世の中には、常識とは逆転した現象が起きることがあります。

たとえばカップルは男性の身長が高く、女性の方が低いという勝手な偏見がありますが、実際は逆転しているカップルもたくさんあります。

 

年の差から年収まで…二人の間にギャップがある場合、果たしてメリットはあるのでしょうか?今回は、ギャップのある○○差カップルのメリット・デメリットをご紹介します。

 

年の差カップルのメリット「お互いに譲りやすい」

 

自分が年上でも年下であっても、同い年と付き合うよりかは、はるかに相手に対し気を遣えるようになります。

 

彼が自分よりもはるかに年上の場合、やはり人生経験が豊富なのは彼で、話していても差を感じるときがあるでしょう。

彼の言うことをすべてきく必要はありませんが、衝突したときも彼の意見を素直に聞ける自分がいるのでは?

 

相手が年下の場合、今度は自分が威圧感を与えすぎないよう注意します。年の差が開いているからこそ、お互いに配慮しながら付き合えるのはメリットです。

 

年の差カップルのデメリット「先が見えない不安がある」

 

年の差があまりにも開いている場合、メリットだけとは考えにくくなります。例えば、社会人の女性と大学生の彼とが付き合うとなると「お付き合い」では問題なくても「結婚」が絡むと複雑になります。

 

彼の歳にもよりますが、社会人に出るまで数年あると考えると、それまでは結婚できない状況に。年の差が開いているからこそ、衝突してしまう壁がたくさんあります。たとえ年上であっても、今度は予想より早めに介護問題にぶつかる可能性だってあります。メリット・デメリットを考えたうえで、今の彼がベストなのかをよく考えてみて。

 

関連キーワード
両思い】の最新記事
  • クリスマスデートで彼に「かわいい」と言われる!試したい方法4つ
  • クリスマスにラブラブに過ごす方法
  • 浮気する男性の身勝手な本音!「オトコだけが本当に悪いの?」
  • 仕事で疲れている彼氏を癒す5つの方法
  • 恋が長続きしない女性の特徴「こんなハズじゃ…」彼氏に失望する理由
  • イイ彼女になるために気をつけたい3つの態度
  • タロット|彼にもっと好きになってもらうには?
  • 既読スルーも当然! 彼氏にウザがられるLINEと改善策3つ