こんにちは!Ayuraです!

 

みなさん言葉の魔法って知っていますか?

 

言葉には現実を動かす力が宿っています。

よく「言霊」と言いますが、人は言葉に乗せて、多くのエネルギーをこの世に送り出しています。

 

その時の感情、こうなったらいいなという希望、返ってきて欲しい反応、心の中にある自覚できないものも全てエネルギーとなって言葉に力を与えています。

 

今回は星座別に言われると弱い、つまり心が大きく動く言葉をお伝えします。

好きな人や気になる人、大切な人にさりげなく伝えてみてくださいね。

 

言葉の魔法が二人の距離を大きく変えてくれるかもしれません。

 

牡羊座の彼

 

「ほんとに一番頼りになる!」

どんな時も率先して行動を起こす牡羊座の人。

向こう見ずな事もしばしばありますが、そこを突いてしまうと相手の弱点を知らしめることになってしまいます。

何かを頑張った時に、頼りになることを伝えてあげましょう。

誰もしない事を自ら頑張っている事も多いので「あなたは頼りになる」「無駄ではない」と行動自体に感謝する事がいいようです。

 

牡牛座

 

「努力家なとこ、純粋に尊敬してるんだよ」

堅実な性格で、時に物質主義に走ってしまう事もある牡牛座の人。

ですがこの粘り強さが、いつの時も状況に光をもたらします。

忍耐力があるので、人の才能や長所をみつけるのも得意ですし、堅実さが実際の富を生み出します。

安定感がある事を、誰よりも理解していると伝えてみてくださいね。

 

ふたご座

 

「オールジャンルでセンス発揮しててうらやましい!」

流行に敏感で、知的好奇心の強いふたご座の人は、器用な人も多く、いつも何かとセンスフルです。

彼らが興味を持っている事については、テンポが良く反応が返って来ますから、言葉のキャッチボールをあなたで止めないようにしましょう。

そして、いつも多様性に富んだふたご座の人には、率直に器用でセンスがあってうらやましいと伝えるのがおススメです。

 

蟹座

 

「根が優しいよね。まじで優しさ100%で出来てるよね。」

いやいや、ちょっと言いにくい。

という感じのフレーズですが、実際に根が優しい人が多いのが蟹座の人。

少々おせっかいなまでに気が利く人も多いかもしれません。

このままのフレーズではなくとも、ちょっとした冗談を交えて伝えてあげるのがポイントです。

蟹座の人は優しいという評価を聞きなれている人も多く、それに対して毒を吐くこともしばしば。

こういった毒や、自分は別に優しい人間じゃないアピールに、でも実際にあなたは優しくて良い人で、そこが好きだだよと言わんばかりに伝えてみてください。

 

しし座

 

「かっこいいから憧れてるし、あなたになってみたい」

責任感が強く、自尊心もしっかりしているしし座の人には、憧れを伝える事が大切です。

かっこいいというのはもちろん容姿だけではなく、行動や生き方について。

あなたのようになれたらという思いを持って伝える事で、謙遜しながらも会話を多く持ってくれるようになるでしょう。

自分に憧れを抱いている相手に対して、その思いを台無しにしないようにしようという気持ちも働きやすいですから、相手の誇りをくすぐるような言葉を選んでくださいね。

 

乙女座

 

「結構繊細だし、なによりいろいろと丁寧だし、しかもそういう所がちょっとかわいいし」

控えめで冷静な乙女座の人たち。

いつもいろいろな事を考えながら行動を起こしています。

その場に応じた対応や、必要とされる行動を、求められていると感じて頑張っている人も少なくありません。

そんな乙女座の人の努力をしっかりと言葉で肯定した上で、繊細さがチャームポイントだと伝えてみてください。心の中で神経質かも気にしている可能性も高く、その悩みを打ち消す力を与える事ができます。

 

天秤座

 

「変わってるって言われてるけど実際はすごい思いやりにあふれてるよね」

天秤座の人は独自のセンスやスマートさから、不思議と目立つ事が多いようです。

変わっているというのもいい意味に捉えている人が多いでしょう。

ですが、実際天秤座の人はさまざまな事を考えて人と接しているからこそ、良好な関係を築けたり、人に好かれたりしているのです。

この努力は天秤座の人の態度からはなかなかわかりにくく、本人も自分から外に出したいとは思っていません。とはいえこの努力を無視されているのも少し残念だと感じていますから、あなたの方からその努力に触れてあげてみてくださいね。

 

蠍座

 

