水星が14日(金曜)から逆行を始めて2月4日まで後ろを向き続けます。

 

水星逆行は日常生活に動揺をもたらすので予定が崩れたり、戸惑ったりするかもしれません。

 

一方で、恋や仕事を見直すには良い時期になります。気になることはじっくり振り返るといいでしょう。

 

そんな1/9~1/15の恋愛運・仕事運を星座別に見ていきます。

 

 

おひつじ座(牡羊座)3月21日~4月19日生まれ

 

牡羊座
 

恋愛運は具体性に欠ける週です。「こうなったらいいな」と頭の中で理想を思い描く一方、地に足がつかない妄想がふくらんでしまいそう。
 
好きな人がいる人も、恋活・婚活をしている人も、この一週間は進展スピードがゆっくりになるはずです。
 
恋に限らず、物事をサクサク進めたいおひつじ座にとっては、じれったく感じるかもしれませんが、「こういう時もあっていい」とゆったり構えるといいでしょう。
 
理想の恋の形がいまいちハッキリしなかった人は、ここで具体的な恋人像や関係性が見えてきそうです。
 
仕事では周囲からの評価やすでに達成したことを踏まえて、今までとは違う方向性のアピールをするといいでしょう。
 
今週はまだ“考え中”でも構いません。固定観念を取り払い、自由に既存の枠を飛び越えるつもりで自由な発想を大切に。
 
14日からの水星逆行では人間関係に注目。誰とつながるのが適切なのか、自分の味方は誰なのかを慎重に見極めましょう。
 
見定めるまで少し時間がかかるとしても、信頼できる人を正しく選んで。
 
人間関係を整理したいなら、自分に必要な人を見直す良い時期になります。
 

おうし座(牡牛座)4月20日~5月20日生まれ

 

牡牛座
 

恋愛では自分が何を求めているのか、ぼんやりするかもしれません。
 
フリーの人はマッチングアプリや結婚相談所でたくさんの人を検索するうち、「どの人を選べばいいかわからない」「譲れない条件は何だったっけ?」と迷ってしまいそうです。
 
幅広く可能性を模索するのは良いですが、ブレてはいけない軸はしっかり守っておきましょう。
 
また、アプローチはいつもと違うやり方を試すといいかもしれません。自分とはタイプが違う人の真似したり、恋をいつもとは違う角度からとらえたりすると新しい発見があるはず。
 
友人が見当はずれのアドバイスをしても、最後まで聞いてみると「なるほど」と思えるようです。
 
仕事運は14日からの水星逆行の影響を受けます。
 
順調に進展していた案件が急に進まなくなるとか、すでに動き出したプロジェクトが方向転換するなど、ブレーキがかかる場面がありそうです。
 
保留や変更の連絡があったら慎重な対応を心がけて。
 
一方で、空中分裂したような仕事はじっくり見直して復活の可能性を探りましょう。やり直しや企画の練り直しをするにも良いタイミングです。
 

ふたご座(双子座)5月21日~6月21日生まれ

 

双子座
 

ふたご座の守護星である水星が14日から逆行を始めます。
 
いつもなら気軽に「やってみよう」と思えることに二の足を踏んだり、SNSやデジタルデバイスを億劫に感じたりしそうです。
 
もし自信が揺らいでフットワークが重くなっても、「動かなきゃ」と自分で自分の尻を叩く必要はありません。
 
今はそういう時期と割り切ってスローペースに身を任せるといいでしょう。
 
恋愛運はまだまだ活発。フリーの人は自分とは違う価値観を持つ人に注目すると意外な魅力を発見しそうです。
 
好きな人がいるなら一方的なアピールをするのではなく、相手に歩み寄ることで心の距離がいっそう縮まるはず。
 
片思い中の人は自分が話すより聞き役に回ったほうがいいかもしれません。
 
仕事運は上々。自分の活躍を枠で区切らず、「この程度やれたらいいだろう」と制限を設けることもしないように。
 
もらえるチャンスは受け取って、自分の可能性を無限大に広げておきましょう。
 
誰かが思いがけず評価してくれるかもしれませんし、これまでの頑張りを踏まえて「あなたにこれを頼みたい」とうれしい依頼をもらうかもしれません。
 

かに座(蟹座)6月22日~7月22日生まれ

 

