恋愛って、消耗戦の側面がありますよね。

お互いに譲歩したり、主張してみたり。そうしているうちに軋轢が発生することは珍しくありません。

そしてときには、その軋轢のせいで心が疲弊してしまうこともまた、よくあることです。

 

「恋愛をすることに疲れた」と感じてしまう瞬間も、一度や二度ではないでしょう。

 

でも、長い人生のうちに満足に恋愛を楽しめる期間は、ほんの僅かな間だけ。

へこんでばかりいると、貴重な時間を無駄にしてしまいます。

 

そこで今回は、もう少し恋愛というものに対してフランクに考えることができるように、偉人たちが残した、恋愛にまつわる“心を癒す名言”をいくつか紹介したいと思います。

 

「20代の恋は幻想である。30代の恋は浮気である。人は40歳に達して、初めて真のプラトニックな恋愛を知る」

 

ドイツの著名な詩人ゲーテは、生前に(主に男性目線での)恋愛観についていくつも書き残しています。

その中でもこの言葉は、恋愛をすることに疲れた心に対して、どこか達観した目線での物言いです。

 

恋愛に疲れる男女は、往々にして若者です。それは今の時代でもそう変わりません。

もしもあなたが日々の恋愛に疲れたと感じたら、この名言の指すところの幻想、浮気の世代であると考えると、気は紛れるのではないでしょうか。

恋愛で右往左往するうちは、まだまだ伸びしろがある、ということですね。

 

焦燥感の中にあっては恋愛は上手くいきません。相手を労わり、自分を癒すような立ち位置でする恋愛ができるまで、自分の成長を気長に待つのも得策です。

 

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 「ダメな恋」と「いい恋」の5つの違い
  • おうちデートで男性がチェックしているポイント7つ
  • 男性が「女子にやって欲しい」と妄想していること
  • 彼女のことが大好き♡になりやすい男性の特徴とは?
  • 好きになりすぎてついつい…。恋にハマりすぎて母性が暴走したエピソード
  • 夫や彼氏がいても「許される遊びのボーダーライン」とは?
  • 顔相で開運!幸せを引き寄せる顔のポイント
  • 【12星座別】2019年上半期前半(1月〜3月)の恋愛運