大好きな気持ちが強すぎるLINEや、感情的になった彼女から送られてくるLINEは、時に男性を震え上がらせるほど、“恐怖”に陥れることがあるそうです。

 

そこで今回は、男性が恐怖を感じた彼女から来たLINEを幾つかご紹介。

 

あなたも恐怖のLINEを送っていないか、チェックしてみて下さいね。

 

ほぼホラーLINE!「死んでやる」

 

「別れ話の時、“もう死ぬ”ってLINEが来たとき」(25歳/会社員 男性)

 

「死」という言葉は、見方を変えれば強い愛情が伝わる言葉ですが、気持ちの重さにホラーを感じてしまう男性もいます。と言うより、殆どの男性が恐怖するのではないでしょうか。

 

また、「死ぬ」なんて言うのは軽率ですし、言われて男性の気持ちが変わるとも思えません。

 

死への気持ちが本気だったとしても、それはそれで問題なので、あなたを振るような男如きに死など考えることなく、彼に考え直して欲しい時は、他の方法を試して下さいね。

 

「ここでずっと待ってるから…」

 

「飲みに行くって伝えてたのに、俺の家の前で“帰ってくるまでずっと待ってるから”ってLINEが来たとき」(30歳/自営業 男性)

 

彼女の健気な気持ちが伝わるLINEですが、ちょっと“重い”かもしれませんね。

 

彼と飲み会の後に会う約束をしていて、「待ってるね」と送るのはわかりますが、会う約束をしておらず、不安などから待ち伏せのようなことをしているのなら、やはり恐怖でしょう。

 

浮気をされたくない気持ちや不安な気持ちはわかりますが、やり過ぎには注意して下さいね。

 

LINEでも方言は強烈?怒ったときの方言LINE

 

「彼女の怒った時に来る方言バリバリのLINEはちょっと怖いね。まるでVシネみたい」(34歳/会社員)

 

方言と言えば、「モテる」とか「可愛い」などのイメージを持たれますが、“怒った時の方言”ほど怖いものはありませんよね。

 

それはLINEでも同じみたいで、たとえ活字でもキツい方言で感情を露わにされたら、方言に慣れていない人はたじろぐかもしれません。

 

また、普段はおしとやかな口調の彼女、標準語の彼女、イントネーションだけ違う軽めの方言の彼女が、急にキツい方言を使ってくると“悪いギャップ”を感じることでしょう。

 

方言というのは、聞き慣れない人にとって、威圧的に感じることがあります。

そのため、凄く腹を立てていても、活字であっても、彼が恐怖してしまうため、強めの方言は避けた方がいいかもしれませんよ。

 

さいごに

 

送っている本人にその気はなくても、恐怖を感じさせてしまうこともあります。

 

感情的になりやすい女性や感傷的になりやすい女性は、その気がなかったとしても、恐怖LINEを送られたと誤解されやすいので、気を付けて下さいね。

 

(瀬戸 樹/ライター)

 

■ゾッと⋯女性に聞いた、恋愛での恐怖体験
■恋愛心理テスト|異性からの「モテ度」がわかる!夏祭り診断
■心霊スポットは怖い…でもカップルでドキドキ感は味わいたい!おすすめの場所

 

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 12星座別|恋愛が長続きする星座ランキング
  • 「人に好かれると辛くなってしまう」原因と対処法を解説するぞ
  • 失恋から立ち直るためにすべきこと&してはいけないこと
  • 心理テスト|どのドレスが好き?選んだドレスで「好かれやすい異性」が分かる!
  • 12星座別!異性に好かれる隠れモテ要素
  • ダブルバインド彼氏から逃げるには?
  • 周りは気づいていますよ♡「彼氏ほしい!」と思っている女の子がとる行動
  • どんなつらい経験も一瞬で楽しい経験になる魔法の方法