「二股されていた……」「既婚者だなんて知らなかった……」など、ヒドイ失恋を経験してしまい、次の恋愛に踏み出すことに不安を抱えている女性は多いです。
ですが、不安を乗り越えるためには、気合いや根性といった精神論ではなく、知識が必要です。

 

そこで今回は、幸福科学について研究しているライターのTchiki Davis氏が『不安に打ち勝つための3つの方法』(※1)を報告していたのでまとめました。
この記事では「職場の」となっていますが、恋愛においても十分当てはまるものなので、引用します。

 

 

※1)「職場での失敗の恐れを克服するための3つの方法」
https://greatergood.berkeley.edu/article/item/three_ways_to_overcome_fear_of_failure_at_work
 

不安に打ち勝つ方法 失敗の中から利益を見つける

 

「すべてのネガティブな経験には有益な情報が含まれている。それを見つけることができれば、次に失敗したときの免疫力がつく」
 
たとえば、浮気されてしまった女性は、「なぜ浮気されたのか?」を考えてみるのです。
 
浮気をしたのは男性側に否がありますが、「彼氏への態度が冷たすぎたのかもしない」「甘えてばかりで彼氏に甘えさせていなかった」など、浮気を引き起こしてしまった原因があるかもしれません。
 
浮気されたことを悔いているだけでは、同じ過ちを犯す可能性があります。
ネガティブな経験は、“自分のいたらなかった点”を知ることができる学習の場になるのです。
 
嫌な出来事ときちんと向き合うことは、とても勇気がいること。
ですが同時に、自分を成長させてくれる最高の機会になるので、ぜひつらい経験をこれからに生かすようにしましょう。
 

不安に打ち勝つ方法 失敗をポジティブなものとしてとらえよう

 

「不安経験を恐怖ととらえれば、好戦的な気持ちになり、うまく処理できない。だが、前向きなものととらえれば、うまく処理できるだろう」
 
恐怖を感じ冷静さを欠いてしまうと、簡単なこともうまく対処できなくなってしまいますよね。
 
ですので、不安と向き合う際は、「自分が成長するために必要なことなんだ」「この失敗を乗り越えたらすてきな自分になれる」とポジティブな気持ちで臨むと、意外とすんなり正しく分析や処理ができるでしょう。
 

不安に打ち勝つ方法 失敗したときには友だちに話そう

 

「自分を甘やかすことはセルフケアになる。たとえば、親切な友だちとおしゃべりすることとか」
 
心理学には“カタルシス効果”という言葉があります。
カタルシス効果とは、不安やストレスを言葉にすることで、それらを解消する現象のことです。
 
つまり、心置きなく話ができる友だちに不安な感情を話すことで、不安な感情は軽減させることができるのです。
 
また、Davis氏は、「運動もネガティブな感情を処理してくれる」と語っており、体を動かすことの大切さも紹介しています。
 
不安な気持ちに満ちてしまうと、体を動かすことがおっくうになってしまいますが、そういうときこそ、運動に積極的に取り組んだほうがいいでしょう。
 

まとめ

 

大体の不安は時間が解決してくれますが、中には時間ではなかなか解決できないものもあります。
 
しつこく胸の中に残る頑固な不安は、今回ご紹介した3つを意識して改善するようにしましょう。
 
(高萩陽平/ライター)
 

■「夜になると将来が不安になる」女子の不安を消す4つの方法
■なぜ男は浮気するの?浮気男が出来上がるまでの製造過程
■恋に不安になったら……ホッとひと息つく方がうまくいく

 

人生】の最新記事
  • 風の時代×12星座|時代の波に乗る方法
  • 12星座別|ついつい意識が向かなくなっちゃう苦手ポイント
  • 血液型×12星座|二面性のある性格ランキング
  • 12星座|風の時代に要注意!陥りやすい人生の落とし穴
  • 九星別|天才肌ランキング
  • 12星座別|ピンチの時に輝くランキング
  • 不安を希望に変える方法とは?
  • メンタルの強い人が無意識にしている「5つの習慣」