や「振り返り」がカギになります。
周囲のアドバイスには耳を傾けて。初めは見当違いに感じても、よくよく聞けば納得できる忠告かもしれません。
新しいことや大胆な方向転換などをするなら13日以降がいいでしょう。
 

さそり座(蠍座)10月24日~11月21日生まれ

 

蠍座
 

伝えたいことがある人は、満月が起こる5日以降に話すと良さそうです。話がどう展開するとしても、最終的には納得できる答えにたどり着くはず。
 
好きな人との関係を変えたい人は、具体的にどう変えたいのか、変えるために自分はどう動くのかを考えて。
交際中の人は特に、彼氏の気になるところは見て見ぬふりをしないこと。キチンと話し合いをした方がいいでしょう。
 
フリーの人は、仕事や趣味ですでにつながりがある男性が彼氏候補に浮上してくるかも。
また、初対面の人に対しては真面目で堅めなアプローチが恋につながります。
婚活をしているなら特に、ノリの良さより誠実さをアピールするとお相手が見つかりやすいでしょう。
 
仕事は気が合う先輩や上司のアドバイスに助けられたり、お得意様からうれしい依頼を受けたりしそうです。
遠くを見すぎて高望みをしても、今は行き詰まるだけでうまくいかないはず。この一週間はすでにある仕事に専念して、馴染みのある人を大切にするといいでしょう。
 
あまり親しくない人の副業のお誘いや、一見(いちげん)のお客さんが提案するオイシイ契約には要注意。裏があるのかも。
 

いて座(射手座)11月22日~12月21日生まれ

 

射手座
 

満月が起こる5日以降、自分のお金を管理することを考えてみましょう。
いて座はそもそもお金にあまり執着しないところがありますが、2020年下半期は金銭感覚を変えることが大事。
 
あればあるだけ使っていた人は、お金の遣い方を根本的に変えるといいかもしれません。
結婚を考えていたり、すでに家庭を持っていたりするなら、将来のためにまとまったお金を作ることを考えて。
 
恋愛運は好調。ソーシャルディスタンスは守りながらも、攻めるべきタイミングでは大胆に迫って。
ノリ良く甘い雰囲気が作れたらトントン拍子に仲良くなれたり、今までにない大切な約束を交わせたりするかもしれません。
 
ただ、第三者に邪魔されることがしばしばありそう。友人が余計な世話を焼いてきたら、上手にスルーして邪魔されないようにしましょう。
 
仕事運は、目の前の業務に集中すると良い感じ。先の見通しが見えなくても、今はまだ焦らなくて大丈夫。やらなければいけないことを丁寧、かつ確実にこなすことが大切です。
5日前後に持ち込まれる新しい仕事については、「やりたい」より「やっておいた方が得をする」という感覚で判断を。

 

やぎ座(山羊座))12月22日~1月19日生まれ

 

山羊座
 

5日の満月を迎えて、視界がひらけるように感じるかもしれません。
しばらく苦悩が続いていた人ほど気持ちがスッキリするはず。価値観が変わったり、仕事や恋愛に大胆なアプローチができたりするでしょう。
 
特に恋愛では発想をガラッと転換できるので、新しい一歩を踏み出すつもりでがんばって。
前はこのやり方でうまくいったとか、自分にとってのモテファッションの定番などはいったん忘れた方がいいかも。今までにこだわらないようにしましょう。
 
ただ、交際中の人は12日まですれ違いが起きやすいので気をつけて。
「コレが正しいに決まっている」と思い込みすぎると、恋人の意見を無視してしまうかもしれません。
 
仕事運は、自分のノリで進められる部分が多くなりそうです。
今までは自由に意見が言えず、遠慮していたところがあったとしても、今週からはどんどん発言するといいでしょう。考えを述べることで停滞していた案件が動き出すかもしれませんし、混乱していた状況が整理される可能性も。
 
また、年末まではガツガツするくらいがちょうど良く、チャンスもつかみやすいはず。
2020年下半期の仕事計画を立てるには良いタイミングです。
 

みずがめ座(水瓶座)1月20日~2月18日生まれ

 