蟹座
 

恋愛と仕事のバランスをうまく取りましょう。
 
職場ではやらなければいけないことが多く、とにかく量をさばいて忙しくなるかもしれません。
 
スピード感や効率の良さを心がけてキビキビ動くと良さそうです。
 
恋愛運は主体的に。受け身にならず、自分がどうしたいのかをしっかりアピールしていきましょう。
 
フリーの人はピンポイントで出会いを求めるより、場数を踏んで出会いの母数を増やすことを大切に。
 
好きな人がいるなら一緒に行動する機会を作ると良さそう。二人で過ごす時間を増やせば心の距離がいっそう縮まるはずです。
 
また、今週は自分が思う以上に恵まれたシチュエーションが整うようです。いつどんなチャンスが舞い込んでもいいように身だしなみには気をつけて。
 
14日からの水星逆行は、周囲の人の「良かれと思っての親切」に影響をもたらすようです。
 
たとえば、友人や同僚があなたを助けるつもりでアドバイスをくれるのに、内容がことごとく的外れとか。
 
ちょっとしたお節介がありそうですが、それはあなたの情報が周囲に間違って伝わることが原因でしょう。
 
誰かに助けてほしいときは必要なヘルプを具体的にアピールすることが大切です。「こんな私を見て察して」「早く誰か助けて」と焦っても、周りはイマイチ状況を汲めないかも。
 

しし座(獅子座)7月23日~8月22日生まれ

 

獅子座
 

恋愛運は良い感じに盛り上がっていますが、焦れば「今はまだ越えてはいけない境界線」を侵すかもしれません。
 
知り合ったばかりの相手には段階を踏んでアプローチしたほうがいいですし、顔見知りを好きな場合もいきなり関係性を変えることはしないように。
 
相手の反応を見ながら慎重に距離を縮めるとスムーズな進展がかなうはずです。
 
また、14日からの水星逆行は大切な人との関係性を良くも悪くもまったりさせます。
 
恋人や片思いの相手に対しては、誠実に向き合おうとすると言葉を選びすぎてLINEがモタついたり、判断が遅くなったりするかもしれません。
 
交際中であれば、「わからないから決めてほしい」「どうすればいい?」と正直に言ったほうがコミュニケーションは円滑なはずです。
 
好きな人との関係が停滞している場合は無理に進展を望むより、ゼロから見直してアプローチし直すくらいの気持ちになったほうがいいでしょう。
 
仕事でも大事な取引先・気を遣う上司にはハッキリしない態度を取りがちに。
 
「間違いがあってはいけない」と慎重になることは大事ですが、想定できる質問や要望は事前に準備しておくと安心です。
 

おとめ座(乙女座)8月23日~9月22日生まれ

 

乙女座
 

14日から逆行する水星はおとめ座の守護星です。いつもの調子が出ないと感じるかもしれませんが、特に職場ではいろんな意味でモタついてしまいそう。
 
上司や取引先から急な方向転換を指示されて戸惑ったり、うっかりミスで二度手間になったりするかもしれません。
 
この一週間だけでなく、今月下旬まではフットワークを軽く、小さなこともダブルチェックして間違いがないように心がけましょう。
 
また、お正月の食べすぎ飲みすぎで体調を崩している人や、風邪っぽい人はあまり無理をしないように。
 
身体の不調には敏感になって、具合が悪ければ早めに休んで治すといいでしょう。
 
恋愛運は好調。相手を気遣うのも大事ですが、自分の気持ちを優先して動くと進展のきっかけがつかめるはずです。
 
「いきなり話しかけると失礼かな」「私から誘っていいんだろうか?」と迷うときは、考えるより先に行動するといいでしょう。
 
気になる相手と今より仲良くなるには、自分から一歩踏み出すことが大切です。
 
フリーの人は自分が主役になれる場所でピンと来る出会いがありそう。得意分野を語るオンライントークや趣味の集まりでは持ち前の魅力が際立つでしょう。
 
好きな人がいるなら小さな幸せを大切に。笑顔と感謝を心がけてください。
 

てんびん座(天秤座)9月23日~10月23日生まれ

 

