はじめに

 

ライターの大久保 舞です。

暑い季節、家にいるときはエアコンをつけていないと我慢できない!という方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、暑いのが苦手な人もいれば、平気な人もいます。

 

カップルでおうちデートをする際に、二人の感じ方が異なると、冷房の温度調節で揉める原因になりますよね。

今回は「おうちデートで、冷房の温度で揉めたことはありますか?」と筆者が男女にリサーチした結果を元にお伝えします。

 

ない、という意見が多数派ではあるものの⋯⋯

 

一番多かったのが「揉めたことはない」という意見でした。

せっかくご縁があって付き合った二人ですから、居心地のいい温度も似通っているのかも?と思いたいところですが⋯⋯。

 

「ないですね。彼女に合わせていましたからね」(30代・男性・接客業)

 

「揉めるまではいきませんが、寝るときに、え?エアコンいらなくない?と思うときはありますね。私だけ布団かぶって寝ていたり」(20代・女性・事務)

 

「とくにないです! 彼氏が暑がりで、部屋が冷蔵庫みたいなので、彼氏がいるときは、私は長袖を着ています」(20代・女性・アパレル)

 

「揉めたことはないですが、以前お付き合いした女性で、冷房をキンキンに効かせるのが好きな方がいました。すごく寒かったので、彼女の部屋に行くときには長袖などの準備をしていったものです」(30代・男性・IT)

 

このように、揉めてはいないものの、それは相手に合わせているから、という意見もありました。

エアコンで体調を崩してしまうこともあるので、あまり無理はしてもらいたくないところではありますね。

 

「ないですね。というのも、自分の部屋にはエアコンがないので、扇風機でしのいでいるからです。彼女の部屋にはエアコンはありますが、揉めたりはしないですね」(20代・男性・大学生)

 

そう、部屋にエアコンがないという方も、もちろんいらっしゃいます。

そんなときは、扇風機を使うというのも、風情があっていいかもしれないですね。

 

ある、という意見も

 

「寒がりの私と、暑がりの夫で揉めたことがある」(20代・女性・自営業)

 

「あります。互いの好みが違うので、私は温度を下げようとすると、彼女は上げようとしました」(40代・男性・営業)

 

揉めたことがあるという意見は今回は少数派でしたが、何人かの方からありました。

あまり温度を頻繁に上げたり下げたりしていると、機械とはいえ、エアコンも混乱してしまいそうですね。

 

「おうちデートのころは我慢していたようで、温度設定で揉めることはなかったです。しかし、同棲をするようになってから、冷え性を打ち明けられ、極力、彼女の好みの温度にしていました。ただ、彼女が冷房そのものをつけないこともたまにあって、そのときはさすがにつけるようにお願いしていました」(40代・男性・事務)

 

エアコンがあるのに、冷房そのものをつけないとなると、夏場はちょっと厳しいかもしれません。

「さすがにこの暑さならつけようよ!」と言いたくなるぐらい暑い部屋、ってありますもんね⋯⋯。

 

まとめ

 

「ないかな?でも節約が気になって、設定温度を私が高くしてしまう(笑)。夫が仕事から帰ってくるタイミングには、お疲れ様の意味をこめて、冷え冷え快適な温度になっているように気をつけています」(30代・女性・主婦)

 

こんな、素晴らしい気遣いをしているという意見もありました。

節約を気にしながらも、配偶者への気遣いがステキですよね。

居心地のいい温度というのは、人それぞれ違うもの。

一番大切なことは、それが異なっていたとしても、お互いに気遣いができるかどうかなのかもしれませんね。

 

(大久保 舞/ライター)

 

■花火デートでケンカにならないための心得
■相性心理テスト|手料理でわかる!彼氏との結婚相性
■彼氏にイラッとした時、怒らずケンカをしないで済む方法

 

関連キーワード
両思い】の最新記事
  • 心配しなくて大丈夫! 遠距離恋愛に負けない二人になる4つの方法!
  • 期待すると恋は失敗する……でも好きな人に期待せずにはいられない時の対処法
  • 会えなくても発狂しないで! 多忙な彼とお付き合いする際の心構え
  • 彼からLINEも電話もこない……もしかして冷めた? そんなときの不安解消法
  • 彼氏と惰性で付き合ってない? 惰性チェックリスト
  • 今は誠実です! 浮気経験ありの彼氏が改心した理由とは?
  • 彼氏と「合わない」と感じたら今すぐ別れるべき?
  • 結婚したくなる! 彼氏が惚れ惚れする彼女の「神対応」とは?