水瓶座
 

満月が起こる5日頃、確かに何かが決定するのですが、あなた自身はまだハッキリと認識できないかもしれません。
本人不在のところで「お願いしよう」「メンバーに加えたい」と判断されていたり、今はまだ確信できていなくても潜在意識では固まった決意があったりするでしょう。
 
春からしばらくの間、何かと我慢が続いていたなら、自分を縛り付けていたものがなくなると感じるはず。「もう自由にしていいんだよ」と、自らに許可を出すような場面がありそうです。
 
恋のラッキーデーは7日。積極的に話すことで進展が期待できるでしょう。
好きな人がいるなら受け身にならず、自分から声をかけることが大切です。
 
フリーの人は、趣味のグループやオンラインサロン、SNSに出会いがあるかも。マッチングアプリで漠然と相手探しをするよりは、共通点がすでにあるコミュニティーに注目した方が恋人候補を見つけやすいでしょう。
 
仕事運はこの一週間が踏ん張りどころ。12日からはスッキリとスムーズな流れが生まれてくるので、思いどおりにならないとしてもあと少しの我慢です。
とはいえ、投げやりになって指示待ち人間になる必要はありません。主体的に動くことで「これは意外に面白いな」という新しい発見があるでしょう。
 

うお座(魚座)2月19日~3月20日生まれ

 

魚座
 

満月が起こる5日以降、自分にとって必要なものとそうでないものの取捨選択ができるでしょう。
人間関係や恋愛では特に、潔い決断ができるはず。「こうしなくちゃいけない!」と無理やり決めさせられるのではなく、「自分にはこの人が必要。理由はこうだから」と根拠に基づいて納得できるようです。
 
恋愛運は決して悪くないのですが、絶好調というにはイマイチな部分が残っています。
油断しないで、何をするにも慎重に動いた方が良さそうです。12日をすぎると、詰まりが取れたように関係が動き出したり、気になる異性が現れたりするはず。
 
そんな中でも、9日と10日は自分が思うとおりに動ける日です。
ちょっとした会話が好きな人の心を揺さぶり、初対面でも好感を与えるでしょう。待ちに徹するのではなく、自分から行動を起こしてみてください。
 
仕事については、杞憂がなくなりのびのびと動ける時期に入っています。
信頼できるチームが整うなど、人の環境も良くなっているので孤軍奮闘するより周囲を頼って。不得意なことは自分より上手くできる人にお願いするのが良いし、情報はみんなで共有しておいた方が得をします。
 
また、今月の後半に入ると、自分が中心になって動く案件が出てくるとか、周囲から頼られるといった流れが生まれそう。担当業務は遅延なく進めておいた方が安心。いざという時にフットワーク良く動けるはずです。
 
(沙木貴咲/占い師)
(itabamoe/イラストレーター)
 
■来週の運勢|7/6(月)~7/12(日) 12星座で占う恋愛運 - 星が紡ぐ成長前の試練
■【12星座別】2020年下半期の星の動きと、各星座の運勢
■【今週の運勢】7/6(月)~7/12(日) ステラ薫子の12星座・タロット占い 水星逆行に注意

  • 【12星座別 8/16~8/22の運勢】火の星座が心に炎をともす時
  • 【今週の運勢】8/10(月)~16(日) 心を整える夏休み|ステラ薫子の12星座・タロット占い
  • 【12星座別 8/9~8/15の運勢】動きづらいお盆休みをどう過ごす?
  • 【今週の運勢】8/3(月)~9(日) 水瓶座満月による大変革|ステラ薫子の12星座・タロット占い
  • 【12星座別 8/2~8/8の運勢】満月が心を揺さぶり気づきを与える
  • 【今週の運勢】7/27(月)~8/2(日)ステラ薫子の12星座・タロット占い 心の整理期間
  • 【12星座別 7/26~8/1の運勢】うまくいかない時は焦らないこと
  • 【今週の運勢】7/20(月)~7/26(日)ステラ薫子の12星座・タロット占い 蟹座新月による「気付きと変化」