何故、自分に自信がなくなってしまうのでしょうか?

本物の自信というのは、容姿やステイタスだけでは測れないものです。

例えば、どんなにお金持ちでも、容姿端麗であっても、自信の無い人はいます。

 

それでも、それを上手く隠す方法を知っている人は、まわりからは“自信のある人“だと思われていることも。

 

本物の自信をつけるにはどうしたら良いのでしょうか?

 

身体から自信をつける方法

 

風邪をひくと気持ちまで弱ったりと、心と体は密接な相互関係にあります。

体の方からアプローチをして自信をつける方法をご紹介します。

 

1.姿勢を正す

2.ゆっくりと深い呼吸を心がける

3.人と目を合わせて話す

4.うつむかない

自信のない人の中には、自分より気が弱く、もっと自信のなさそうな人を見つけて、巧みな話術などを使い、優位に立ち、相手の自信を奪うことにより、その場限りの自信を得ようとしたりします。

 

自信のなさそうな雰囲気を出していると、見下されたり、うまく利用されてしまうことも。

 

そのような人にターゲットにされない為にも、まずは立ち振る舞いから変えて、自信をつけていく手段もあります。

 

自慢話や見栄を張らない

 

人間には人に認められたいという承認欲求があります。なので時には自慢をしたくなることもあると思います。しかし、自信のない人ほど、大風呂敷を広げて、自慢話をし、見栄を張ります。

 

偉そうな態度をとって周囲に畏怖を与えるような雰囲気の人は、臆病な自分の自信の無さを隠すために、そういった態度をとったりもします。

 

他の人からの評価や賞賛が欲しい、存在価値を認めて欲しいという気持ちは、誰にだって少しはあるものです。しかし、それを他人に強要する必要はありません。

 

本当に自信のある人は、自分で自分を認めてあげることができるので、他人に認めてもらわなくてもやっていけるのです。

 

達成感を味わう

 

まずは、自分が達成しやすい目標を立てて、目標を達成するという経験値を積むことにより、自分に自信がつくでしょう。

 

目標は人生に関わる大きなものではなく、今の自分が必ず達成できそうなことが良いでしょう。「早起きをする」「今週中にこの本を読み終える」などと、楽しんで達成できる目標を立てて、それを達成する喜びを体感するという行為が大切なのです。

 

日々の小さな積み重ねが、大きな自信と実績になりますよ。

 

褒めてもらう環境に身を置く

 

自信のない人は褒められ慣れていないので、いくら褒めてもらっても、素直に喜べなかったりします。

 

潜在意識の中で「自分は何をやってもダメだ」という気持ちがあるので、無意識に自分の可能性に制限を自分でかけてしまい、本当に何をやってもダメになってゆくのです。そのような場合は、人から褒められる環境に身を置いて、褒められ上手になってみましょう。

 

しかし褒められても、謙虚な心は忘れずに、天狗になってしまわないように気をつけましょう。

 

さいごに

 

自信のない人は、自分の意見、意思にも自信が持てていないので、自然と他人の意見を真似したり、評価を気にしたりしてしまいます。

 

しかし、そうして生きていると、いつまでたっても他人に振り回されながら生きることになるので、なかなか思い通りの人生は歩めません。

 

本当の自信をつけることにより、人生がうまく回り始めます。

他人と比較して焦ることが無くなるので、マイペースに生きることができます。

 

すると、自然と余裕が生まれ、様々なことに前向きにチャレンジしてゆけるようになり、それが人生の成功や幸せに繋がっていくのです。

 

(キタミカ/ライター)

 

■自信がなく、人の目を気にして疲れる人へ。「自分軸」で生きるコツ
■女子力なんて都合のいい言葉から卒業しませんか?
■女性の「自信」はどこから来る?

 

関連キーワード
人生】の最新記事
  • 自信をつけたい!自分を好きになるためのはじめの一歩
  • 新元号は「令和」!姓名判断から見る日本の運気と個人への影響
  • 【12星座別】5月の総合運
  • 【12星座別】あなたを守護する精霊
  • 12星座別|最高のGWにするために!GWの満足度をあげるためにできること
  • 【彼氏と会う?一人で出かける?】GWどうする?状況別おすすめプラン
  • 幸せに生きるために必要なこと。
  • 男女に聞いた!落ち込んだときにどうやって元気を出す?