誰でも1年に1回年齢を重ねるものですが、20代から30代、30代から40代など、10年ごとに節目を感じる人は多いのではないでしょうか?

年齢を重ねるにつれ、結婚、出産、仕事など、自分の今後の人生について考えることも多くなることでしょう。
一度きりの人生、後悔しないように生きたいですよね。
今回は、素敵な40代を迎えるために、30代のうちにしておくべき4つのことをご紹介します。

30代のうちにしておくべきこと1 出産・子育てしたいか自分に聞く


結婚は60代になってもすることができますが、出産にはタイムリミットがあります。

女性の場合、医学的には35歳以上は高齢出産と呼ばれます。また40代になると、自己卵子での妊娠・出産の可能性がぐっと下がってしまいます。

全ての女性が子供を産まなくてはいけないわけではなりません。子供には興味はない、という女性も多いでしょう。ですが、あなたがもし子供が欲しいと考えているならば、30代で妊活をした方がいいというのは明らかな事実です。

40代に入ってから、「30代で子供を産んでおけばよかった」と後悔しないためにも、自分の気持ちとしっかりと向き合っておく必要があるでしょう。

30代のうちにしておくべきこと2 消費ではなく、投資にお金を使う


30代は投資の時期です。

すぐ使わなくなってしまうモノを消費するのではなく、投資になる使い方をしましょう。たとえば、仕事に繋がる習い事をしたり、見聞を広めるために旅行に行ったりしてみましょう。

30代のうちに蓄えた知識や経験は、大きな財産になるでしょう。

30代のうちにしておくべきこと3 時間の有限性を知り、捨てるものを決める


ぼんやり過ごしていると、あっという間に月日は流れてしまいます。私たちには、無駄な時間を過ごしている余裕はありません。

時間は有限ですから、デートしていたら友達と会う時間がなくなり、友達と会っていたらスキルアップのために勉強する時間がなくなります。何にどのくらい時間を使うのか、意識的に取捨選択しなければ、本当にしたいことに時間が使えなくなってしまうのです。

30代のうちにしておくべきこと4 自分の幸せの基準を探す


30代は迷いのときです。とくに女性の場合は、結婚しているか、仕事をしているか、子供がいるか、などによってライフステージが人によって大きく異なってくる時期です。

「何が自分にとって幸せか」という基準を明確にしていないと、自分以外の全ての人が羨ましくなってしまいます。人と比較して負けていると感じたり、嫉妬したりするのは、往往にして他人の価値観にふりまわされているだけのことが多いのです。
自分にとって何をしているときが幸せなのか、どういう人生を望んでいるのかがしっかり分かっていれば、他人を羨むことも少なくなりますし、他人からどう思われようとあまり気にならなくなります。

30代は、迷いながら、自分なりの幸せの基準を模索していく時期なのです。

さいごに


今回は30代のうちにしておくべきことを4つご紹介してきました。
30代をどう過ごすかで、その先の人生は変わってきます。自分の理想の40代に近づくために、悔いのない30代を過ごしましょう。

(今来 今/ライター)

■産む前に読みたい!実話を基にしたアラフォー出産マンガ3選
■アラフォーの婚活に必要なのは、妥協?忍耐?それとも……?
■国際恋愛のススメ!独身アラサー・アラフォー女性が国外でモテる訳

関連キーワード
人生】の最新記事
  • 自信をつけたい!自分を好きになるためのはじめの一歩
  • 新元号は「令和」!姓名判断から見る日本の運気と個人への影響
  • 【12星座別】5月の総合運
  • 【12星座別】あなたを守護する精霊
  • 12星座別|最高のGWにするために!GWの満足度をあげるためにできること
  • 【彼氏と会う?一人で出かける?】GWどうする?状況別おすすめプラン
  • 幸せに生きるために必要なこと。
  • 男女に聞いた!落ち込んだときにどうやって元気を出す?