こんにちは。山本梨花子です。

あなたが先に好きになったにせよ、彼のほうが先だったにせよ、恋心を抱けば確実に態度や表情が変わります。そして、誰でも表面上は「好き」という感情を隠そうとします。心を打ち解けてお付き合いしたいのに、矛盾するような行動を取るんですよね。また、隠すことで進展する片思いも停滞してしまったりするでしょう。

 

今回は、片思いにありがちな気持ちのすれ違いについて、お話したいと思います。

 

「好き」を隠すことで誤解が生まれる

 

たとえば、チラチラと見られているのを感じるとか、他の人とは態度が違う……という具合に。

そうした態度を見せることで「ひょっとして、好かれてる?」と感じ、相手が気になってきて、それがいつしか恋心に変わる、というケースも少なくないでしょう。

恋心を抱かれる側は、なんとなく気づいてしまうものですし、好かれているとわかることで両思いが実現するパターンも多いといえます。

 

けれど、冒頭でお話したとおりに、好いている側は自分から告白しようと決意しない限り、恋愛感情をひた隠しにします。実は両思いなのに、恋心を抱いていることを恥ずかしく思ったり、カッコつけたりして素っ気ない態度を取るんです。

 

そして、そうした天の邪鬼な態度が、好きな相手を誤解させる場合があるのです。「あれ、好かれていると思ったのは気のせいだったかな」と思わせると、恋が成就する可能性は低くなってしまうでしょう。

 

関連キーワード
片思い】の最新記事
  • 超脈ナシの片想い…本当に無理?
  • 「あれ……かわいいかも」男性が女友達を異性として意識するポイント
  • 彼氏が欲しいなら、恥をかくべき!恥をかかずに恋人はできない理由
  • 【年下男子を落とすコツ!】年上女性が安全に恋をする秘訣4つ
  • 男女に聞いた! 片思いが実ったことってある?
  • 気になる彼にドン引きされる…送ってしまいがちなNGなLINEとは?
  • 彼は私をどう思っているの?脈アリ度チェック方法5つ
  • 【片思い成就!】草食系男子に好きになってもらうアプローチ方法