「大丈夫だよ、そういうのすごくわかるから私には気にしないでね!」

蠍座の人が少しでも自分の弱点について語ったときは、明るく対応してください。

心の中に自分でも説明がつかない気持ちを抱えている事も多い蠍座の人たち。

その気持ちが苦手な事や、不安となって彼を困らせている事も少なくないのです。

普段は明るく、人の輪の中で大きな魅力を放っている蠍座の人ですが、こうした心のうちを話してきたときは、しっかり受け止めてあげる必要があります。

気にしないでと伝えながら、相手の不安や葛藤に対しては理解を示してあげましょう。

 

射手座

 

「そういわれればその通りだよね!良く思いついたね!」

射手座の人は理想に向かって一生懸命になれる人たちです。

競争心も強いため、相手を特別な人として扱う事は二人の関係を良好にしてくれます。

いつも理想を現実にするために一生懸命努力している射手座の人ですから、理想や持論について語った時は、その意見をしっかりと受け止めてあげてください。

あなたがそうして伝えても、相手はそんなの当たり前じゃない?というような態度でいるかもしれません。それでも笑って相手の意見を尊重するように心がけてみてくださいね。

 

山羊座

 

「すごく真面目だけど、時々やばい感じがあってそれがクセになる」

正に言葉の通りの山羊座の人たち。

とても真面目で勤勉な人が多いのですが、時々顔をのぞかせる野心が魅力的です。

山羊座の人の冷静さや常識的な態度は、周囲の人たちを助ける事も多く、本人もそのことについて人から感謝される場面が多いかもしれません。

山羊座の魅力はそれだけではなく、心の奥に隠されている野心と努力家な所でもあります。

本人はなるべく隠そうとしている場合もありますから、その隠された魅力のファンであることを伝えてみてくださいね。

 

水瓶座

 

「さすがだよね。目の付け所が違うかも」

どこか変わっているという言葉を人から言われることも多い水瓶座の人たち。

嫌な気はしておらず、自分の信念を持っているのですごく好意的に受け取ってくれます。

何か水瓶座の人がいいアイデアを出してくれたり、変わった事をしていた時はやっぱり他の人とは一味違うという事を伝えてみてください。

そしてそれがいかにすごい事なのか、普通の感覚では、なかなかそこにはたどり着かないということを教えてあげてくださいね。相手から何か意見やアドバイスをもらったときは、素直にありがとう!と受け止めてください。

 

魚座

 

「優しいのにしっかりしていて最高」

魚座の人はどこかふわっとした雰囲気を持っている人も多いかもしれません。

現実にもゆるい感じの対応が目立ったり、好きな事に対してだけ妙に盛り上がったりと、マイペースさを感じさせる人も多いかもしれません。

ですが、実はいろいろな事を大きな視野で見つめている魚座の人たち。

思いの外と大人で冷静な意見を持っていたりもします。

あえて言葉にせず、やるべきことや自分ができる事に注力して、様子を見ているだけの時も多いのです。自分が今ここで何かを動いたり言ったりしても、結果は変わらないかもしれないと、落着いた心をひそかに持っています。そんな魚座の人の考察能力に対しての理解をぜひ口に出して伝えてみてくださいね。

普段何を考えているかわからないといわれる事も多いので、しっかりしているということを理解するだけで、他の人とは少し違う関係性になっていけるかもしれません。

 

言葉は素直に

 

最初に言葉には力があるとお伝えしました。

会話はどんな時も発する人のエネルギーと受け取る側のエネルギーの反応で成り立っていきます。

 

ですからあなたが何か相手に伝える時は、なるべく素直な気持ちで言葉を使うようにしましょうね。

笑顔や、声、選ぶ言葉、そんなたくさんのエレメントでも会話は紡がれていきます。

 

あなたが発するエネルギーがとても好意的で、素直な気持ち、相手への思いやりにあふれている時、相手の人もそれを好意的に受け止めてくれるでしょう。

 

人が一番うれしい言葉は、その人が素直に発した好意や感謝の言葉です。

 

ぜひ話す時の気持ちに意識をして、話をするようにしてみてくださいね。

 

Ayura/フォーチュンライター

 

■告白カモン!!気になる彼に「脈アリだよ」って知らせる方法
■男性が「この子を落とそう」と思う瞬間を作り出す方法
■男性が恋に落ちる瞬間は「明らかに違う何か」を感じた瞬間です

 

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • すぐに恋愛に冷める自分を変えたい!彼氏と長続きするコツ3つ!
  • いい人だと思っていたのに…見た目と本性が全く違う男性の特徴とは
  • 恋人に重視するのは顔でいいのか……?ぶっちゃけ恋愛事情
  • 清潔感のある男性のチェックポイント
  • 「ギャップにドキッ!」理系女子の魅力と、男性の本音
  • 高嶺の花になってしまう女性の特徴
  • 年の差別恋愛感情表現
  • 「また裏切られるかも…」次の恋愛が怖くなったときの対処法