「かまって欲しい」

「もっと愛情を表現して欲しい」

「愛される人になりたい」

という気持ちは、誰しも一度は抱いたことがある感情だと思います。

 

ですが、愛されたいという気持ちが強くなりすぎるのは危険です。なぜなら、愛されたいと思うことで、不安感や無力感が増してしまうことは珍しくないからです。

 

「愛されたい」気持ちが強すぎると、愛されなくなる理由とは?

 

まずは、愛されたいという気持ちが強くなりすぎることによる弊害について確認していきましょう。

 

「愛されたい」気持ちが強すぎると、愛されなくなる理由1 相手を気遣えなくなる

 

愛されたいという気持ちが強すぎることによる弊害として、自分勝手になってしまう、ということが挙げられます。

 

愛されたいという気持ちが強い人は、いくら愛されても満足することがありません。一度愛を示されたら、その愛情が薄らいでいくことにも強い不安感を覚えます。そして、「もっと愛してよ」「大切にしてよ」とイライラし始めます。

 

当たり前ですが、相手にあなたを愛する義務はありません。それなのに、「愛されて当然」かのようにふるまってしまえば、ますます相手の気持ちは冷めていきます。愛されることばかり気にかけてしまっては、相手を気遣うことができなくなり、ひいては相手からの愛情も冷めてしまうことになるのです。

 

「愛されたい」気持ちが強すぎると、愛されなくなる理由2 付け込まれる

 

愛されたいという気持ちが強すぎて、相手のいいなりになってしまうというケースもあります。

 

不本意な扱いを受けているにも関わらず、「この人から愛されたい」「この人がいなくなったら終わり」と関係にしがみつくことで、ますます関係は悪化していきます。

 

あなたが彼に純粋に愛情を向けているなら何の問題もないのですが、「こうすれば愛してくれるだろう」と見返りを求めて行動している場合、その打算は必ず相手に伝わります。思いやりや愛情からの行動ではなく、「愛されたいという願望や不安」から行動していることが相手に伝わってしまえば、その恋愛関係がうまくいくことはないでしょう。

 

愛されたいなら、まず愛す

 

ここまで、愛されたいという気持ちが強すぎることによる弊害についてご紹介していきました。

「とはいっても、愛されたいという気持ちは捨てられない」という人もいらっしゃるでしょう。そういった場合に試していただきたいのは、愛されようとするのではなく、まずは愛する、と決めることです。

 

愛そうと決めると、他人を愛すること、そして愛し続けることがいかに難しいことか、に気がつくはずです。恋愛感情が一時的に燃え上がることはあっても、感情は風化していき、マンネリズムに飲み込まれていきます。そういった段になっても適切な愛情を注ぎ続けられるかどうかは、自分自身の決意と愛する技術によって変わってきます。

 

愛し続けることは簡単なことではありませんが、愛されることを目指すよりもはるかに幸せになれる道であることは確かです。なぜなら、愛することの主導権は自分にあるからです。愛されることを目指すと、相手にパワーを譲り渡してしまうことになり、相手の一挙一度に振り回されることになりがちです。愛することは、自分の意思だけでできます。

 

愛されることより愛することに重きをおくことは、自分の人生の主導権を自分で握ることでもあるのです。

 

今来 今/ライター

■「愛されたい」なら「愛する技術」を磨くのが手っ取り早い
■【12星座】LINEの返信がマメな星座ランキング
■彼から愛される彼女と、彼から愛されない彼女の違い

 

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 本当に誠実な彼と誠実を装っている彼の見分け方
  • 結婚を考えるあなたに。時間のムダにならない恋をする方法
  • 「都合がいい女」の5つの特徴。「都合がいい女」になってしまう理由は?
  • ずっとそのままでいて!結婚後も変わらない男性の見分け方
  • 見分けは大事!人間的に「大人な男性」と「子どもっぽい男性」の特徴
  • 男性から「めんどくさい」と思われる女性の特徴10選 
  • ルーン占い|彼が今あなたに送る「メッセージ」
  • 高収入上等!? ハイスぺ男性を狙うのは幸せへの近道か、後悔の元か?