こんにちは。占い師の護明です。

 

さて、2021年はどんな出会いが待っているのか?
早くも心躍らせている方も多いと思います。
一年の計は元旦にありと言いますが皆さんはどんな目標を掲げて一年を乗り切るのでしょう。

 

上半期の恋愛運を九星別にまとめてみました。
ご自身の九星は下の早見表を参考にしてみてください。

 


 

 

一白水星

 

総合運ではあまりパッとしませんが恋愛運に関しては、今年の上半期はチャンスの連続になるはずです。
出会いや別れも多くなりますがパートナーがいなくて寂しい思いをせずに過ごせそうです。出足の一月こそ少し躓き(つまづき)ますがその後は順調に運勢が経過していきます。上半期の締めくくりの6月に恋愛運のピークを迎えます。
 

二黒土星

 

ジェットコースターのような今年の上半期の恋愛運になります。ピークは3月と6月です。
逆に5月は少し慎重な行動が求められるでしょう。
 
波乱気味の運勢にあおられ浮ついた恋愛も増えてきそうです。パートナーがいる方からのアプローチも増えるかもしれません。対応を間違えると泥沼化する可能性も。
 

三碧木星

 

3月までに前半戦のピークを迎えます。4月以降の恋愛運は停滞気味になるので1月から頑張って活動してくださいね。また、好みや恋愛傾向の変化が見られると思います。
 
少し意外な人が候補に挙がってくるかもしれません。ハートがたくさん飛ぶような恋愛よりは結婚に向けての足掛かりになりそうな恋愛が増えるでしょう。
 

四緑木星

 

出会いの運勢は上半期通してコンスタントにあるでしょう。ただ、好みのタイプだけ出てくるわけではないのでピックアップに苦労するかもしれません。
 
仕事がらみの出会いも増えます。出来るだけ自分の趣味や自己研鑽(じこけんさん)の場を増やしましょう。新しい人間関係からの出会いの方が期待できます。
 

五黄土星

 

年後半の7月以降の後半戦に山場が来るため、上半期は少し落ち着いた恋愛運となります。この時期を上手に利用して人脈を広げましょう。
 
また、どんな人が自分に合うかわからない方はマッチングアプリを利用して好みのタイプを再チエックしてみましょう。ヒントが見つかればそれだけで今後の活動に生かせます。
 

六白金星

 

5月以外はかなり良好な恋愛運となります。
新しい出会いだけでなく再会や復縁など様々な出会いの形式が考えられます。

門戸を閉ざしていなければパートナーと出会える確率はかなり高くなるはずです。
勢いは下半期まで続きますので今年中にはどうにかしたいところです。運勢を味方につけ頑張ってください!
 

七赤金星

 

出会いや恋愛運は良好に推移していくでしょう。前半戦の山場はバレンタイン時期の2月とGW期の5月です。
 
ただし、プライベートに割く時間があまりないので、時間の調整はしっかりしていかないとチャンスを逃すことが増えます。食事や遊びの誘いは少し無理をしてでも行った方が良さそうです。
 

八白土星

 

今年の上半期は、どちらかと言えば恋愛に縁がなかった方にとって追い風が吹く時期になりそうです。穏やかな気分で人と接することが出来る機会が増えそうです。

時間的なゆとりも味方をしてくれます。たくさんの出会いはないかもしれませんが内容の濃い恋愛が出来そうです。パートナーがいる方は結婚に近づきそうです。
 

九紫火星

 

運勢の気まぐれにも振り回されて落ち着いた恋愛が出来そうにありません。
自分の気持ちもブレが大きく気分が変わることが多いでしょう。
 
短期的に見た恋愛運は悪くないですが、持続性が2021年上半期の課題になります。
6月まではどちらかといえば慎重に行動した方が良さそうです。心変わりには十分注意してくださいね。
 

おわりに

 

いかがでしたか?2021年上半期の恋愛運を九星別に書いてみました。
社会環境が変わり出会いの機会も少なくなってくるハンデもありますが参考にして頑張ってくださいね!
 
(占い師/護明)
 
■九星別!2021年上半期の総合運
■人気占い師・お笑い芸人白珠イチゴが教える!2021年星座別☆恋愛運
■人気占い師・琉球風水志シウマ先生に聞いた!2021年おすすめ開運方法

2021年】の最新記事
  • 2021年運命の人と出会う可能性が高い星座ランキング
  • 2021年上半期に訪れる ピンチとチャンス
  • 【数秘術で占う】2021年のモテ運
  • 【12星座別】モテ運BEST12|2021年運勢ランキング
  • 【数秘術で占う】2021年上半期の結婚運
  • 【数秘術で占う】2021年上半期の仕事運
  • 12星座別 告白に最適!2021年上半期「恋愛運絶好調」の日
  • 【12星座別】2020年反省会 あなたが昨年やり逃した事と今年の課題