とりあえず仕事を始めてみて3年、付き合ってみて3年。「3」は、程良い区切りとしてよく使われる年数ですが、本当にそのくらいで物事を一段落つけていいのでしょうか。

 

仕事・恋愛面において3年間で何が変わるのかを分析し、その時期を越えても続けていく秘訣をご紹介します。

 

慣れて、応用できるようになる

3年経てばどんなことでも慣れるのが人間。仕事においては、最初はやり方がわからず教えられてばかりだったことや、イヤイヤやっていたことが自発的にできるようになります。違う現場に異動しても、「前の部署でやったあの仕事と同じ」と応用を効かせて行うことができるでしょう。

 

恋愛においては、「どうしてこの人はこうなんだろう」と相手に抱いていた不満や、「何を考えているかわからない」といった不安なども、3年経てば薄れ始めます。相手が求めていることを先回りして応じられるようになるのです。

 

彼氏に対する興味が薄れたり、付き合い当初のドキドキ感がなくなったりと、マイナスにとらえられがちですが、それらは「慣れ」るがゆえのこと。逆に3年経っても慣れないというのは、まだまだ新鮮な気持ちで向き合える部分が残っているということ。

「3年経ってもぎこちないから、別れた方がいいのかも」ではなく、「3年経っても知り尽せないものがあるから、もっと一緒にいよう」と考えるべきでしょう。

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 長いことご無沙汰…恋愛から離れている女子が試したい恋愛リハビリ
  • 恋愛占い|この3ヶ月で二人の関係はどう変化する?
  • 男性が手放したくない女性の特徴
  • 【星座別診断】男性が好む女子のタイプ
  • 男女に聞いた!GWのデート、おうち派?外出派?
  • 扱いが難しい!?猫系男子の特徴と付き合い方
  • 彼氏がそうかも!?メンヘラ男子の特徴とは
  • 恋愛占い|運命を感じるこの人にすべてを賭けて良いですか?

カナウ公式ツイッター