とりあえず仕事を始めてみて3年、付き合ってみて3年。「3」は、程良い区切りとしてよく使われる年数ですが、本当にそのくらいで物事を一段落つけていいのでしょうか。

 

仕事・恋愛面において3年間で何が変わるのかを分析し、その時期を越えても続けていく秘訣をご紹介します。

 

慣れて、応用できるようになる

3年経てばどんなことでも慣れるのが人間。仕事においては、最初はやり方がわからず教えられてばかりだったことや、イヤイヤやっていたことが自発的にできるようになります。違う現場に異動しても、「前の部署でやったあの仕事と同じ」と応用を効かせて行うことができるでしょう。

 

恋愛においては、「どうしてこの人はこうなんだろう」と相手に抱いていた不満や、「何を考えているかわからない」といった不安なども、3年経てば薄れ始めます。相手が求めていることを先回りして応じられるようになるのです。

 

彼氏に対する興味が薄れたり、付き合い当初のドキドキ感がなくなったりと、マイナスにとらえられがちですが、それらは「慣れ」るがゆえのこと。逆に3年経っても慣れないというのは、まだまだ新鮮な気持ちで向き合える部分が残っているということ。

「3年経ってもぎこちないから、別れた方がいいのかも」ではなく、「3年経っても知り尽せないものがあるから、もっと一緒にいよう」と考えるべきでしょう。

 

諦めがつき、心穏やかになる

「もっとこうしたい!」という変な期待がなくなる分、現状維持に専念できるのが3年。

 

仕事においては職場環境や人間関係の不満が薄れてきます。最初は「ぜったい一緒に仕事したくない!」と思っていた人とも、心を穏やかに接することができるようになるでしょう。

 

恋愛関係においても、「何度言っても改善されない」と思っていた彼氏の癖が気にならなくなるはずです。激しいケンカも減り、長時間一緒にいることが苦ではなくなります。

 

もちろんどうしても改善すべき点は、何年経とうが諦めてはいけません。妥協できる点は受け止め、できない点を覆すために今後も努力し続けていこうと思えるなら、3年を越えても変にだらけることなく、付き合い続けていけるでしょう。

 

責任や誇りを持てるようになる

最初は不安でやっていたことも、覚悟を持って取り組めるようになるのが3年。

 

仕事においては重要な役割を任されることも徐々に増え、忙さにも誇りを持てるようになります。

恋愛においては、ただお互いが好きだという関係性から、お互いを必要としあう一歩先の関係へと深まっていきます。「そろそろ結婚しようか」という話が出てき始めるのも3年目じゃないでしょうか。

 

一方、プレッシャーに押しつぶされそうになってくるのもこの時期。「やっぱりできない」「この状態が一生続くと思うと、耐えられない」と臆病にもなるはず。

ただそれは、まだまだ自分が成長しようとしている証拠です。そこから一歩を踏み出すことで、また新たなステージへ踏み出すことができます。希望を持って彼氏と一緒にい続けたなら、きっと道は開けるでしょう。

 

まとめ

「3年経ったからもういい」「これだけ耐えたからもう辞めたい」。

油断するとネガティブ言葉があふれてしまう、区切りの3年目。しかし、改めて考えて何が変わったのか考えてみれば、ただ月日が過ぎたというだけ……なのでは? そこで放り出せば、せっかく彼氏と育んだ愛と信頼が台無しになります。

 

また、時間の経過だけで恋愛の区切りをつけていいなら、新しい恋人と出会えても、同じ3年目に再び選択を迫られることにもなるでしょう。

 

そもそも区切りとは、自分で付けるものではありません。自分の意志とは関わらず終わってしまうことの方が多く、「もう辞めようかな」と自分から投げ出せるのは、かなり贅沢なことなのかもしれません。3年経てば終わり、ではないはずです。むしろ、そこからが本番だと思って、いっそう彼氏と真摯に向き合うべきではないでしょうか。

 

(平原 学/ライター)

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 恋愛運があがる!恋のお守りアクセサリー4選
  • 寂しがり女子と相性がいい男性の3つのタイプ
  • 12星座別|恋愛が長続きする星座ランキング
  • 「人に好かれると辛くなってしまう」原因と対処法を解説するぞ
  • 失恋から立ち直るためにすべきこと&してはいけないこと
  • 心理テスト|どのドレスが好き?選んだドレスで「好かれやすい異性」が分かる!
  • 12星座別!異性に好かれる隠れモテ要素
  • ダブルバインド彼氏から逃げるには?