仕事や恋や遊びが楽しくて、20代後半になっても結婚に焦っていない女性も多い時代です。
 
しかし、日本の世間一般でいう結婚適齢期は、未だに20代後半から30代前半。
アプリのマッチング率も30代になると下がってしまいます。
 
若い頃に遊びすぎて、行き遅れてしまう悲しいアラサー以降の女性の特徴と救済対策です。
 

 

年上おじさまにチヤホヤされている

 

今や40代、50代の男性でも若々しく素敵な方も多いですね。
人生経験が豊富で、余裕のありそうなところなども魅力的です。
 
特定の彼氏がいおらず、年上の上司などに可愛がられてきたアラサーは要注意。
例えば50代の男性からすれば、30代後半の女性もまだまだ若い領域になります。
中には、若いのは20代までという男性もいますが、大概の男性は10歳以上年下の女性であれば「若い女の子」扱いをしてくれるので、居心地も良いのです。
 
そんな、恋人関係ではないけれど、可愛がってくれる年上おじさまたちの優しさに甘んじていると、行き遅れてしまいがちです。
 
対策
 
仲の良い素敵な年上おじさまの中には、未婚、バツイチ独身の人もいると思います。
恋愛対象にするのもアリでしょう。
 

平均値以上の容姿とスタイル

 

スタイルが良く美人、更に若い頃からモテてきた女性は、意外にも行きくれてしまう可能性が大。
モテて彼氏が途切れることがないと、結婚に対する焦りも自然となくなってしまうところが落とし穴です。
 
対策
 
何もしなくても男性にモテるので、実は恋愛も受け身がちだったりします。
自分から積極的に結婚を意識した恋愛、相手選びをすることで行き遅れを回避しましょう。
 

今この瞬間が楽しければいい

 

仕事も恋も遊びも、今、この瞬間が楽しければいい。
明日、地球が滅びるかもしれないんだから。
 
と、将来計画をしたりせず、刹那的に人生を楽しむタイプの人もいます。
将来に焦り不安になりすぎて「今」を楽しめない生き方は本末転倒なので、それは人生を楽しむ秘訣でもあるのですが…… 。
 
しかし「今」が楽しすぎると、結婚をしたら立場や状況が変わり楽しくなくなってしまうのではないか? と考え、つい結婚を後回しにしてしまう場合もあるのではないでしょうか。
 
対策
 
結婚して旦那や子供ができると、自分の自由な時間が奪われる。
嫁、親としての責任が出てきて面倒。
 
と結婚のマイナス面ではなく、プラスなイメージを持ちましょう。
 
結婚をしたら旦那に影響を受けて、新しい趣味の幅が広がるかもしれない。
愛する家族に美味しいものを食べてもらいたいと、料理の腕が上がるかもしれない。
 
結婚をして家庭を築くことで、1人では見つけられなかった人生の「楽しい」を発見できることもあります。
 

さいごに

 

日本ではアラサーを過ぎれば、一部では結婚に行き遅れがちという認識をする傾向がありますが、欧米諸国では、アラフォーで初婚も普通、旦那の死別後に新しパートナーと第二の人生を歩む70代、80代の女性も珍しくありません。
 
なので、若い頃に遊びすぎて婚期を逃してしまった!と必要以上に焦ったり、後悔する必要は全くないでしょう。
 
人生の結果だって誰にも分かりません。
 
20代で結婚、出産、幸せな家庭を築いていたとしも熟年離婚をするかもしれません。
50代で初婚、子供を持たない夫婦になっても、早期退職をして2人で世界一周旅行をするなど人生を満喫するかもしれません。
 
結婚するにしろ、独身でいるにしろ、自分の歩んできた人生を悔やむことなく、自信を持って生き続けることが、幸せなのかと思います。
 
(ライター/キタミカ)
 
■急にモテなくなるアラサー女子と、モテ続けるアラサー女子の違いとは
■アラサー女性のミニスカ、ショーパンはイタい!? NGラインはココ!
■おばさんではなく美魔女になるには

恋愛】の最新記事
  • LINEの考え方の男女差とは?男性にとってはただの報連相ツール
  • 男性が「いい恋愛してそうだな」と思う女性の特徴
  • LINEから見極める!モラハラ男の特長
  • 「コレって運命?」男性が運命を感じる瞬間
  • 男性が女性の「性格に惚れる」瞬間3選
  • LINEから見極める!やばい男の特徴
  • もう悩まないで「恋愛が辛い」と感じた時にやった方が良い事5選
  • 付き合う前に見抜いて!「心変わりが激しい」男性の特徴