世界中を圧巻したスーザン・ボイル。諦めない生き方で成功を勝ち得たのは、運勢を味方につけていたから! 占い師イヴルルド遙華さんが独自の「フォーチュンサイクル」を使い、幸せの引き寄せ方を解説します。

 

人生は24年サイクルで、同じ運勢が繰り返しているのをご存知ですか? 実は、一年ごとに「チャンス」「決断」「愛情」などのテーマが決まっているのです。

 

恋愛も仕事も次々とチャンスをモノにしている人は、この運勢に乗って生きている幸運体質な人。
逆に、この運勢からズレしまうと、つかめるはずのチャンスや婚期を逃しちゃうなんて事も……!

 

まずは、各国セレブの成功者の運勢を24年区切りのフォーチュンサイクルで確かめてみましょう。

 

今回は、47歳で夢を現実へと変えた「諦めない生き方」を体現した、スーザン・ボイルで見る運勢サイクル。

 

スーザン・ボイルの生年月日は、1961年4月1日

 

マインドナンバーを導き出すためには、生年月日をすべて一桁になるまで足し算します。

1+9+6+1+4+1 = 22

さらに一桁になるまで足し算します。

2+2 = 4

 

マインドナンバーは【4】です。

 

 

それでは、スーザン・ボイルのこれまでの人生をみていきましょう。

 

末っ子スーザン誕生

 
母親が47歳のときに、大家族の末っ子として誕生したスーザン。

最近になってアスペルガー症候群であることがわかった彼女。他の兄弟達が家庭を持ち、家を出て行くなか、彼女だけは実家暮らしを続けていました。

 

やがて、父親が亡くなり、母親が高齢になったことで、責任を感じて母親のサポートを行いながら、家事手伝いとして過ごしていました。

 

しかし、幼い頃に教会で賛美歌に出会って以来、彼女の歌うことへの情熱は尽きずに、歌手になることをずっと夢見ていました。

 

47歳 運命のゾーンの充実期

 

そんなスーザンは、未来のスターを発掘するオーディション番組に出た事がきっかけで、大きく人生が変わってゆくのでした。

彼女にとって長いモヤモヤ期間が終わるこの年は、人前に出て人生の喜びや幸せを感じ、楽しむ事で心が安らげるというメッセージの年なのでした。

 

ステージに上がった彼女をからかうように、大物プロデューサーからは「なぜ歌手になれていないのか?」と尋ねられ、彼女は毅然と「チャンスがなかったからよ」と答えて、会場には冷ややかな笑いが広がりました。

 

ところが、彼女が歌いだすと、途端に会場は驚きと感動につつまれ、最後にはスタンディングオベーションが巻き起こったのでした。

 

「お恥ずかしながら、結婚はおろか、キスもまだ」と自嘲していた彼女ですが、歌手への道を決して諦めずに、モヤモヤゾーンのときにも希望を捨てずにオーディションに参加する事を決意したのです。

 

53歳 種まきゾーンの可能性期

 
世界的なブームを巻き起こしたスーザン。
その後、彼女にとって初めての恋人であるアメリカ人医師と結ばれます。

 

【モヤモヤゾーン】の時期は思うように身動きがとれず、ついつい、ラクな方へと流れてしまったり、すべてを投げ出したくなるような困難が続くことがあります。

 

けれど、それはスーザンのように、「あなたがそれを乗り越える覚悟があるのか?」という問いなのです。

【モヤモヤゾーン】の時期は、自分が本当にやりたいこと、進みたい道を考えなければいけない「人生のたな卸し」の時期でありライフステージを進むためにも必要不可欠なのです。

 

まとめ

 
自分の周期を知り、新たな扉を開く24の運勢サイクル。あなたも過去を思いかえし、運勢の答え合わせをすることから始めてみませんか?

人生は24サイクルで繰り返しますから、あなたの悩みも過去の経験や知識が解決してくれるかもしれませんよ。

 

(イヴルルド遙華)

公開日:2017年12月15日
更新日:2020年1月06日

 

あなたの運命の相手はどんな人?恋愛運命をピタリ的中 イヴルルド遥華

■泣きたくなったら泣こう! 我慢しないことが素敵な恋を引き寄せる
■ソウルメイトって何? その「役割」と「結婚相手」になる可能性
■『引き寄せ』の仕組みをぶっちゃけ! 願うだけじゃ幸せにはなれない

 

人生】の最新記事
  • 20代、30代、40代、50代|年齢を重ねるごとに変化する女性の悩み
  • タロット|未来を変える!? 仕事・恋愛で悩んでいた私が、幸せを掴んだ話
  • 今、大人の女性が考えるべき「今後の人生について」
  • 欲しいものが手に入る!効果を感じたおまじない紹介
  • あなたを成長させる8つのこと。
  • 強くたくましく美しい女性になるには
  • 落ち込んだ時に…メンタルを強くする方法
  • 自分の年齢にどうしようもないコンプレックスを抱えている人へ