とりあえず仕事を始めてみて3年、付き合ってみて3年。「3」は、程良い区切りとしてよく使われる年数ですが、本当にそのくらいで物事を一段落つけていいのでしょうか。

 

仕事・恋愛面において3年間で何が変わるのかを分析し、その時期を越えても続けていく秘訣をご紹介します。

 

慣れて、応用できるようになる

3年経てばどんなことでも慣れるのが人間。仕事においては、最初はやり方がわからず教えられてばかりだったことや、イヤイヤやっていたことが自発的にできるようになります。違う現場に異動しても、「前の部署でやったあの仕事と同じ」と応用を効かせて行うことができるでしょう。

 

恋愛においては、「どうしてこの人はこうなんだろう」と相手に抱いていた不満や、「何を考えているかわからない」といった不安なども、3年経てば薄れ始めます。相手が求めていることを先回りして応じられるようになるのです。

 

彼氏に対する興味が薄れたり、付き合い当初のドキドキ感がなくなったりと、マイナスにとらえられがちですが、それらは「慣れ」るがゆえのこと。逆に3年経っても慣れないというのは、まだまだ新鮮な気持ちで向き合える部分が残っているということ。

「3年経ってもぎこちないから、別れた方がいいのかも」ではなく、「3年経っても知り尽せないものがあるから、もっと一緒にいよう」と考えるべきでしょう。

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 男性の曖昧な告白……本気なの? 遊びなの? 見極め術
  • ズバリ、何フェチ?男性が好きな女性のパーツ6選
  • 素敵な恋をするために「あなたに必要なもの」
  • あの人が手放したくない女になるには?
  • 「同じ職場の彼をGET♪」社内恋愛のハウツーステップ4つ
  • これから30日、ふたりをつなぐ運命は?【両思い、片思い兼用】
  • 都市部に住む「おひとり様」へ。恋人ができない意外な理由はコレ!
  • 「両思い?片思い?」二人はどこまで進める?

この記事が気に入ったら
いいね!をプッシュ♪

カナウの最新情報をお届けします!

カナウ公式ツイッター

あなたへのおすすめ