天秤座
 

14日からの水星逆行は恋愛に影響をもたらしそうです。大切な約束や話し合いをするなら、週末を迎える前に済ませるといいかもしれません。
 
また、「こうしなくちゃいけない」という思い込みは手放して、余計なお節介はうまくスルーするといいでしょう。
 
とはいえ、水星逆行をむやみにおそれる必要はなく、長い片思いやマンネリ中のカップル、苦戦している恋活は見直しをする良いタイミングになります。
 
進展を望むよりは今までの振り返りをして、どこをどう改善すればいいのかを考えましょう。
 
また、再会や復縁の可能性が高まるので、忘れられない過去の人がいるなら再アタックのチャンスです。
 
当たり障りない守りのアプローチをするより、インパクトのある攻めのアピールをすると良さそうです。
 
仕事は比較的やりたいようにやれる週です。仕事の流れや働く環境が流動的であれば、上の指示を待つのではなく、自分から「こうしたい」と主張するといいかもしれません。
 
テレワークが定着している場合、仕事デスクを自分好みに整えたり、ネット環境をより快適に変えたりするといいでしょう。
 

さそり座(蠍座)10月24日~11月21日生まれ

 

蠍座
 

恋愛運は穏やかに好調ですが、淡々としているだけに運気の良さを実感しづらいかもしれません。交際中の人は恋人とほのぼのした幸せを実感できるはずです。
 
フリーの人や片思い中の人はチャンスがあるのに気づかない可能性が。「こんな都合の良いことあるわけない」と思う展開こそ恋のきっかけになるようです。
 
この一週間は遠慮すれば損をしてしまうので、いつもよりガツガツするくらいがちょうど良いでしょう。
 
12日は進展が期待できるチャンスデーです。主体的な言葉と、「こんな恋がしたい」「好きな人とこういう関係になりたい」という意識を大切に。
 
好きな人との関係を変えたい場合は運気の後押しが得られそうです。
 
仕事は自分のメリットを重視したいですが、あまりがめつくならないように。要望があれば言葉を選んでアピールするといいでしょう。
 
14日からの水星逆行は自分を振り返る良い機会になりそうです。自問自答することがあるならじっくり心と向き合って。
 
即断即決が難しくなっても、今は「そういう時期」と割り切ってスローペースに身を委ねるといいでしょう。
 

いて座(射手座)11月22日~12月21日生まれ

 

射手座
 

14日からの水星逆行はコミュニケーションに影響をもたらしそうです。でも、ちょっとした言い間違いや返答の遅さは恋愛にはむしろプラスに作用するでしょう。
 
「天然な発言がかわいい」と見初められたり、好きな人に「自分のことを真面目に考えてくれている」と好印象を与えたりするはず。キチンとしない感じが恋のアプローチでは功を奏するようです。
 
ただ、仕事においては発言のモタつきや連絡ミスはトラブルの元になってしまいます。職場の人や取引先を混乱させないように責任ある発言を心がけましょう。
 
正しく伝えたつもりでも相手が違った解釈をする可能性があるので、重要事項は伝えた後で正しく理解しているかどうかを確認すると良さそうです。
 
とはいえ、水星逆行をむやみにおそれる必要はありません。慎重に仕事を進めるきっかけと考えればプラスになるはずです。
 
また、以前はOKしてもらえなかった提案に再トライしたり、物別れで終わった企画を練り直したりするには良いタイミングでしょう。
 
去年末からバタバタと忙しい日々を送っている人は、今週と来週が踏ん張りどころです。
 
やりたいことや言いたいことはこの2週間で悔いなくやり尽くすつもりで。
 

やぎ座(山羊座)12月22日~1月19日生まれ

 

山羊座
 

自分の魅力を実感しやすい一週間です。特に、12日は自分の強みがのびのび表現できて恋にプラスの影響があるでしょう。
 
ノウハウやテクニックにこだわるより、やりたいようにやったほうが好きな人に好印象を与えるはずです。
 
恋愛は人気運が高まるのでどんどん自己アピールを。好きな人の色に染まるのではなく、ありのままの自分を示すと良さそうです。
 
また、恋愛に限らず、「これがやりたい」「これが欲しい」と思うなら、頭で考えるだけでなく実行に移すといいでしょう。実現に向けて追い風が吹きそうです。
 
ただ、14日からは水星逆行が影響して、自分の気持ちがどこに向かっているのかわからなくなるかもしれません。
 
「これが欲しいと思ったけれど、やっぱり違うかも」と欲求の対象がブレる可能性が。
 
今月下旬までは高額のお買い物を避けたほうがいいでしょう。衝動買いは後悔のもとになりそうです。
 
仕事運は見積もりを慎重に。お金やデータを扱う仕事に就いているなら、ざっくり計算するのではなく、確かな根拠をもとに正確な数字を出しておくと安心です。
 

みずがめ座(水瓶座)1月20日~2月18日生まれ

 

