乙女座の新月

 

10日、乙女座で新月が起こります。乙女座は浄化の星といわれていて、「整理整とん」「管理」「実務的」「知性」といった意味を持つんです。

今この時期に不要なものは手放し、整理したほうが良いものは、その必要に迫られるでしょう。

 

1年に一度、星座を変えるラッキースター木星は、あと2カ月で蠍座から射手座に移動します。木星は射手座の守護星で、つまり射手座に木星が入るということは、自分のホームグラウンドに帰って来るという意味。ほかの星座に位置するより、大きな幸福を手に入れられるかもしれません。

 

そんな射手座木星期(2018年11月8日~2019年12月3日)を有意義に過ごすために、不要なもの、ゴチャゴチャとしていてキチンと把握できていないものは、ここで整理してしまいましょう。

 

9/8~9/14の一週間の運勢を、12星座別に詳しく見ていきます!

 

牡羊座(3月21日~4月19日生まれ)

 

新月が起こる10日は、毎日の生活や仕事に冷静で厳しい目を向ける日です。美容と健康のためにライフスタイルを見直したり、悪癖を治す対策を立てたり、職場で効率よく動くにはどうすればいいかを考えたりするでしょう。

 

またそんな新月に続く11日と12日は、好きな人に意識が向きやすくなります。杞憂が多くなり、仕事とのバランスがうまく取れないと思うかもしれません。

でも、そうした不安のほとんどは思いすごしに終わるはず。なんだかんだで器用にこなせて、「心配する必要はなかった」と気づくようです。

 

頭の中ではアレコレ考えてしまうのですが……思いのほか淡々と、この一週間は過ぎていくでしょう。特に悪いことが起きるわけではないので、どうぞご心配なく!

 

牡牛座(4月20日~5月20日生まれ)

 

10日の新月を迎えて、恋愛を冷静に見つめ直すことになりそう。惰性で付き合っている彼氏や、付き合える見込みがほとんどない片思いの相手は、バッサリ断ち切りましょう。

 

ここで恋の断捨離をしないと、本当に結ばれるべきお相手と出会えないし、すでに出会っていても、恋人同士としては結ばれなくなってしまいます。「彼がいないと寂しい」と思うかもしれませんが、潔い決断を下すのが正解。

 

11日以降、仕事運が勢いづいてきます。急に忙しくなる可能性もありますが、やる気が増して積極的に業務に取り組む機会が増えるようです。

ただ、仕事を一生懸命やれば恋がおろそかになり、「私はこれでいいのかな?」と疑問が湧いてきて、複雑な心境に……。

恋愛運はしばらく安定して調子が良いので、あまり焦らなくても大丈夫!

 

双子座(5月21日~6月21日生まれ)

 

新月が起こる10日をすぎると、自分が大事にするべきものがハッキリ見えてきます。「これだけは譲れない!」「私はこれをやる!」という強い意志が芽生えて、日常生活をいっそう豊かにさせるきっかけになるはず。

ライフスタイルを変えたり、職場での仕事の仕方を工夫したりするかもしれません。

 

恋愛運は、前週に比べると少し物足りない感じ。恋愛よりも仕事に意識を向けなければならない場面が多く、早く新しい恋を始めたい人はじれったく思うんじゃないでしょうか。

それでも、仕事や職場環境の改善というところでは良い時期を迎えるので、「もっとこうしたい」と主張したいことがあるなら、貪欲に言ってみて。

 

ふたたび恋に意識が強く向き始めるのは、今月下旬に入ってから。秋分を迎える頃までは、自分磨きに専念すると良さそう。

 

蟹座(6月22日~7月22日生まれ)

 

9日以降、恋愛運がグンとアップ! 些細なきっかけから片思いの恋が進展したり、あまり期待しないで参加した飲み会に魅力的な男性がいたりして、恋の予感を覚えるはず。

好きな人との間にすでに良いムードが漂う場合、お付き合いを決定づける何かがあるかもしれません。

 

ただ一方で、相手に合わせなければならなくて、思うように動けない場面も多いようです。じれったさから、せっかちな態度を取りやすくなるので、「慌ててもしょうがない」と大らかに構えておいて。

