恋愛って、消耗戦の側面がありますよね。

お互いに譲歩したり、主張してみたり。そうしているうちに軋轢が発生することは珍しくありません。

そしてときには、その軋轢のせいで心が疲弊してしまうこともまた、よくあることです。

 

「恋愛をすることに疲れた」と感じてしまう瞬間も、一度や二度ではないでしょう。

 

でも、長い人生のうちに満足に恋愛を楽しめる期間は、ほんの僅かな間だけ。

へこんでばかりいると、貴重な時間を無駄にしてしまいます。

 

そこで今回は、もう少し恋愛というものに対してフランクに考えることができるように、偉人たちが残した、恋愛にまつわる“心を癒す名言”をいくつか紹介したいと思います。

 

「20代の恋は幻想である。30代の恋は浮気である。人は40歳に達して、初めて真のプラトニックな恋愛を知る」

 

ドイツの著名な詩人ゲーテは、生前に(主に男性目線での)恋愛観についていくつも書き残しています。

その中でもこの言葉は、恋愛をすることに疲れた心に対して、どこか達観した目線での物言いです。

 

恋愛に疲れる男女は、往々にして若者です。それは今の時代でもそう変わりません。

もしもあなたが日々の恋愛に疲れたと感じたら、この名言の指すところの幻想、浮気の世代であると考えると、気は紛れるのではないでしょうか。

恋愛で右往左往するうちは、まだまだ伸びしろがある、ということですね。

 

焦燥感の中にあっては恋愛は上手くいきません。相手を労わり、自分を癒すような立ち位置でする恋愛ができるまで、自分の成長を気長に待つのも得策です。

 

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 恋愛タロット占い|この先彼氏との間に起こる事件とは?
  • 結婚占い|離婚歴がある私でも、もう一度恋愛できますか?
  • 恋愛に憶病になっている人必見! コンプレックスを克服する方法
  • 恋愛占い|きっかけは何であっても、この恋はうまくいきますか?
  • 男性の視線で脈アリかどうかがわかる?男性視線に隠された心理とは
  • 運命数から導き出す、あなたの恋愛傾向
  • あなたはどれが当てはまる?幸せな恋愛を妨げる5つの思考グセ
  • 【12星座別】最高の夜を迎えるために!クリスマスまでの恋愛運