水瓶座
 

大事なことは早めに片付けておくと良さそうです。
 
14日からの水星逆行はみずがめ座で起こるため、普段なら即断即決できることも「これでいいのかな? いや、違うんじゃないのかな?」と気持ちが揺れがちに。
 
自分でも意外なほど判断や発言に自信が持てなくなるかもしれません。
 
ただ、水星逆行は自分をじっくり振り返る時期と考えれば、そういう影響もプラスに働くはず。当たり前と思い込んでいることが実は違っていて、別の可能性が見えてくるでしょう。
 
少しもどかしく感じても、今週から今月下旬にかけての自問自答は大切にしたほうが良さそうです。
 
恋愛運は13日・14日に注目。ノウハウやテクニックに頼らず、自分の気持ちを丁寧に表現すると進展のきっかけがつかめる日です。
 
恥じらいや戸惑いさえ、隠さずに見せると好きな人には好印象を与えるようです。
 
普段は揺るぎない自分軸を持つ人ほど、心の揺らぎが良い意味でのギャップを生み出すので強がりは要りません。ありのままの自分を示すといいでしょう。
 
仕事は「今のうちにやっておこう」を大切に。
 
特に営業や販売など、売上を重視する人は月末を待たずに稼げるだけ稼いでおきましょう。
 

うお座(魚座)2月19日~3月20日生まれ

 

魚座
 

仕事運が好調な週です。いつもの自分とは違うノリを求められる場合もありますが、同僚や上司を真似したり、アドバイスをもらったりするとうまくこなせるでしょう。
 
また、「求められていない」とわかっていても、あえて自分のやり方を示して相手の反応を見るといいかもしれません。
 
変化球の意見やひねった提案に「それいいね」と好リアクションをもらう可能性もあります。
 
また、やるべきミッションを与えられているなら、今週と来週で結果を出すか、結果につながる道筋を作っておくと安心です。
 
この2週間は踏ん張りどころなので、ちょっと大変な状態になってもあきらめずに粘ったほうがいいでしょう。
 
恋愛は自分がその気になったら動く感じで大丈夫。「彼氏を作らなくちゃ」「LINEしなければ」と義務感から恋をすれば的外れなことをしたり、素っ気ない態度を見せたりするかもしれません。
 
交際中の人はマイペースにゆったりモードを楽しんで。寒いですし、おうちデートで有意義な時間が過ごせるでしょう。
 
14日からの水星逆行は潜在意識に影響をもたらします。
 
とはいえ、ハッキリした自覚はほとんどないはずで、気づけば「前とは考え方が変わったかも」と思う程度でしょう。
 
よくよく考えると迷いやすくなりますが熟考はむしろプラスに働くはずです。
 
(沙木貴咲/占い師)
(itabamoe/イラストレーター)
 
■来週の運勢|1/10(月)~1/16(日)12星座で占う恋愛運「満月に続く何かが起こりやすい時」
■【12星座別】2022年上半期の仕事運
■【2022年上半期運勢】金運アップのポイントと仕事運

  • 【12星座別 1/23~1/29の運勢】調整と復活の波に乗る
  • 【12星座別 1/16~1/22の運勢】蟹座満月で広がる可能性
  • 【12星座別 1/9~1/15の運勢】水星逆行で気をつけたいこと
  • 【12星座別 1/2~1/8の運勢】山羊座新月で2022年スタート!
  • 【12星座別 12/26~1/1の運勢】木星が魚座へ入り2022年に!
  • 【12星座別 12/19~12/25の運勢】双子座満月とクリスマス
  • 【12星座別 12/12~12/18の運勢】整理をつけて次のステージへ
  • 【12星座別 12/5~12/11の運勢】チャンスを静かに狙う