恋愛だけをがんばろうとするよりは、仕事や趣味、友人付き合いなどをまんべんなく楽しむようにしたほうが、焦らないで済みます。

 

10日の新月は、自分の意志や気持ちを周囲に伝えたくなるはず。あるいは、やりたいことを実行に移すために、新しい勉強を始める可能性もあります。

 

獅子座(7月23日~8月22日生まれ)

 

10日の新月は、お金についてアレコレ考えることになりそう。これは、今の仕事やこれからの生き方も含めた検討になるようです。

長い目で見て将来に不安があるなら、ちょっと真面目に考えてみると良いでしょう。すぐさま転職や異動、あるいは独立という決断を下さなくても、今の職場に居続けながら収入を増やす方法もあるはず。視野を広く持って、じっくり考えることが大事です。

 

好きな人がいる場合、11日からパートナーシップ運が上昇! 二人の間に印象的な接点が生まれたり、これまで以上に深く関わる出来事が起きたりして、関係性がより親密になるはず。

 

出会いを求める場合、何もしないでいると何もなく一週間がすぎてしまいそう。合コンや婚活パーティーには積極的に参加して、自分から異性と出会える場に足を運んでみては?

 

乙女座(8月23日~9月22日生まれ)

 

お誕生日を迎える乙女座さん、おめでとうございます!

10日の新月がすぎると、自分の好きなように物事を進めていけると感じるはず。少し前まで停滞感や不調を覚えていた人は特に、自分らしさをのびのびと発揮できるようになるでしょう。

「私は私のままでいいんだ」と自信がついて、自由にどんどん動き回りたくなります。

 

恋愛は、地に足をつけて順調に進展が望める時期。堂々とアプローチしていいし、そんなやり方が功を奏するはず。好きな人がいるなら、確実に恋人同士になるつもりで動いてみては?

 

11日からは、生活や仕事に活気が出てきます。仕事に対するやる気が高まったり、家の中でダラダラ過ごすことをもったいなく感じたりするかも。

ただ、キビキビ行動したい感覚を、他人にも求めるのはキツいかも。「一緒にいると疲れる」と思われてしまいます。

 

天秤座(9月23日~10月23日生まれ)

 

9日から、恋愛に活気が出てきます。何をしても好きな人との関係が動かなかったなら、潮目が変わるのを感じるはず。今まではなかった変化や動きが出てきて、あなたの中の『肉食系』がムクムクと顔をもたげてきます。

 

9日はチャンス日ともいえるので、頭の中だけで考えず、行動を起こしてみて。「こうなってほしい」と狙っていたことが、全然関係のないモノをきっかけに実現したり、成功したりするかもしれません

 

とはいえ、この週は自己中になりやすく、好きな人に強引な態度を取る可能性も。相手の気持ちや都合を汲んで、愛の押し売りをしないようにしましょう。

特に、「忙しい」と言われたら、じれったく思っても急かさず待ってあげること。

 

10日の新月は、苦手意識の克服や、普段はスルーしている気持ちを直視したりするようです。

 

蠍座(10月24日~11月21日生まれ)

 

恋愛運は絶好調! 先週の日曜から勢いづいているので、待ちに徹するのはもったいないかもしれません。10月いっぱいは、幸運に後押しされて恋が進展しやすいはず。攻めのスタンスでがんばって!

 

11月以降は、全体的な運気がガラッと変わるのもあって、恋に勝負をかけるなら、この2カ月くらいが正念場になりそう。

また、何かやりたいことがある場合も、早めに行動を起こして。つかめるチャンスもつかめなくなってしまいます。

 

ただ一方で、自分のポリシーが暴走しがちに……。仕事にしても恋愛にしても、相手の都合を考慮しなければいけない状況では、少し気を遣いましょう。

 

10日の新月は、人間関係に新しい展開が生まれるかも。自分を支えてくれる人が、思いのほか多いことに気づくはず。

 

射手座(11月22日~12月21日生まれ)

 

新月が起こる10日は、仕事で新しい目標を見つけたり、社会における自分のポジションを刷新したりする日です。

それも、自分がまったく意識しないところから、「そうだったのか!」とハッとさせられる気づきがありそう。世間の常識や過去の成功例にとらわれないことが大事です。

 

