「あんなに好きだったのに、なんでこんなに気持ちが冷めちゃったんだろう……」

どれだけラブラブでも、付き合いが長くなればこのような気持ちは誰でも経験します。

 

そういうときに、「どうして気持ちが冷めてしまったのか?」をきちんと理解すれば、相手への愛情を再燃させて、関係を長く続けさせることができるはず。

 

そこで今回は、大好きだった彼氏になぜ冷めてしまうのか、別れを考える前に確かめたいことを、心理カウンセラーの資格をもつ筆者がご紹介します。

 

彼氏への愛が冷めた理由1.彼氏からの「好き」が足りてない場合

 

「彼氏のことは別に嫌いじゃないけど、なんか異性として急に興味がなくなった」
と感じている女性は、彼氏からの愛情が不足しているのかもしれません。

 

「一緒にいて嫌な気持ちはないし、デートも頻繁にするけど……」
という場合、彼氏とは“恋人関係”ではなく“友だち関係”になっていると考えられます。

 

このような状態を脱するには、日常生活でさりげなく自分の好意を伝えることが効果的。

今さら、好きと言うなんて恥ずかしい……と考える人も多いと思いますが、難しく考える必要はありません。
あらためて告白することはないのです。

 

たとえば、
「そういう真面目なところがすてきだと思うよ」
「食べ物の好みが似ていてよかった」
というように、かなり間接的な言い回しで大丈夫なので、ぜひ伝えてみてください。

彼も、あなたに対する気持ちをあらためて思い出し、愛情表現をしてくれるようになるかもしれません。

 

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 意外と知らない!? 男性が告白を断る8つの理由とは?
  • 【12星座別】心の底から異性を好きになりづらい人ランキングベスト5
  • 実録:恋心が再燃! 同窓会は、先生や元カレと近づくチャンス
  • 今年は運命の恋をする!2019年の恋愛運を上げる方法
  • 出張マジレスホロスコープ#2「セクシーなお姉さんに緊張する」
  • 男性が恋に落ちる瞬間は「明らかに違う何か」を感じた瞬間です
  • 両思いかも!?「男性が本命の女性にしかしない言動」とは?
  • 血液型別!わがままランキング