こんにちは。占い師の護明です。
 
3月から猛威をふるっているコロナウイルスの影響も現状では少しずつではありますが快方に向かっているようです。
いきなり、社会活動が元に戻るわけではないでしょうが徐々に普通の暮らしを取り戻すことが出来るようになってきますね。
 
気持ちのゆるみは厳禁でしょうが新しい生活に慣れる必要があります。
さて、今月6月はどんな月になるのか? 九星別に紹介していきます。
 
ご自身の九星は下の早見表をご覧ください。
 


 

 

一白水星

 

徐々にではありますが運勢も回復基調になります。今までの遅れを取り戻そうと全力でスタートを切るのではなく緩やかに流れに任せた方がうまくいくはずです。
また、一人で悩むことをせず協力を仰ぐことも大切です。仕事もプライベートもパートナーを信じて身を任せてみましょう。
 

二黒土星

 

チャンスは訪れるはず。今年の中でかなり重要な意味を持つ月になります。「挑戦」にふさわしい月になりそうです。足元を固めて何が起こっても対処できる心構えをしておいてください。フットワークを軽くして小さな失敗にこだわらないように。仕事、プライベートともにチャンスは訪れます。
 

三碧木星

 

今年の中で重要な位置づけを持つ月となります。今月の行動や出会いなどが大きな転機をもたらす可能性があります。スピードを重視してアンテナもしっかり張ってください。
あまり大きなサインではないので見落としがちですが、今後を左右する重要なヒントが隠されているはずです。
 

四緑木星

 

運勢は良好です。その分気持ちが緩みがちになります。悪いことは起こらないでしょうがみすみすチャンスを逃すことも増えそうです。持ち前の柔軟性を発揮して様々な分野に興味を広げてみましょう。新しい発見やひらめきなどが浮かんでくるはずです。人間関係において少しだけ変化が起こりそうです。
 

五黄土星

 

気持ちと身体が同期しません。やる気はあっても空回りするような出来事が増えてくるでしょう。上手く物事が運ばなくなった時には少しスピードを落とす必要があります。
コロナの影響で物事の進展のスピードが遅くなっているのが幸いするかもしれません。今月は自重気味に過ごすことをお勧めします。
 

六白金星

 

運勢にもてあそばれるような月になりそうです。しっかりと優先準備をつけて物事を運ばないと周囲に振り回されそうです。恋愛であればOKなのですが仕事の面でその傾向が出ると時間の浪費で何事も進まなくなります。一つ一つ丁寧に仕事を片付けていきましょう。
 

七赤金星

 

心理面で少し落ち込みやすい月になりそうです。小さなほころびが見えてくるでしょう。ただ、あまり気にしないほうが良いかもしれません。気持ちの持ちようで心の負担を軽くしましょう。気分変動も大きくなるかもしれませんが時節のせいにした方が賢明でしょう。
少しシンプルな生き方をすることをお勧めします。
 

八白土星

 

問題を抱えやすい時期に入りますがあまり心配はいらないでしょう。バイオリズムの波は大きく変化に対応する力が求められますが無理をして合わせていく必要はないでしょう。それよりもプライベートの面で面白い変化があるかもしれません。目線をプラーベートに移してみることをお勧めします。
 

九紫火星

 

6月は忍耐の月になります。悲しいことや残念なことが起こっても悲観しないように。出来れば今月中に膿(うみ)を出してしまい新しくスタートを切った方が賢明かもしれません。何が起こっても悲観しないように。運勢の転機になる月です。上手くいかないときはあきらめることも肝心です。悪あがきして先延ばししないように。
 

おわりに

 

いかがでしたか?
九星別に6月の総合運を書いてみました。今後の生活の参考になれば幸いです。
 
(占い師/護明)
 
■12星座別!6月の総合運
■星座別|6月の恋愛運アップDAY
■12星座別!6月の恋愛運

今月の運勢】の最新記事
  • 九星別!4月の総合運「新年度のスタートダッシュ」
  • 12星座別|4月のタロットからの魔法のメッセージ
  • 【星読みコラム】2021年4月の星たちが教えてくれること
  • 【12星座別】2021年4月の総合運
  • 【12星座別】4月の恋愛運アップDAY
  • 【12星座別】4月の恋愛運ランキング
  • 九星別!春の出会い運
  • 【星読みコラム】2021年3月の星たちが教えてくれること