“モラハラ男”には注意したいはずなのに、なぜかモラハラ男に惹かれる女性は多いですよね。

 

耐えることや責められることに愛を見いだすのかもしれませんが、時間と共に限界を感じる女性も多いので、後々後悔するような恋なら、“最初から引っかからないようにすること”が賢明ではないでしょうか。

 

そこで今回は、モラハラ男の恋愛テクをご紹介。

こんな恋愛テクで攻めてくる男性は、あなたの心の平穏を脅かすモラハラ男かも。

 

モラハラ男の恋愛テク!精神的な上下関係を明確にする

 

恋人に対しモラハラをする男性は、精神的に対等であろうと努めるのではなく、“精神的な上下関係”を明確にしようとしてきます。

 

「説教をする」「認めようとしない」「呼び方や態度が荒い」など、あなたとのコミュニケーションにこのような兆候があるなら、モラハラ男の可能性が高いので注意して下さいね。

 

女性に限った話ではありませんが、人間というのは心のどこかで、支配され服従することに、心の安らぎや平穏を感じることがあります。

支配されている方が責任を感じませんし、多くを考えなくて済むので、精神的に楽なのかもしれません。

 

あくまでも対等でなくてはいけない恋人同士の関係に、精神的な上下関係を明確にするような言動をする男性がいれば、後で後悔するほどのモラハラをしてくる男性かもしれないので、支配されることに安らぎを覚えても、心を奪われないように。

 

M心を刺激…ムチ・ムチ・ムチ・アメ

 

「アメとムチ」の「ムチ」を多く「アメ」を少なくして攻めるのは、モラハラ男の恋愛テクニックです。

 

例えば、「お前が悪い」「○○がダメ」と、とことん責めておきながら、最後に「大好き」「お前しかいない」などと言ってくるのがそれです。

 

「アメとムチ」のムチが多ければ、モラハラ男だとすぐに気付きそうですが、引っかかる女性は元々マゾっ気が強いのか、責められることにすら愛情を感じてしまうようです。

 

責められることが嫌いな女性は引っかかることはないでしょうが、責められることが好きな女性は、どうしてもアメとムチを上手く使ってくるモラハラ男に惹かれてしまうので、注意して下さいね。

 

平気で貶してくる

 

女性を褒めるのではなく“貶してくる”のは、モラハラ男の恋愛テクニックです。

 

「褒める男はチャラい」と偏見を持つ女性も多いので、褒められ慣れている女性に意外と効果的なのが、貶すというテクニックなのだとか。

 

貶されれば、誰でも頭にくると思うかもしれませんが、褒められ慣れている女性は、貶してくる男性に「いつもと違う」と思い、興味を抱きやすくなります。

 

たとえテクニックだとしても、他人を貶すような不道徳なこと、モラハラをしない男性は行おうとしません。

そのため、あえて貶してくるような男性は、元々モラハラの素質がある可能性が高いので、いくら褒められ慣れていたとしても、「いつもと違う」「この男性は違う」などとは思わないように。

 

さいごに

 

モラハラをしている側は、モラハラをしている意識はありません。

 

感情的に彼を責めるのも一種のモラハラですが、女性はその行為にモラハラの自覚はありませんよね。

それと同じで、モラハラ男もモラハラをしているという自覚がないままに、精神的に追い詰め、時には束縛をし、言葉の暴力を振るってきます。

 

お互いを思い合い、尊重し合い、尊敬し合い、愛し合う恋愛を求めるなら、モラハラ男に引っかからないよう、モラハラ男の恋愛テクには注意して下さいね。

 

(瀬戸 樹/ライター)

 

Photo by. it's me neosiam
 


 
■注意!モラハラ男性の特徴と心理
■こんな男性は要注意…!つきあわない方がいい男性の特徴
■モラハラ男のモラハラに見えない言動!知らなきゃヤバいかも…

恋愛】の最新記事
  • 男性の「すっぴんが好き」は嘘?すっぴん好きに隠された本音5つ
  • 年の差別!2歳・5歳・10歳差を乗り越える年下彼氏との付き合い方
  • 別れたくない!彼に手放せない女性と思わせるための方法6選
  • 外見、色気……関係ない!本当にモテるのは「人たらし女子」
  • もう終わった恋なのに…男性にとって忘れられない元カノの特徴5選
  • 長く一緒にいるコツ!本音で話せる関係を築くためのポイント4選|エマちゃん
  • この恋が終われば次はないと思っているアラサー女性に!
  • 婚活気分で転職を繰り返すアラサー女性の実態