この一週間、恋愛より自分のことや仕事が気になるのですが、それでも11日以降はアンバランスな感じが抜けていくはず。それまで、一人で悶々(もんもん)とするよりは、気心の知れた友人と気楽に恋バナをしたほうが、意外な発見もあって楽しいかもしれません。

 

12日頃までは仕事運が好調。やりたいことがあるなら、ガツガツと肉食系のスタンスで攻めて。

 

山羊座(12月22日~1月19日生まれ)

 

好調さを実感できる一週間になりそう。自分らしく振る舞えるだけでなく、周囲からサポートしてもらえたり、自分が身を置く環境が思いのほか恵まれていると気づいたりするようです。

 

11日以降は、焦りも抜けて落ち着いて行動できるはず。周りからは「やる気がなくなった?」と言われるかもしれませんが、そのぶん冷静さが際立つので、確実に成果を上げられるでしょう。

 

恋は12日頃まで順調。勢い任せではなく、堅実に未来を見据えて、好きな人との関係を進めていけそうです。

 

出会いを求める場合、恋の状況は変化しやすくなります。「初めまして」から、いきなり仲良くなる可能性もあるので、異性と出会える場には積極的に足を運んで!

 

10日の新月は、将来を具体的に考え始めるタイミング。前向きになれそうです。

 

水瓶座(1月20日~2月18日生まれ)

 

この一週間は、自分のポリシーと仕事がうまくかみ合いません。やらなければいけないことと自分の信念がぶつかり合い、傍目にはワガママに見える態度を取ってしまう可能性が。

そこまでいかなくても、心の中にはつねに葛藤があって、何を優先すべきかが見えづらくなるでしょう。

大事なものは一つじゃなくてもいいし、つねに同じものを一番と考えなくてもいいんです。自分にウソをつかないことが、何より大事。

 

10日の新月、自分の意志ではコントロールできない部分にスポットライトが当たります。職場で先輩から引き継ぐものや上司から指示されること、家族や親が示してくる意向などを深く考えることになるはず。

 

恋愛は、『相手ファースト』で動くことになりそう。感情的にならず、冷静に淡々と相手を見ながら判断・行動ができるでしょう。

 

魚座(2月19日~3月20日生まれ)

 

新月が起こる10日は、片思いの相手や恋人との関係が新しいステージに進む日。好きな人がいない場合、新しい恋が始まるかもしれません。出会いを求めて異性が集まる場に行くのも良いですし、すでに知り合いの友人や同僚を見直してみるのも良さそう。意外な人物が恋人候補に浮上してくるかも?

 

11日以降、人間関係がスッキリと整理され始めます。ここしばらく、いろんな人が入れ替わりに関わっていたなら、本当に自分に必要な人とそうじゃない人の分類ができるはず。

また、自分からふるいにかけなくても、必然の関わりがない人とは、自然に疎遠になっていくようです。

 

また今週は、潜在意識に激しい感情が湧き上がって、心が乱れてしまう可能性が。理想と現実は違うし、そのジレンマについて他人からアレコレ言われるのは面白くないはず。

考え事が増えて、一人になりたい時間が増えるかもしれません。

 

(沙木貴咲/占い師)

■新月のおまじないで願いや夢をかなえよう
■【12星座別】ふたご座男性の恋愛傾向と攻略テクニック
■【12星座別】2018年下半期、あなたの恋はこうなる!

 

関連キーワード
  • 【12星座別 7/13~7/19の運勢】山羊座の満月で足元を固める
  • 【12星座別 7/6~7/12の運勢】水星の逆行がスタート!ケアレスミスに注意して
  • 【12星座別 6/29~7/5の運勢】蟹座の新月は人生の新しい扉を開ける
  • 【12星座別 6/22~6/28の運勢】2019年下半期に向かいギクシャクが和む
  • 【12星座別 6/15~6/21の運勢】射手座の満月で次のステージへ進む
  • 【12星座別 6/8~6/14の運勢】最凶のグランドクロスに要注意!
  • 【12星座別 6/1~6/7の運勢】双子座の新月で気持ちを切り替えて!
  • 【12星座別 5/25~5/31の運勢】甘さ控えめ、サッパリとした運気